共有ドライブのユーザーと操作を管理する

この機能は、G Suite Enterprise、G Suite Enterprise for Education、G Suite Essentials、G Suite Business、G Suite for Education、G Suite for Nonprofits でご利用いただけます。各エディションの比較

管理者は、組織内の共有ドライブとそのメンバーを管理できます。また、共有ドライブにフォルダを移行したり、その他の操作を行ったりすることもできます。

: 2017 年 7 月以前に G Suite をお申し込みいただいた組織では、ドメインや特定の組織部門に対して共有ドライブを有効にする必要がある場合があります。

ユーザーに共有ドライブの作成を許可する

共有ドライブを有効にすると、ユーザーは特定の組織部門(営業部門や支社など)用の共有ドライブを作成できるようになります。組織部門で共有ドライブの作成が無効になっている場合でも、所属するユーザーが組織内外の他の共有ドライブのメンバーとなることはできます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [ドライブとドキュメント] にアクセスします。
  3. 組織でドライブが有効になっていることを確認します。
  4. [共有設定] をクリックします。
  5. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  6. [共有ドライブの作成] をクリックし、次のいずれかを行います。
    • ユーザーが共有ドライブを作成できるようにするには、[[組織名] のユーザーが新しい共有ドライブを作成できないようにする] チェックボックスをオフにします。
    • ユーザーが共有ドライブを作成できないようにするには、[[組織名] のユーザーが新しい共有ドライブを作成できないようにする] チェックボックスをオンにします。
  7. [保存] をクリックします。組織部門またはグループを作成してある場合は、親組織部門の設定を継承またはオーバーライドさせたり、グループの設定を解除したりできる場合があります。

変更が有効になるまで 24 時間ほどかかる場合があります。

共有ドライブのメンバーとコンテンツを管理する

組織内の共有ドライブは、最上位の組織部門の設定を継承します。たとえば、外部共有がユーザーの組織部門で無効になっていて、最上位の組織部門で有効になっている場合、ユーザーは共有ドライブ内のドキュメントを組織外のユーザーと共有できます。

メンバーを管理する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [ドライブとドキュメント] にアクセスします。
  3. 組織でドライブが有効になっていることを確認します。
  4. [共有ドライブの管理] をクリックします。
  5. [フィルタを追加] をクリックして、フィルタ オプション([メンバーなし]、[作成日] など)を選択します。
  6. 共有ドライブにカーソルを合わせ、[メンバーを管理] をクリックします。
  7. (省略可)ユーザーのアクセスレベルを変更したり、ユーザーを共有ドライブから削除したりするには、対象となるユーザーの横にある下矢印アイコン "" をクリックして操作を選択します。

    : 共有ドライブからすべてのメンバーを削除すると、共有ドライブは残りますが、アクセスできなくなります。ファイルへのアクセスを復元するには、共有ドライブに新しいメンバーを追加します。

  8. (省略可)新しいメンバーを追加するには:
    1. [メンバーを追加] をクリックします。
    2. アクセスを設定し、メッセージを入力します。
      • 下矢印アイコン "" をクリックし、アクセス設定を選択します。デフォルトでは、メンバーはファイルのアップロード、編集、削除、他のメンバーの招待を行うことができます。
      • [メッセージ] 欄に、メール通知用のカスタム メッセージを入力します。
      • 共有ドライブを開くためのリンクを含むウェルカム メッセージを新メンバーに送信しない場合は、[通知の送信をスキップ] チェックボックスをオンにします。
    3. 上部に、招待するユーザーまたはグループの名前またはメールアドレスを入力します。
      • 複数のメンバーを追加する場合は、Google グループを使用して上限を超えないようにしてください。
      • メールアドレスが複数ある場合は、カンマで区切って入力します。
      • アドレスが無効な場合、招待状を送信できず、エラー メッセージから無効なアドレスを特定することもできません。
    4. [送信] 次に [完了] をクリックします。

コンテンツを移動できるユーザーを管理する

管理者は、組織内のファイル編集者に対し、共有ドライブへのコンテンツの移動を許可できます。また、組織の Google ドライブの既存のファイルやフォルダを共有ドライブに移動することもできます。詳しくは、共有ドライブにコンテンツを移動するをご覧ください。

共有ドライブで行われた操作を確認する

ユーザーが共有ドライブ内のファイルに対して行った操作や、共有ドライブの設定またはメンバーが変更されたタイミングは、ドライブの監査ログで確認できます。

Google Vault を使用して共有ドライブ内のファイルを管理する

ドメイン内に G Suite Business または G Suite Enterprise の有効なライセンスがあるか、所有権を証明済みのドメインで G Suite Essentials を使用している場合は、Google Vault で組織の共有ドライブ内のファイルに対して検索、書き出し、保持ポリシーの設定、訴訟のための記録保持(リティゲーション ホールド)の適用を行うことができます。

: 共有ドライブ内で Vault の訴訟のための記録保持を設定できるのは、G Suite Business、G Suite Enterprise、G Suite Essentials(ドメインの所有権を証明済みの場合)のライセンスが割り当てられているユーザーに限られます。

関連トピック

共有ドライブでデータ損失防止(DLP)を利用する

ドメイン内に G Suite Enterprise の有効なライセンスがあるか、所有権を証明済みのドメインで G Suite Essentials をご使用であれば、ドメイン内の共有ドライブはすべて DLP ルールによって保護されます。

: 組織が所有する共有ドライブに適用される DLP ルールは、最上位の組織部門で割り当てられたものに限られます。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。