新しくリリースされたサービスを自動的に有効または無効にする

G Suite をお申し込みされるとき、アカウントの大半のサービス(Gmail やカレンダーなど)はすでに有効になっています。

Google 管理コンソールに新しいサービスが追加されたら、すぐにユーザー向けに有効にすることも、最初は無効にしておいて、有効にするタイミングを管理者が決定することもできます。

新しいサービスをデフォルトで有効または無効にする

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[会社プロフィール] 次に [お知らせの設定] にアクセスします。
  3. [リリース設定] で [新サービス] をクリックします。
  4. 次のいずれかの項目を選択します。
  5. 下部にある [保存] をクリックします。

この変更が反映されるまでには、最長で 24 時間ほどかかることがあります。

: [新サービス] の設定は新しくリリースされた Google サービスにのみ適用されるものであり、ここで設定した有効または無効の設定は、既存の Google サービスには反映されません。また、G Suite Essentials エディションには G Suite のコアサービスのすべてが含まれているわけではなく、今後新たなサービスが導入される保証はありません。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。