データ リージョン ポリシーの対象となるデータ

サポート対象エディション: Enterprise、Education Standard と Plus、G Suite Business。 エディションの比較

管理者はデータ リージョン ポリシーを設定することで、その適用対象となるデータをどの地理的エリア(米国またはヨーロッパ)に保管するかを指定することができます。  

データ リージョン ポリシーの適用対象となるサービスとデータ

プライマリ データ

データ リージョン ポリシーの適用対象となるのは、以下の Google Workspace コアサービスのプライマリ保存データ(バックアップを含む)です。

Google Workspace コアサービス 対象となるデータ
カレンダー 予定のタイトル、説明、日付、時刻、繰り返し設定、招待者、場所
ドライブ ドライブにアップロードされたすべてのコンテンツ。ファイル本文、テキスト、埋め込み画像、埋め込み図形描画、エンドユーザーが入力した関連コメントを含みます。
フォーム テキスト、埋め込み画像、回答
Gmail メールの件名、本文、添付ファイル、送信者、受信者
Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド ファイル本文、テキスト、埋め込み画像、埋め込み図形描画、ユーザーが入力した関連コメント
Google Chat メッセージ、添付ファイル
Google Keep メモの本文とタイトル、画像、図形描画、録音
Google Meet ドライブ内の録音音声。Meet の通話が録音されている場合、ドライブに追加されます。
新しい Google サイト テキスト、埋め込み画像、埋め込みサイト情報、埋め込み HTML / CSS / JavaScript
Vault エクスポートしたファイル

Essentials エディションでは、ドライブ、ドキュメント、スプレッドシート、スライド、Vault のみがデータ リージョン設定の適用対象となります。

バックアップ

Google Workspace では、障害復旧と事業継続性確保のために、プライマリ データのバックアップを保持しています。まれではありますがバックアップを利用してデータを復元することがあり、これにより高い信頼性を維持しています。

なお、これらのバックアップは、お客様のリクエストに基づくデータ復元を目的としたものではありません。バックアップは、規定のスケジュールで期限切れになり、上書きされます。

インデックス

Google Workspace のコアサービスの多くは、ユーザー アカウント内の情報に基づいてユーザー インデックスを作成します。これは、図書館の蔵書に関する情報を網羅した目録(インデックス)のようなものです。Google Workspace のコアサービスで検索クエリを行う際に、このインデックスが使用されます。データ リージョン ポリシーでは、以下のサービスのユーザー インデックスをカバーします。

  • Gmail
  • カレンダー
  • ドライブ(米国データ リージョンのみ)
  • ドキュメント、スプレッドシート、スライド(米国データ リージョンのみ)

選択できるリージョン

リージョンは、指定なし、米国、ヨーロッパから選ぶことができます。

他のサービスおよびデータの種類への対応

現在のところ、お客様のデータおよび上に明記されていないデータ(ログ、キャッシュに保存されたコンテンツなど)にはデータ リージョン ポリシーを適用することはできません。

上に明記されていないエディションとサービスでは、データ リージョン ポリシーを利用することはできません。

関連トピック

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。