Cloudflare: G Suite の MX レコードを設定する

Tip! Only Google Workspace customers who want to use Gmail must change their MX records. You can skip this procedure and continue to use your current email provider with Google Workspace.

この記事は、ドメインのビジネス用メールとして Gmail を設定する準備ができている方向けです(ドメインの所有権の証明がまだお済みでない場合は、そちらを先に行ってください)。

Gmail を設定するには、ご利用のドメインホストにログインして、ドメインのメールを Google Workspace サーバーに転送する必要があります。転居したときに郵便局に転送届けを出して、郵便物が正しい住所に届くようにするのと似ています。以下で手順を説明します。

始める前に

  • ドメインの所有権を証明します

    済んでいない場合は、MX レコードを使って証明できます。方法は MX レコードの設定時に説明します。

  • Google Workspace でチーム用のユーザー アカウントを作成します。

    チームメンバーがすでにドメインのメールアドレス(末尾が使用ドメインのアドレス)を使用している場合は、MX レコードの設定を変更する前に、Google Workspace でメンバーのユーザー アカウントを作成する必要があります。先に設定を変更すると、メンバーは Gmail でビジネス用メールアドレスを使ってメールを送受信できなくなります

MX レコードを変更して G Suite の使用を開始する

手順 1: ドメインホストにログインする

  1. G Suite 設定ウィザードは開いたままにしておきます。
  2. 新しいブラウザ ウィンドウを開き、Cloudflare のサイトにアクセスします。
  3. Cloudflare のサイトの右上にある [Log In] をクリックします。
  4. Cloudflare でドメインを購入した際に作成したメールアドレスとパスワードを [Log in to Cloudflare] の欄に入力します。
  5. [Log In] をクリックします。

    アカウント情報がわからない場合は、Cloudflare のパスワードを再設定するか、Cloudflare のサポートにお問い合わせください。

手順 2: DNS レコードに移動する

  1. [Cloudflare Home] タブでドメイン名をクリックします。
  2. ページの上部にある [DNS] をクリックします。

    DNS アイコンが選択されています。

手順 3: 既存の MX レコードを削除する

まず、現在の MX レコードを削除して、メールが以前のメール プロバイダに送信されないようにします。次に、新しい MX レコードを追加して、メールが G Suite に送信されるようにします。

  1. 既存の MX レコードの横にある削除アイコン "" をクリックします。

    削除する MX レコードが表示されています。

  2. ポップアップ ウィンドウの [Delete] をクリックして、MX レコードの削除を確定します。

    次の手順で新しいレコードを追加します。

  3. 上の 2 つの手順を繰り返して、古い MX レコードをすべて削除します。

手順 4: G Suite の MX レコードを追加する

メールが G Suite アカウントに配信されるようにするには、新しい MX レコードをドメインに追加する必要があります。追加するレコードは次のとおりです。
MX サーバー アドレス 優先度
ASPMX.L.GOOGLE.COM 1
ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM 5
ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM 5
ALT3.ASPMX.L.GOOGLE.COM 10
ALT4.ASPMX.L.GOOGLE.COM 10

重要: 登録事業者によっては、MX サーバーのアドレスの .COM の後にピリオドを付ける必要があります。

  1. [+Add record] をクリックします。

    DNS レコードの欄が表示されます。

  2. [Type] 欄で [MX] をクリックします。
  3. [Name] 欄に「@」と入力します。
  4. [Mail server] 欄に「ASPMX.L.GOOGLE.COM」と入力します。

    MX レコードのすべての欄が入力済みの状態です。

  5. [Priority] 欄に「1」と入力します。
  6. [TTL] 欄はデフォルト値の [Auto] のままにします。
  7. [Save] をクリックします。
  8. 手順 1~7 を繰り返して、上の表にある残りの MX サーバー アドレスと [Priority] の値をそれぞれ入力していきます。

    すべての MX レコードが表に示されています。

  9. ドメインの所有権を確認する必要がある場合:
    1. [Type] 欄で [MX] をクリックします。
    2. [Name] 欄に「@」と入力します。
    3. [Mail server] 欄に、G Suite 設定ウィザードでコピーした MX 確認レコードを貼り付けます。
    4. [Priority] 欄に「15」と入力します。
    5. [TTL] 欄はデフォルト値の [Auto] のままにします。

      MX 確認レコードのすべての欄が入力済みの状態です。

    6. [Save] をクリックします。

手順 5: 新しい MX レコードを検出するよう Google に通知する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 以下のことを確認してチェックボックスをオンにします。

    1. 組織内の既存のメールアドレスすべてに、使用するアカウントを作成した。

    2. 元のメール プロバイダでのメールの受信を停止し、Google Workspace で受信できる準備が整った。

  3. [続行] をクリックします。

  4. 次のページの一番下までスクロールし、[Gmail を有効にする] をクリックします。



Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。