Google Chat 'rooms' are being renamed to 'spaces.' It may take some time for the change to appear everywhere. Learn more

スタートガイド: Chat の設定に関する管理者向けガイド

外部チャットのオプションを有効にする

管理者は、ユーザーに組織外の相手とのチャットを許可することができます。

外部チャットを有効または無効にする前に、外部ユーザーとのチャットをご参照ください。

外部チャット

管理者は、ユーザーに組織外のユーザーとのチャットをどのように許可するかを設定できます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    特権管理者権限のあるアカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [Google Chat と従来のハングアウト] にアクセスします。
  3. [外部チャットの設定] をクリックします。
  4. [組織部門] で、設定を適用するドメインまたは組織部門を選択します。
  5. 変更する設定の横にある編集アイコン "" をクリックします。
  6. 以下の設定で [オフ] または [オン] を選択します。

    設定 説明
    ユーザーへの警告

    [オン] を選択すると、組織外のユーザーとチャットするときにユーザーに通知されます。この設定は現在、従来のハングアウトにのみ適用されます。Chat では、外部ユーザーおよび外部ユーザー参加のスペースには常に「外部」マークが付きます。

    外部とのチャット

    [オン] を選択すると、ユーザーは組織外のユーザーとチャットできます。この設定は従来のハングアウトと Google Chat の両方に適用されます。

    [許可リスト登録済みドメインに対してのみ許可する] チェックボックスをオンにすると、外部とのチャットは信頼できるドメインに限定されます。

    注: Chat で作成したグループ チャットに外部のゲストを追加することはできません。ただし、従来のハングアウトを有効にしているユーザーは、[外部とのチャット] の設定をオンにすると、外部ゲストとの名前のないグループ会話を従来のハングアウトで作成することができます。作成した従来のハングアウトのグループ会話は、外部ゲストとの新しいグループ チャットとして Chat に表示されます。

    ステータスの表示

    [オン] を選択すると、Google Workspace または Gmail を使用している組織外のユーザーに対して、ユーザーのステータスが表示されます。この設定は現在、従来のハングアウトにのみ適用されます。Chat では、自分がメッセージを送信した組織内のすべてのユーザーと外部のユーザーにステータスが自動的に表示されます。

    従来のハングアウトのステータス メッセージとオプションについての詳細はこちらをご覧ください。

  7. [保存] をクリックします。

外部ユーザー参加のスペース

サポート対象エディション: Business Standard および Plus、EnterpriseEducation Fundamentals、Standard、Teaching and Learning Upgrade、Plus、G Suite Business、Essentials。 エディションの比較

エディションによっては、外部からの参加が可能なスペースをユーザーが組織内に作成したり、そのようなスペースに参加したりするのを許可するかどうかを設定できます。

注: ユーザーが使用しているエディションが外部からの参加が可能なスペースをサポートしない場合、そのユーザーは外部からの参加が可能なスペースを新たに作成することはできませんが、外部ユーザーが参加している既存のスペースに参加することはできます。

始める前に

この記事で前述した [外部とのチャット] の設定がオンになっていることを確認してください。[外部ユーザー参加のスペース] の設定は、[外部とのチャット] がオンになっている場合にのみ適用されます。[外部とのチャット] がオフになっている場合、[外部ユーザー参加のスペース] の設定が [オン] であっても、ユーザーは外部ユーザー参加のスペースを作成できず、外部ユーザーが参加するスペースに参加することもできません。

外部ユーザー参加のスペースを有効または無効にする

  1. Google 管理コンソールログインします。

    特権管理者権限のあるアカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [Google Chat と従来のハングアウト] にアクセスします。
  3. [外部ユーザー参加のスペース] をクリックします。
    この設定は組織全体に適用されます。
  4. [[組織名] のユーザーに、組織外のユーザーが参加するスペースを作成したり、それらに参加したりすることを許可します] の設定で [オン] または [オフ] を選択します。

    設定 説明
    有効

    [オン] を選択すると、組織内のユーザーは外部ユーザーが参加するチャットルームを作成したり、そのようなスペースに参加したりできるようになります。

    [許可リスト登録済みドメインのユーザーの追加のみをユーザーに許可する] チェックボックスをオンにすると、外部の参加者は信頼できるドメインに限定されます。

    無効 [オフ] を選択すると、ユーザーは組織内で外部ユーザー参加のスペースを作成したり、外部ユーザーが参加するスペースに参加したりできなくなります。

    組織外のユーザーが作成した、外部ユーザーが参加するスペースには、引き続き参加できます。
  5. [保存] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false