BigQuery のレポートログについて

この機能は G Suite Enterprise と G Suite Enterprise for Education でご利用いただけます。詳細については、G Suite の各エディションの比較をご覧ください。

Google 管理コンソールや Reports API を使用して、レポートログと使用状況レポートにアクセスできます。G Suite のログと使用状況レポートを Google BigQuery に書き出すことも可能です。この機能を使用して次のことができます。

  • 管理者、Google カレンダー、デバイス、Google ドライブ、ログイン、Google グループ、OAuth トークン、SAML 監査ログや、Reports API の更新について、それぞれのアクティビティ情報を分析する。
  • G Suite アクティビティ レポートと組織で使用されている他のアプリの使用状況データを組み合わせて、アプリ全体のレポートを作成する。
  • 組織のディレクトリ データを BigQuery に追加して、G Suite アクティビティを詳細検索する。
  • ユーザー アカウント、ドライブ、Chrome OS、Classroom、カレンダー、Google+、Google ハングアウト、デバイス管理、Gmail、Reports API の更新について、使用統計を集約したレポートを作成する。
  • BigQuery のウェブ UI、コマンドライン、またはサードパーティ製ツールを利用して詳細な分析を行う。
  • Google データスタジオや、BigQuery と統合されたサードパーティ製可視化パートナーなどの分析ツールを使用して、カスタム レポートとダッシュボードを作成する。

利用できるデータと機能

次に関する情報を収集、集約できます。

  • 使用状況レポート - G Suite ライセンスの有無にかかわらずドメイン内のすべてのユーザー(使用状況テーブル)。
  • 監査ログ - G Suite Business 以上のライセンスを持っているユーザー(ドライブとモバイルの監査ログ)。管理者、Google カレンダー、Google グループなどのその他のログについては、すべてのユーザー(全エディション)のデータが BigQuery に書き出されます。

このデータは、activity_usage_ という 2 つのサマリー表(正常に書き出しが行われた日ごとに 1 つのテーブル)がある、1 つの BigQuery データセットで利用できます。

データセット内には、形式の異なる 2 つのテーブルがあります。

  • アクティビティ(activity_)テーブル - このテーブルには、レポートに現在使用できるすべてのログデータが含まれています。Reports API を活用すれば、各レコードの詳細な説明も確認できます。メールログの検索は、管理コンソールにある Gmail の別の機能で利用できます。
  • 使用状況(usage_)テーブル - このテーブルには、アカウント全体での G Suite サービスの使用に関するデータが含まれています。これらはドメインに関する集約データなので、統計情報の集計にしばらく時間がかかることがあります。各レコードの詳細な説明も確認できます。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。