Google アカウントを持っているユーザーを追加する

組織の Google ドメインにユーザーを追加するにあたり、そのユーザーの個人用 Google アカウントのメールアドレスが、管理型の Google アカウントで使う予定のものと同じでないかご確認ください。1 つのメールアドレスを 2 つのアカウントで共有することはできません。同じメールアドレスを使用することになる場合は、次のいずれかを行います。

  • オプション 1: 既存のアカウントの移行またはアカウント名の変更をユーザーに依頼する(Google 管理コンソールのツールを使用)。
  • オプション 2: ユーザーに既存のアカウント名の変更を強制する。

詳しくは、競合するアカウントとはをご覧ください。

オプション 1: ユーザーにアカウントの移行を依頼する

管理コンソールでツールを使用して次のことを行います。

  1. 組織のメールアドレスを既存の個人用 Google アカウントで使用しているユーザーがいるかどうかを調べます。

    該当するユーザーがいない場合、このツールは不要です。ユーザーの追加方法に進んでください。

  2. このツールを使用して、組織のメールアドレスを個人のアカウントに使用しているユーザーにメールを送信します。
  3. 既存の Google アカウントを組織で管理される Google アカウントに移行するか、個人用 Google アカウントの名前を変更するようにユーザーにリクエストします。

管理対象に含まれないユーザー用の移行ツールの使い方について詳しくは、既存の Google アカウントを見つけて管理するをご覧ください。

オプション 2: ユーザーにアカウント名の変更を強制する

まず、管理対象の Google アカウントに、ユーザーが個人用アカウントに使用したメールアドレスでユーザーを追加する必要があります。詳しくは、ユーザーの追加方法をご覧ください。

次回ユーザーが個人アカウントにログインすると、そのアカウントに関連付けられたメールアドレスの変更を求められます。ユーザーは次のいずれかの方法を使用できます。

  • 個人アカウントを新しい Gmail アドレスに変更する。
  • 個人アカウントを、すでに持っている Gmail 以外のアドレスに変更する。
  • Google が提供する一時的なユーザー名(jane%mydomain.com@gtempaccount.com など)を使用してログインする。

最後の方法を選択した場合は、恒久的な対応が済むまで(新しい Gmail アドレスまたは Gmail 以外のアドレスに変更するまで)、ログインのたびにアカウント名の変更を求められます。名前の変更はすべてユーザーが管理する必要があり、管理者が介入することはできません。

アカウント名を変更した場合のユーザーのデータへの影響

個人アカウントの名前を別のメールアドレスに変更しても、そのアカウント内のデータは、すべてアカウントに残ります。個人アカウント内のデータはこれまでどおり安全に保管され、本人以外がアクセスすることはできません。

アカウント名を変更した場合のメール エイリアスへの影響

個人用 Google アカウントの代替メールアドレス(メール エイリアス)として組織のアドレスが追加されていた場合、管理者が管理型の Google アカウントを作成した時点で、そのエイリアスは個人アカウントから削除されます。ユーザーが個人用の Google アカウントに次回ログインするときに、この変更内容が通知されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。