管理者アカウントを削除する

組織の Google Workspace アカウントの管理者は、それぞれ個別の管理者アカウントを持つ必要があります。いずれかの管理者が離職する場合は、おすすめの方法に従って管理者アカウントを削除し、Google Workspace アカウントの安全性を保ってください。

Google 管理コンソールへのアクセスを一時的にブロックするには、管理者のユーザー アカウントを停止します。これにより、そのユーザーは管理コンソールや自身のユーザー アカウントにログインできなくなります。

日常業務に通常のユーザー アカウントを使用しているユーザーに対して管理者アカウントを別途作成していた場合、そのユーザーは管理者アカウントにはログインできなくなるものの、通常のユーザー アカウントは引き続き使用できます。そのため、ユーザーが離職する場合には、両方のアカウントを削除する必要があります。

ユーザーを削除せずに、管理者権限を取り消すこともできます。

管理者アカウントを削除する

管理者アカウントを完全に削除する場合や、従業員が離職する場合には、ユーザー アカウントと同じ方法で管理者アカウントを削除します。

おすすめの方法に沿って、組織の Google Workspace アカウントのセキュリティを確保してください。

  1. 管理者アカウントを削除する前に、まずアカウントを停止します。
    このアカウントにログインして管理コンソールにアクセスすることや、Gmail などのサービスを使用することはできなくなります。ユーザーが離職する場合は、ユーザー アカウントの停止も行います。
  2. 次に、アカウントを削除する前に、おすすめの方法に従ってデータのセキュリティを確保します。
  3. (省略可)アカウントを削除する前に、Google 管理コンソールで [監査] カテゴリにある管理レポートを確認し、管理者の名前でフィルタリングして、承認されていない操作(バックドアでの管理者アカウントの作成など)を特定します。
  4. これらの手順を完了したら、組織からアカウントを削除します。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。