紛失したメールをメールログ検索で見つける

メールログ検索を使用すると、メール配信の問題のトラブルシューティングを行うことができます。

開始する前に、おすすめの手順をユーザーが完了していることを確認してください。

配信を確認する

  • G Suite ユーザーから G Suite 以外のメール プロバイダに送信されたメール - メールログ検索でメールが見つかることを確認します(見つかる場合、正常に送信されています)。メールが見つからない場合は、送信者側からメールを追跡します。メールがログに表示される場合は、受信者のドメインに問題がないか調べる必要があります。
     

  • G Suite ユーザーから別の G Suite ユーザーに送信されたメール - メールログ検索でメールが見つかることを確認します。メールが見つからない場合は、受信者のドメインの MX レコードを確認します。
     

  • G Suite 以外のメール プロバイダから G Suite ユーザーに送信されたメール - メールログ検索でメールを探します。メールが見つからない場合は、送信元に問い合わせて、フィルタ設定とファイアウォール設定の確認を依頼します。

配信後のメッセージのステータスを確認する

ドメイン内のユーザーにメールが配信されたことを確認した場合、配信後のメッセージのステータスを使用すると、ユーザーのメールボックス内のメールを見つけやすくなります。結果を展開すると、メールの現在の場所や、メールが削除されているかどうかを確認できます。

31 日以上経過したメール - メールの受信後 31 日以上経過している場合は、メール配信に関するログを利用できません。このようなメールについて、ユーザーのメールボックスでのステータスを表示するには、該当する日付範囲を選択し、メッセージ ID と宛先の詳細を検索します。

注: メールが設定済みのコンプライアンス ルールにあてはまる場合、その情報は [一致したルール] の下にあるメッセージの詳細に表示されます。

メールログ検索の結果を評価する

メールログ検索結果を評価する際は、次に示す一般的なヒントも参考にしてください。

  • 存在することがわかっている、既知のユーザーに送信済みのメッセージがログに表示されない場合は、そのメッセージが Google ネットワークに到達しなかった可能性があります。Google までの経路を調査して、エラーがないかどうか確認してください。送信者または受信者のドメインに問い合わせて、問題を解決します。

  • メールが遅れて届いたとき、Google 内の通過時間が 10 分未満である場合は、サードパーティのプロバイダが遅延の原因となっている可能性があります。メッセージの経路をメッセージ ヘッダー分析ツールで確認し、メッセージが遅延した場所を特定してください。

  • 「このメール アカウントは存在しません」という内容のエラーによりメールが返送された場合、ログ上でメールを確認するには、そのメールをキャッチオール アドレスか従来のサーバーに転送する必要があります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。