新しいサービスをデフォルトで有効または無効にする

管理者は Google 管理コンソールに新しいサービスが追加されたら、すぐにユーザー向けに有効にすることも、最初は無効にしておいて有効にするタイミングを決定することもできます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン  次に [アカウント] 次に [アカウント設定] 次に [設定] にアクセスします。
  3. [リリース設定] で [新サービス] をクリックします。
  4. 次のいずれかの項目を選択します。
    • リリース時に有効にする - すべてのユーザーがすぐに新しいサービスを利用できるようになります。
      注: サービスが有効になった後、サービスのステータス設定で、組織部門またはユーザー グループに対してサービスの有効と無効をいつでも切り替えられます。
    • リリース時に無効にする - ユーザーは管理者が有効にした場合にのみ新しいサービスを使用できます。
  5. 下部にある [保存] をクリックします。

変更には最長で 24 時間かかることがありますが、通常はこれより短い時間で完了します。詳細

: 現在のところ、Google Workspace Essentials エディションには Google Workspace のコアサービスの一部が含まれておらず、将来の新しいサービスに対するサポートは保証されていません。詳しくは、Google Workspace Essentials エディションをご覧ください。

早期アクセスアプリがサービスに移行するとどうなりますか?

  • 2024 年 7 月 30 日より、次のいずれかの状態のユーザーに対してサービスが自動的に有効になります。
    • 新しいサービスに対する設定が [リリース時に有効にする] になっている(管理コンソール > [アカウント] > [アカウント設定] > [設定])。
    • サービス ステータスが [オン(すべてのユーザー)] に設定されている(管理コンソール > [アプリ] > [その他の Google サービス] > [早期アクセスアプリ])。
  • アプリがサービスになったときに自動的にオフにするには、新しいプロダクトの設定とサービス ステータス設定の両方をオフにする必要があります。
  • サービスがその他の Google サービスになると、管理コンソールのサービス ステータス設定でアクセスを管理できるようになります。

早期アクセスアプリについてご確認ください。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー