Google Meet の管理

Google Meet では、デバイスや場所を問わずにビデオ会議を開始したり、ビデオ会議に参加したりできます。組織の内外のユーザーを招待する、画面を共有する、チーム全員で行うための会議を作成するといったことが可能です。組織の G Suite 管理者は、ユーザーが使えるよう Meet を設定する必要があります。

G Suite 管理者は次の設定を行うことができます。


ビデオ通話を有効または無効にする

新たに G Suite のご利用を開始される場合は、Meet がデフォルトで有効になっているため、すぐにビデオ会議を開始できます。

以前のバージョンのハングアウトのビデオ通話を組織で使用している場合は、Google 管理コンソールで Meet を有効または無効にできます。


ネットワークを準備する

高品質のビデオ会議を行うため、ネットワークの帯域幅と構成を確認しておく必要があります。


Meet に移行する

Google Meet スターター キットを使用してユーザーと組織が利用できるよう準備します。


ビデオ会議室を作成する

グループやチームがビデオ会議に参加できるように、システムを設置します。


ユーザーのトレーニングを行う

チュートリアルやヒントなどのリソースをユーザーに提供します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。