Google アカウントを持っているユーザーを追加する

組織にユーザーを追加するにあたり、そのユーザー個人の Google アカウントのメールアドレスが、管理対象の Google アカウントで使う予定のものと同じでないかご確認ください。1 つのメールアドレスを 2 つのアカウントで共有することはできません。

競合するアカウントが発生する一般的な原因は、組織が管理対象の Google アカウントに申し込む前に、ユーザーが無料(一般向け)の Google サービスに登録していることです。

詳しくは、競合するアカウントとはをご覧ください。

競合しないアカウントとは

プライマリまたはエイリアスのメールアドレスとして組織の Google アドレスを使用していない個人の Google アカウントのことです。たとえば、個人の Gmail アカウント([ユーザー名]@gmail.com)は、競合するアカウントではありません。

G Suite 管理者は、競合するアカウントを持つユーザーに次のいずれかの方法で対応してください。

  • オプション 1: 既存のアカウントの移行またはアカウント名の変更をユーザーに依頼する(Google 管理コンソールのツールを使用)。
  • オプション 2: ユーザーに既存のアカウント名の変更を強制する。

オプション 1: ユーザーにアカウントの移行を依頼する

管理コンソールで移行ツールを使用して、次のことを行います。

  1. 組織のメールアドレスを既存の個人の Google アカウントで使用しているユーザーがいるかどうかを調べます。

    該当するユーザーがいない場合、このツールを使用する必要はありません。ユーザーの追加方法に進んでください。

  2. このツールを使用して、組織のメールアドレスを個人のアカウントに使用しているユーザーにメールを送信します。
  3. 既存の Google アカウントを組織で管理される Google アカウントに移行するか、個人の Google アカウント名を変更するようユーザーにリクエストします。

管理対象に含まれないユーザー用の移行ツールの使い方について詳しくは、既存の Google アカウントを検索、管理するをご覧ください。

オプション 2: ユーザーにアカウント名の変更を強制する

まず、管理対象の Google アカウントに、ユーザーが個人のアカウントに使用しているメールアドレスでユーザーを追加する必要があります。詳しくは、ユーザーの追加方法をご覧ください。

次回ユーザーが個人のアカウントにログインすると、そのアカウントに関連付けられたメールアドレスの変更を求められます。ユーザーは次のいずれかの方法を使用できます。

  • 個人のアカウントを新しい Gmail アドレスに変更する。
  • 一般ユーザー向けアカウントを、すでに持っている Gmail 以外のアドレスに変更する。この方法は、その Gmail 以外のメールアドレスがまだ Google アカウントのメールアドレスとして使用されていない場合にのみ使用できます。
  • Google が提供する一時的なユーザー名(jane%mydomain.com@gtempaccount.com など)を使用してログインする。この方法では、ユーザーはログイン時に毎回アカウント名の変更を求められますが、根本原因を解消(新しい Gmail アドレスまたは Gmail 以外のアドレスに変更)すると、要求されなくなります。

個人のアカウント名の変更はすべてユーザーが管理する必要があり、管理者が介入することはできません。

アカウント名を変更した場合の影響

ユーザーデータ

個人のアカウント名を別のメールアドレスに変更しても、そのアカウント内のデータは、すべてアカウントに残ります。個人のアカウント内のデータはこれまでどおり安全に保管され、本人以外がアクセスすることはできません。

メール エイリアス

ユーザーが組織のメールアドレスを個人の Google アカウントの予備のメールアドレス(メール エイリアス)として使用している場合、ユーザーが個人のアカウント名を変更すると、管理者が管理対象の Google アカウントを作成した後に、エイリアスは個人のアカウントから削除されます。ユーザーが個人の Google アカウントに次回ログインするときに、この変更内容が通知されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。