データ リージョン ポリシーの対象となるデータ

この機能は G Suite Business、G Suite Enterprise、G Suite Enterprise for Education、Drive Enterprise エディションでご利用いただけます。エディションの比較

管理者はデータ リージョン ポリシーを使用することで、対象データをどのリージョン(米国またはヨーロッパ)に保管するかを指定できます。

現在データ リージョン ポリシーの適用対象となっているサービスとデータ

現在データ リージョン ポリシーの適用対象となっているのは、以下のサービスで保存されているプライマリ データ(バックアップを含む)です。

カレンダー 予定のタイトル、説明、日付、時刻、繰り返し設定、招待者、場所
ドライブ ドライブにアップロードされた元のファイル コンテンツ
フォーム テキスト、埋め込み画像、回答
Gmail メールの件名、本文、添付ファイル、送信者、受信者
Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド ファイル本文、埋め込み画像、埋め込み図形描画、エンドユーザーが入力した関連コメント
Hangouts Chat メッセージ、添付ファイル
新しい Google サイト テキスト、埋め込み画像、埋め込みサイト情報、埋め込み HTML / CSS / JavaScript
Vault エクスポート

Drive Enterprise エディションでは、ドライブ、ドキュメント、スプレッドシート、スライド、Vault のみがデータ リージョン設定の適用対象です。

選択できるリージョン

リージョンは、指定なし、米国、ヨーロッパから選ぶことができます。

他のサービスやデータの種類への対応

 

現在のところ、データ リージョン ポリシーは、お客様のデータや上記に記載のないデータ(ログ、キャッシュされたコンテンツなど)には適用されません。

また、データ リージョン ポリシーは、ここで明記されていない G Suite のエディションやサービスでは利用できません。

関連トピック

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。