ユーザーの緊急対応用住所の変更

ユーザーが緊急対応用住所を変更した場合、管理者はそのユーザーのアカウントを新しい住所で更新できます。

緊急対応用住所を個別に更新する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [Google Voice] 次に [サービス管理] にアクセスします。
  3. [ユーザー] をクリックします。
    [ユーザー] ページには、各ユーザーとそれぞれの Google Voice 番号が表示されます。ユーザーにライセンスの割り当てを行っていない場合、このページは空白になります。
  4. 住所を変更する必要があるユーザーにカーソルを合わせて、編集アイコン 編集 をクリックします。
    ユーザー プロフィール ウィンドウが表示されます。
  5. [緊急対応用住所] に、ユーザーの住所を省略せずに入力します。この住所は緊急通報に使用するため、正しく入力する必要があります。

    Google Voice によってそれぞれの緊急対応用住所の確認が行われます。エラーがある場合は、ダイアログが表示されます。詳しくは、確認エラーをご覧ください。

  6. [割り当て] をクリックします。

複数のユーザーの緊急対応用住所を一括で更新する

複数のユーザーの緊急対応用住所を変更する必要がある場合は、Google スプレッドシートのファイルを使ってまとめて更新できます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [Google Voice] 次に [サービス管理] にアクセスします。
  3. [ユーザー] をクリックします。
    [ユーザー] ページには、各ユーザーとそれぞれの Google Voice 番号が表示されます。ユーザーにライセンスの割り当てを行っていない場合、このページは空白になります。
  4. 右上にあるその他アイコン その他 次に [アドレスを変更] をクリックします。
    新しいリストを作成するか、既存のリストを使用するかを選択するウィンドウが表示されます。
  5. [新しいリストを開始] または [既存のものを使用] をクリックします。
    • 新しいリストを開始 - Google Voice で「Batch Address update on [日付]」というファイル名のスプレッドシートが作成されます。
    • 既存のものを使用 - 既存のスプレッドシートが表示されたウィンドウが開きます。
      1. 使用するスプレッドシートの名前をクリックします。リストにないスプレッドシートを使用するには、上部にある [アップロード] をクリックします。
      2. [選択] をクリックします。
  6. スプレッドシートの名前をクリックします。
    ブラウザの新しいタブでファイルが Google スプレッドシートに表示されます。
  7. 住所の変更が必要なユーザーごとに、メールアドレスと緊急対応用住所の 2 つの列に入力します。緊急対応用住所のみが更新されます。
    ユーザーの住所を省略せずに入力してください。この住所は緊急通報に使用するため、正しく入力する必要があります。
  8. スプレッドシートの入力後、管理コンソールに戻って [続行] をクリックします。
    Google Voice によって、それぞれの緊急対応用住所とメールアドレスの確認が行われます。
    • エラーがある場合は、ダイアログが表示されます。詳しくは、以下の確認エラーをご覧ください。
    • すべての住所の確認が完了すると、ウィンドウにユーザー情報が表示されます。
  9. 各ユーザーの情報を確認して [アドレスを更新] をクリックします。
    [リクエストの処理中にエラーが発生しました。もう一度お試しください] というメッセージが表示された場合は、アカウントが停止されているユーザーがいる可能性があります。停止中のユーザーをリストから削除して、リストをもう一度送信してください。
  10. 右上のタスクアイコン Tasks をクリックします。住所の更新の進捗状況が表示されます。
    緊急対応用住所の変更が登録されるまでには、最長で 48 時間ほどかかる場合があります。

ガイドラインとヒント

ダウンロードしたファイル内にすでにある列にのみ情報を入力できます。新しい列を追加することはできません。

  • メールアドレス - [ユーザー名]@[ドメイン.com] の形式を使用します。
  • 緊急対応用住所 - ユーザーの住所を省略せずに追加してください(郵便番号、都道府県、市区町村を含めます)。この住所は緊急通報に使用するため、正しく入力する必要があります。

照合エラー

リストのアップロード時に問題が生じた場合は、下記の該当するエラー メッセージをご確認ください。エラーをすべて修正してから、もう一度リストをアップロードしてください。

  • 住所を確認できませんでした - この住所は確認できません。有効な住所に変更してください。
  • すでに電話番号が割り当てられています - このユーザーには Google Voice 番号が割り当てられています。このユーザーをリストから削除してください。
  • Google Voice の利用条件を満たしていません - このユーザーは Google Voice 番号の利用条件を満たしていません。このユーザーをリストから削除してください。
  • メールアドレスの形式が正しくありません - このメールアドレスは形式が正しくありません。正しい形式に変更してください。
  • この国では Google Voice はご利用いただけません - 緊急対応用住所が Google Voice をご利用いただけない国または地域のものです。このユーザーをリストから削除してください。
  • メールアドレスを入力してください - この行にメールアドレスが入力されていません。メールアドレスを追加してください。
  • 緊急対応用住所を入力してください - この行に緊急対応用住所が入力されていません。緊急対応用住所を追加してください。
  • このメールアドレスを所有するユーザーがいません - このメールアドレスは組織内のユーザーのものではありません。有効なメールアドレスに変更してください。
  • 緊急対応用住所が不完全です - 情報が不足しているため、この住所を確認できません。住所を省略せずに入力してください。軽微なスペルミスや郵便番号の未入力であれば、正しい住所に自動で修正されます。

緊急通報用の緊急対応用住所

ユーザーが居住地を変更した場合は、緊急対応用住所を必ず更新してください。ユーザーが緊急通報番号に電話をかけると、Google Voice を通じて緊急対応用住所が緊急サービスに通知されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。