リソース体系の使用による影響

Google では、体系化された形式を使用してカレンダー リソースを定義することをおすすめしています。リソース体系にはリソースの場所、収容人数、設備に関する情報が含まれます。カレンダーではこのデータを使用して会議室やリソースの詳細が提供されるため、ユーザーがニーズに合った最適なリソースを選択するのに役立ちます。

注: 2017 年 10 月 17 日より前にリソースを作成した場合は、リソースが体系化された形式ではない可能性があります。

リソース体系のメリット

Google はデータを体系化された形式に変更するには必要な作業が増えることを理解していますが、労力を費やす価値はあると考えています。リソースを体系化すると、ユーザーに次のようなメリットがあります。

  • 適切な会議室やリソースを確実かつ簡単に予約する
  • 会議室と会議室以外のリソースの違いをすばやく確認する
  • 統一された読みやすいリソース表示でユーザー エクスペリエンスが向上する
  • 将来の拡張機能と今後のインテリジェントなカレンダー機能を活用できる(リソース体系のみがサポートされる)

分析、テスト、通知

リソース体系の導入によってカレンダーの操作性が変わるため、管理者は次の方法で変化に備えておくことをおすすめします。

  • 現在のリソースの管理方法を分析し、体系化された形式に移行することによってユーザー エクスペリエンスがどのように変化するかを理解する。
  • まずテスト環境でリソース体系を使い、変更点を確認する。その際、現在のリソース情報をバックアップしておく。
  • 社内アプリケーションとサードパーティ ソフトウェアを更新する。たとえば、カスタマイズされた命名規則に依存するアプリケーションなど。
  • 新しい動作や変更点についてユーザーに通知し、変更の導入を管理する。

ユーザー エクスペリエンスの変更点

会社で新しい体系化された形式を採用すると、ユーザーに次のような変更が表示されます。

検索結果の変更点

変更前

リソースは 1 つの長いリソース名として表示されます。

変更後

リソースは情報が整理された状態で表示されます。

会議室と会議室以外のリソースの新しい表示

会議室(CONFERENCE_ROOM カテゴリ)

 

会議室以外(OTHER カテゴリ)

リソースの表示に関する変更点

リソースにカーソルを合わせると、追加情報が表示されます。

 

会議室(CONFERENCE_ROOM カテゴリ)


会議室以外(OTHER カテゴリ)

リソースの順序の変更点

2017 年 10 月 17 日以前

以前はリソースノードはリソース名に依存していました。たとえば、会議室は使用するリソース決定の際に役立つ情報ではなく、接頭辞に基づいて表示されていました。特定の接頭辞(例: CH-ZRHA)で始まる会議室が多数ある場合は、そのすべての会議室が選択肢のリストに表示されていました。

リソース名の例:
CH-ZRHA-FavoriteRoom’1 [Phone, VC]
CH-ZRHA-SecondFavoriteRoom’1 [Phone, VC]
US-SFO-RoominSFO’2 [Phone, VC]

ノード:

 

 

2017 年 10 月 17 日以降

ノードは、作成したビルディングに基づいて生成されます。会議室以外のリソースと会議室の両方が、ビルディングのノードにグループ化されます。

 

新たに自動生成される名前の例:
ZRH-OfficeA-1-FavoriteRoom (4) [Phone, VC]
ZRH-OfficeA-1-SecondFavoriteRoom (2) [Phone, VC]
SFO-OfficeB-RoominSFO (2) [Phone, VC]

ここで、ZRH-OfficeA と SFO-OfficeB がビルディングです。

ノード:

リソース名と表示の変更点

現在のカレンダーでは、カスタマイズ可能な RESOURCE NAME テキスト欄を使ってシステムにリソースが識別されています。推奨される命名規則はありますが、必須ではありません。リソース体系情報を使う場合は Google の命名規則が標準とされ、この規則に従って名前が自動生成されます。自動生成名が作成されるのは、リソース名、リソースの種類、説明以外のリソース項目が更新された場合です。

自動生成名の特長:
  • リソース名の形式を組織全体で統一することができる。
  • 会議室の詳細情報が自動的に更新される(収容人数が増えた場合や、設備や機能が追加または変更された場合など)。
  • リソース名から会議室やリソースのプロパティが簡単にわかるようになる。

新しい自動生成名は次の場所に表示されます。

参加者リスト

カレンダーの予定の参加者リストでは、古いリソース名が新しい自動生成リソース名の形式で置き換えられます。

ウェブとモバイルの [場所] 欄

カレンダーの予定の [場所] 欄では、古いリソース名が新しい自動生成リソース名の形式で置き換えられます。

モバイル端末の通知

モバイルやウェブ上の通知では、古いリソース名が新しい自動生成名の形式で置き換えられます。

関連リンク

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。