移行に関するよくある質問

従来のハングアウトから Hangouts Meet への移行について、よく寄せられる質問をご紹介します。

Chrome 以外のブラウザでも Meet を使えるようになるのはいつからですか?

Firefox(バージョン 60 以降)でもご利用いただけます。これらのブラウザでは Chrome と同様に、プラグインをインストールしなくてもブラウザから会議に直接参加できます。その他のブラウザ(Internet Explorer® や Safari® など)でのご利用については、残りのユーザーに対する自動有効化フェーズの 4 週間前までにご案内いたします。

カレンダーの予定を Meet に更新するよう通知されるのはなぜですか?

従来バージョンのハングアウトから Meet への移行過程で、カレンダーでスケジュールされたビデオ会議が Meet で行われるように徐々に更新されます。ほとんどの予定で自動的にこの変更が行われますが、手動で Meet を選択する必要がある場合もあります。

この手動選択は、予定について複雑な設定を行っているときに必要になることがあります。たとえば、異なるカレンダー間の複数の予定で同じビデオリンクを使用している場合です。

従来バージョンのビデオハングアウトを無効にする前に、こうしたカレンダーの予定を更新することが重要です。

すでに作成済みの予定のビデオリンクを Hangouts Meet のものに更新するにはどうすればよいですか?

ビデオ会議が Meet に自動変更されない場合は、ビデオ会議を従来のハングアウトではなく Meet で行うように既存のカレンダーの予定を更新します。[予定の詳細] タブでビデオ通話アイコン ビデオハングアウト の横にある下矢印アイコン 下矢印 をクリックし、[Hangouts Meet] を選択して予定を保存します。

この変更は、Chrome devices for meetings(CfM)デバイスにも反映されますか?

はい。CfM デバイスでも Meet が有効になり、Meet のホーム画面が表示されるようになります。

Meet が有効になった後でも、CfM から従来のビデオハングアウトに参加したり、ビデオハングアウトを開始したりすることは可能です。詳しくは、ビデオハングアウトに参加するをご覧ください。.gov ドメイン(またはそれに類するドメイン)で Google トークを使用している場合は、どのような影響がありますか?

Google トークをご使用中のドメインは、Meet に移行されません。現在、.gov ドメイン(またはそれに類するドメイン)で Google トークを使用している場合は、今後もこれまでどおり Google トークをご利用いただけます。

組織で従来のビデオハングアウトを無効にし、Meet のみを使用するにはどうすればよいですか?

G Suite 管理者は、すべてのビデオ会議で Meet を使用し、従来のビデオハングアウトは無効にすることができます。この設定は組織全体に適用されるグローバルなものです。

この設定を選択した場合、カレンダーの全予定から、従来のハングアウトへのリンクがすべて削除されます。このオプションを選択するのは、組織で主に Meet を使用していて、従来のビデオハングアウトがカレンダーで設定されていない場合のみにしてください。

注: この変更は取り消すことができます。[すべての会議で Meet を使用する] チェックボックスをオフにすると、以前に削除された従来のハングアウトのリンクをカレンダーで再び利用できるようになります。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [Google ハングアウト] にアクセスします。
  3. [共通設定] をクリックします。
  4. [Hangouts Meet] の横にある [すべての会議で Meet を使用する] チェックボックスをオンにします。
  5. [保存] をクリックします。

組織のカレンダーの予定に従来のビデオハングアウトへのリンクが含まれているかどうかを確認するにはどうすればよいですか?

組織で現在も従来のビデオハングアウトを使用しているかどうかは、Meet の監査ログで確認できます。

[カレンダーの予定 ID] で [プロダクト タイプ] が [従来のハングアウト] になっているビデオ会議の数を確認します。

特に対応を行わない限り、従来のビデオハングアウトでの会議が予定からなくなった段階で、Meet のみを使用するよう自動的に移行されます。

Meet のビデオ会議をカレンダーで設定していなくても、即席で開始するにはどうすればよいですか?

組織で従来のビデオハングアウトが無効になっている場合は、エイリアスを使うことで即席の Meet ビデオ会議を開始できます。このような会議を開催するには、名前またはエイリアスを会議の参加者に知らせ、それを Meet の [会議コードを入力してください] 欄に入力します。

従来のハングアウトを使うよう組織の設定を戻すにはどうすればよいですか?

すべてまたは一部の組織部門で Meet を使用できない状態にすることができます。これにより、新たに作成するカレンダーの予定には、従来バージョンのハングアウトによるビデオ会議へのリンクが表示されるようになります。既存の予定は変更されません。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [Google ハングアウト] にアクセスします。
  3. [Meet の設定] をクリックします。
  4. 組織部門を選択します。
    組織部門を選択しない場合、設定は組織全体に適用されます。

  5. [新しい会議機能] の横にある [Meet でユーザーがビデオ会議を作成できるようにし、すべての Chrome devices for meetings が Meet を使用するように切り替える] チェックボックスをオフにします。
  6. [保存] をクリックします。

管理コンソールの設定について詳しくは、Meet のオンとオフを切り替えるをご覧ください。

.gov ドメイン(またはそれに類するドメイン)で Google トークを使用している場合は、どのような影響がありますか?

Google トークをご使用中のドメインは、Meet に移行されません。現在、.gov ドメイン(またはそれに類するドメイン)で Google トークを使用している場合は、今後もこれまでどおり Google トークをご利用いただけます。

 
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。