チームドライブのユーザーや操作を管理する

この機能は G Suite Enterprise、G Suite Enterprise for Education、Drive Enterprise、G Suite Business、G Suite for Education、G Suite for Nonprofits の各エディションでご利用いただけます。各エディションの比較

G Suite 管理者は、組織内のチームドライブとそのメンバーを管理できます。さらに、チームドライブにフォルダを移行したり、その他の操作を行ったりすることもできます。

注: 新しい G Suite アカウントでは、チームドライブがデフォルトで有効になっています。2017 年 7 月以前から G Suite アカウントをお持ちの組織では、ドメインまたは特定の組織部門に対してチームドライブを有効にする必要がある場合があります。アカウントを G Suite Basic から G Suite Business にアップグレードした場合も、チームドライブが有効になります。

チームドライブの作成を有効または無効にする

営業部や支社などの特定の組織部門を対象に、ユーザーによる新しいチームドライブの作成を有効または無効にできます。

チームドライブを有効にすると、その組織部門に属するすべてのユーザーがチームドライブを作成できるようになります。

注意事項

  • この機能は G Suite Enterprise、G Suite Enterprise for Education、Drive Enterprise、G Suite Business、G Suite for Education、G Suite for Nonprofits の各エディションでご利用いただけます。各エディションの比較
  • チームドライブを有効にした後、変更が反映されるまで最長で 1 時間ほどかかることがあります。変更が反映される前に [作成] ボタンをクリックすると、エラーが発生する場合があります。その場合は、しばらくしてからもう一度お試しください。
  • 組織部門でチームドライブの作成が無効になっている場合、所属するユーザーは新しいチームドライブを作成できませんが、ドメイン内外の他のチームドライブのメンバーとなることはできます。
  • ドメイン内のすべてのチームドライブには、ドメインの最上位の組織の設定が適用されます。

    たとえば、所属する組織部門で外部ユーザーとの共有が無効になっていても、ドメインの最上位の組織で許可されていれば、チームドライブ内のドキュメントを社外のユーザーと共有できます。

手順

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次へ [G Suite] 次へ [ドライブとドキュメント] にアクセスします。
  3. ドライブが有効になっていることを確認します(有効になっていない場合、その他アイコン その他 をクリックし、[すべてのユーザーに対してオンにする] を選択します)。

  4. [共有設定] を選択します。
  5. 組織部門を選択します。組織部門を選択しない場合、設定は組織全体に適用されます。
  6. [チームドライブの作成] で、[<ドメイン名> のユーザーが新しいチームドライブを作成できないようにします] チェックボックスをオンまたはオフにします。
  7. [保存] をクリックします。
  8. チームドライブが実際に有効になるまで、最長で 24 時間ほどお待ちください。変更が反映される前に [作成] ボタンをクリックすると、エラーが発生する場合があります。その場合は、しばらくしてからもう一度お試しください。
チームドライブとメンバーを管理する
G Suite 管理者は、組織内のチームドライブを確認、管理することができます。
  • 複数のメンバーを追加するには、Google グループを追加することをおすすめします。カンマで区切って複数のメールアドレスを追加することもできますが、無効なアドレスが含まれていると処理が失敗し、エラー メッセージからは無効なアドレスを特定できません。
  • チームドライブからすべてのメンバーを削除した場合、チームドライブ自体は残りますがアクセスできなくなります。新しいメンバーを追加すると、再びそのチームドライブ内のファイルにアクセスできるようになります。
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次へ [G Suite] 次へ [ドライブとドキュメント] にアクセスします。
  3. 組織でドライブが有効になっていることを確認します。

  4. [チームドライブの管理] を選択します。

  5. フィルタ アイコン フィルタ をクリックして、フィルタ条件(例: メンバーのいないチームドライブ)を選択します。
  6. チームドライブの名前をクリックします。
  7. (省略可)ユーザー名の横にある下矢印アイコン 下矢印 をクリックし、ユーザーのアクセスレベルの変更やチームドライブからのユーザーの削除を行います。
  8. (省略可)新しいメンバーを追加するには、次の操作を行います。:
    1. [送信] をクリックします。
    2. 必要に応じて次の設定を行います。
      • アクセス設定を選択します。デフォルトでは、メンバーはファイルのアップロード、編集、削除、他のメンバーの招待を行うことができます。
      • メール通知のカスタム メッセージを入力します。
      • [通知の送信をスキップ] を選択します。この場合、新しいメンバーにウェルカム メッセージとチームドライブへのリンクは送信されません。
    3. 招待するユーザーの Google グループ、名前、またはメールアドレスを入力します。
    4. [メンバーを追加] をクリックします。
    5. [完了] をクリックします。
Google Vault を使用してチームドライブのファイルを管理し、ファイルにアクセスする
Vault の権限を持っているユーザーは、Google Vault を使用して組織のチームドライブ内のファイルに対して、検索、書き出し、保持ポリシーの設定、訴訟のための記録保持(リティゲーション ホールド)の適用を行うことができます。
  • ドメイン内に G Suite Business または G Suite Enterprise の有効なライセンスが少なくとも 1 つあるか、所有権を確認済みのドメインで Drive Enterprise をご使用であれば、チームドライブ内のデータの保持、検索、書き出しを行うことができます。
  • チームドライブ内で Vault の訴訟のための記録保持を設定できるのは、G Suite Business、G Suite Enterprise、または Drive Enterprise(ドメインの所有権を確認済みの場合)のライセンスが割り当てられているユーザーに限られます。
詳細
チームドライブでデータ損失防止(DLP)を利用する
ドメイン内に G Suite Enterprise の有効なライセンスが少なくとも 1 つあるか、所有権を確認済みのドメインで Drive Enterprise をご使用であれば、ドメイン内のチームドライブはすべて DLP ルールによって保護されます。
  • チームドライブに適用される DLP ルールは、ドメインレベルで割り当てられたものに限られます(チームドライブはドメイン単位で所有されます)。
詳細

 

関連トピック

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。