G Suite for Education について保護者と情報を共有する

Google は、教室で生徒が Google のサービスをどのように利用しているのかについて、保護者の方々にご理解いただくことが重要であると考えています。この記事は、G Suite for Education アカウントを持つ生徒の Google サービスの利用について、保護者と効果的なコミュニケーションを図るうえで、また必要に応じて保護者の同意を得るうえで、G Suite for Education をご利用の幼稚園から高等学校までの各関係者にお役立ていただけるものと存じます。
 
学校で利用するサービスと各サービスのポリシーは学校の管理者によって決められているため、G Suite の使用状況は学校ごとに異なります。そのため Google は、学校での Google サービスの実際の使用状況に基づいて、学校ごとに保護者への連絡内容を調整していただくのが最善であると考えています。Google は、Google のサービス、およびプライバシーとセキュリティ上の対策について保護者に可能な限り詳しくお知らせいただけるよう、学校に必要な情報を提供していくことを目指しています。
 
G Suite for Education をご利用の学校で Google サービスをどのように使用しているのか、Google サービスを使用すると Google にどのような情報が収集されるのか、収集された情報が Google でどのように使用されるのかについて保護者に説明する際には、以下の手順を参考にしてください。

1. 学校で使用する Google サービスを選定する

G Suite for Education には、学校の G Suite for Education 契約に基づいて提供されるコアサービス(Gmail、ドライブ、カレンダー、Classroom など)と、一般ユーザー向けの追加サービス(YouTube、マップ、Blogger など)の 2 つのカテゴリの Google サービスが含まれています。追加サービスは、学校のドメイン管理者が教育目的で許可している場合に G Suite for Education アカウントで使用することが可能です。詳細については、コアサービスと追加サービスの違いについての記事をご覧ください。
 
G Suite for Education の管理者は、G Suite for Education アカウントでユーザーがアクセスできるコアサービスと追加サービスを管理することができます。各学校では、利用サービスについての情報を保護者にお知らせできるよう、どのサービスへのアクセスを生徒に許可しているかを把握しておいてください。

2. 必要に応じて保護者の同意を得る

学校では、生徒にアクセスを許可している Google サービスについて、保護者の同意が必要となる場合があります。Google では米国の学校向けに、保護者の同意を得るうえでお役立ていただけるテンプレートをご用意しました。このテンプレートは、連絡先情報や有効にしているサービスの情報を記入し、下記の保護者向けのリソースと併せて保護者に配布するなど、各学校の判断のもとにご利用ください。

  • 追加サービスは未成年者の利用に関する同意が必要: G Suite for Education では、「G Suite for Education 契約」(第 2 条第 5 項)において、18 歳未満の生徒に使用を許可する追加サービスについて、学校が保護者の同意を得ることを義務付けています。
  • コアサービスについても同意を得ることを推奨: 有効にするコアサービスについても保護者の同意を得ることをおすすめします。保護者の同意を求めない場合は、G Suite for Education サービスに申し込み、使用することで、学校が保護者に代わってコアサービスについて同意したことになります。

保護者向けのリソース

保護者の同意を得るにあたり、お知らせ用テンプレートを配布するとともに、以下のリソースを保護者と共有することをおすすめします。

国や地域によって適用される法規制やそれに対する取り組み方は異なるため、各学校に適用される法律の遵守について Google が助言することはできかねます。各学校で、その地域に適用される法律に準拠した形で、保護者の同意を得るようにしてください。
 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。