ユーザーに対して検索とアシスタントを有効または無効にする

管理対象の Chromebook では Google アシスタントをご利用いただけません。

管理者は、各自の Google アカウントで Google 検索とアシスタントの利用が許可されるユーザーを指定できます。この設定は、管理コンソールでこのサービスをオンまたはオフにするだけで行えます。このサービスがオンになっているユーザーは、各自のアカウントを使用してアカウントに基づく情報を見ることができるほか、追加的な機能を利用することも可能です。このサービスがオフになっているユーザーも一部の検索機能を利用することはできますが、各自のアカウントの情報を使って検索したり、情報を各自のアカウントに保存したりすることはできません。アカウントからログアウトしている状態で検索する場合と同様となります。

このサービスが [オフ] に設定された場合でも、個別に制御されていないサービス(news.google.com、finance.google.com など)は引き続き利用できます。

注: 一部の機能については、利用にあたってウェブとアプリのアクティビティがオンになっている必要があります。詳しくは、ウェブとアプリのアクティビティをオンまたはオフにするをご覧ください。

各自のアカウントで検索とアシスタントを利用できるユーザーを指定する

開始する前に: 特定のユーザーに対してサービスを有効または無効にするには: 部門ごとにアクセスを管理するには、対象のユーザーのアカウントを組織部門に追加します。部門をまたがってユーザーのアクセスを管理するには、対象のユーザーのアカウントをアクセス グループに追加します。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [その他の Google サービス] にアクセスします。
    ヒント: スクロールすると、すべてのサービスを確認できます。また、上部にある [フィルタ] をクリックすると、ステータスや人気度などでリストを絞り込めます。
  3. [検索とアシスタント] をクリックします。

  4. 上部のボックスの右上にある下矢印 "" をクリックします。
  5. 組織に属するすべてのユーザーに対してサービスを有効または無効にするには、[オン(すべてのユーザー)] または [オフ(すべてのユーザー)] をクリックし、[保存] をクリックします。

  6. 組織部門のユーザーに対してのみサービスを有効または無効にするには:

    1. 左側で組織部門を選択します。
    2. [オン] または [オフ] を選択します。
    3. 親組織部門のサービス設定([オン] または [オフ])と同じにしたい場合は、[オーバーライド] をクリックします。
    4. 組織のステータスがすでに [上書きされました] になっている場合は、次のいずれかを選択します。
      • 継承 - 親と同じ設定に戻します。
      • 保存 - 新しい設定を保存します(親組織の設定が変更された場合でも、新しい設定を維持します)。

    詳しくは、 組織部門についてのページをご覧ください。

Google Workspace データへのアクセスをユーザーに許可する

検索サービスを使用するときには、すでにログインしている場合でも [ログイン] ボタンが表示されます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [その他の Google サービス] にアクセスします。
  3. [検索とアシスタント] をクリックします。
  4. [Google アシスタントの設定] で [Google Workspace のデータとサービスへの、Google アシスタントを介したユーザー アクセス] をオンにします。
  5. [保存] をクリックします。
  6. サービスを組織内のすべてのユーザーに対して有効または無効にするには、[サービスのステータス] をクリック 次に [オン(すべてのユーザー)] または [オフ(すべてのユーザー)] のいずれかを選択します。
  7. [保存] をクリックします。

Google アシスタントを使用するデバイスに対して、Google Workspace データへのアクセスを許可する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [その他の Google サービス] にアクセスします。
  3. [検索とアシスタント] をクリックします。
  4. [Google アシスタントの設定] パネルで [Google Workspace のデータとサービスへの、Google アシスタントを介したデバイス アクセスを管理する] をクリックします。
  5. 管理するデバイスのチェックボックスをオンにします。
  6. (省略可)Voice Match または Face Match による Google Workspace データへのアクセスを必須にするには、[Face Match または Voice Match を必須とする] チェックボックスをオンにします。
    : Voice Match と Face Match はセキュリティ機能ではありません。詳しくは、Google Nest Hub Max の Face Match をご覧ください。
  7. [保存] をクリックします。
    Google アシスタントの設定
  8. サービスを組織内のすべてのユーザーに対して有効または無効にするには、[サービスのステータス] をクリック 次に [オン(すべてのユーザー)] または [オフ(すべてのユーザー)] のいずれかを選択します。
  9. [保存] をクリックします。

関連トピック

 


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

 
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
14 日間の無料試用を今すぐ開始してください

ビジネス向けのメール、オンライン ストレージ、共有カレンダー、ビデオ会議、その他多数の機能を搭載。G Suite の無料試用を今すぐ開始してください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false