共有ドライブにコンテンツを移動する

管理者は組織内のファイル編集者に対し、共有ドライブへのコンテンツの移動を許可できます。また、組織の既存の Google ドライブのファイルやフォルダを共有ドライブに移動することもできます。

: 特に必要でない限り、共有ドライブと他のフォルダまたは組織外部との間でコンテンツを移動しないでください。共有ドライブ内のファイルやフォルダには部外秘の情報が含まれていることがあるため、ファイルやフォルダを移動すると、不適切なユーザーがその情報にアクセスできてしまうことがあります。

ファイルやフォルダを共有ドライブに移動する

すべて開く  |  すべて閉じる

始める前に
ファイルやフォルダを共有ドライブに移動する前に、以下の点を考慮してください。

ファイルとフォルダのオーナー権限

  • ファイルやフォルダを共有ドライブに移動すると、オーナー権限がユーザーから共有ドライブに変更されます。
  • 組織外のユーザーがオーナーとなっているファイルやフォルダを共有ドライブに移動すると、ファイルやフォルダのコピーが共有ドライブに作成されます。コピーのオーナーは共有ドライブ、元のファイルやフォルダのオーナーは組織外のユーザーになります。

組織外のユーザー

  • 管理者は、組織外のユーザーがオーナーとなっているファイルやフォルダを移動することはできません。その外部ユーザーが移動先の共有ドライブのメンバーである場合も同様です。
  • 組織外のユーザーは組織内の共有ドライブにフォルダを移動することはできません。組織外のユーザーに管理者のアクセス権がある場合も同様です。

ファイルへのアクセス

  • ファイルを共有ドライブに移動すると、共有ドライブのメンバーと、ファイルを直接共有しているユーザーのみがファイルにアクセスできます。
  • ファイルの元のオーナーが組織内のユーザーで、共有ドライブのメンバーではない場合、ファイルのオーナー権限は失われますが、ファイルの作成者として引き続きアクセスできます。
  • 共有ドライブに移動されたファイルは、ドライブの他の場所([マイドライブ] など)には残りませんが、ユーザーの [共有アイテム] および [最近使用したアイテム] から引き続きアクセスできます。
  • 管理者がフォルダを共有ドライブに移動すると、フォルダに含まれるすべてのファイル(隠しファイルを含む)が共有ドライブのメンバー全員に表示されます。他のユーザーとフォルダを共有する際に、フォルダ内の特定のファイルへのアクセス権を削除すると、そのファイルはユーザーに対して非表示になります。詳しくは、ファイルの共有を停止するをご覧ください。

共有ドライブに移動した Google サイトのファイル

  • サイトの元のオーナーが共有ドライブと同じ組織に属している場合、公開済みのサイトは引き続き表示されます。また、移動前にサイトを共有していたユーザーは、そのサイトの関連ファイルに引き続きアクセスできます。
  • サイトの元のオーナーが共有ドライブとは異なる組織に属している場合、公開済みのサイトは引き続き表示されます。移動前にサイトを共有していたユーザーであっても、共有ドライブのメンバーでないユーザーは、関連ファイルにアクセスできません。

フォルダへのリンク

  • 共有ドライブにフォルダを移動すると、フォルダへのリンクが新しい共有ドライブのフォルダを参照するように変更されます。管理者は、共有ドライブに移動するすべてのフォルダのリンクを更新する必要があります。
  • ファイルへの直接リンクは、ファイルを共有ドライブに移動しても変更されません。

ファイルとフォルダの権限

  • 管理者が Google 管理コンソールで [対象の共有ドライブのメンバー以外のユーザーが、その共有ドライブ内のファイルにアクセスできないようにする] を選択しない限り、共有ドライブのメンバー以外のユーザーは、明示的に共有されているファイルのアクセス権を保持します。詳しくは、すべての新しい共有ドライブに対するデフォルトのアクセス制限の設定をご覧ください。
  • フォルダから継承されたファイルのアクセス権はコピーされません。
  • 共有フォルダへのアクセス権を持つユーザーは、そのフォルダが共有ドライブに移動されるとアクセスできなくなります。アクセス権を付与するには、ユーザーを共有ドライブのメンバーとして追加します。
ユーザーが共有ドライブにファイルを移動できるようにする

管理者は管理コンソールを使用して、ユーザーが自分のファイルや他のユーザーのファイルを共有ドライブに移動できるように設定することができます。

始める前に

  • ユーザーがファイルを移動するには、移動するファイルに対する編集権限が必要です。
  • ファイルのオーナーは、移動先の共有ドライブのメンバーである必要があります。
  • ユーザーは、移動先の共有ドライブの投稿者、コンテンツ管理者、管理者のいずれかのアクセス権が必要です。詳しくは、共有ドライブのアクセスレベルをご覧ください。
  • ユーザーが必要とする権限が、管理者が設定した他の共有設定と競合する可能性があります。詳しくは、ドライブ ユーザーの共有権限を設定するをご確認ください。

ユーザーが共有ドライブにファイルを移動できるようにする

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [ドライブとドキュメント] にアクセスします。
  3. [移行設定] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門または設定グループを選択します。
  5. [ユーザー オプション] の横にある [ユーザーに共有ドライブへのファイルの移行を許可する] を選択します。
  6. [保存] をクリックします。組織部門またはグループを設定した場合は、組織の設定を継承またはオーバーライドしたり、グループを設定解除したりできる場合があります。
管理者としてドライブのフォルダを共有ドライブに移動する
ユーザーが共有ドライブに慣れて共同編集できるようにするために、管理者は [マイドライブ] 内の既存のフォルダを共有ドライブに移動することができます。組織内のユーザーがオーナーとなっているフォルダを移動できるのは管理者だけです。
フォルダを共有ドライブに移動するには:
  1. 既存のフォルダを移動する場合は、閲覧者以上のアクセス権を管理者アカウントに付与するよう、ユーザーに依頼します。
  2. フォルダの移動先の共有ドライブに管理者をメンバーとして追加するよう、ユーザーに依頼します。
  3. ウェブブラウザで drive.google.com を開き、G Suite 管理者アカウントでログインします。
  4. [マイドライブ] と [共有ドライブ] のフォルダを開き、[マイドライブ] にある移動対象のフォルダと [共有ドライブ] にある移動先のフォルダを表示します。
  5. [マイドライブ] にあるフォルダを [共有ドライブ] にあるフォルダにドラッグします。
  6. 確認を求めるメッセージに同意して、移動プロセスを開始します。
管理者の移動権限をユーザーに付与する

[マイドライブ] から [共有ドライブ] にフォルダ全体を移動する管理者権限を組織内のユーザーに付与するには、次のいずれかのオプションを選択します。

  • サービス管理者の役割を割り当てる - この役割を割り当てられたユーザーは、管理コンソールですべての G Suite サービス(ドライブや Google ドキュメントを含む)を管理できるようになります。詳細については、サービス管理者ユーザーに管理者の役割を割り当てるをご覧ください。
  • カスタムの役割を作成する - ドライブとドキュメントのみを管理できるユーザーの役割を作成します。詳しくは、カスタムの管理者の役割を作成するをご覧ください。

重要: 前述の始める前ににあるとおり、管理者権限を付与されたユーザーが自身の操作の影響について理解していることをご確認ください。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。