G Suite for Education のコアサービスと追加サービス

G Suite for Education でご利用いただける Google サービスは、次の 2 つに分類されます。

  1. G Suite のコアサービス(Gmail、カレンダー、Classroom など)。Google が学校向けに提供している教育サービスの中核を成すものです。
  2. 追加サービス(YouTube、マップ、Blogger など)。一般ユーザーを対象としたサービスですが、教育目的の使用を学校のドメイン管理者が許可している場合は、G Suite for Education アカウントでもご利用いただけます。

G Suite for Education 管理者は、ユーザーに使用を許可する Google サービスの種類を決定することができますが、未成年ユーザーによるそれらのサービスの使用について同意を取得、提供する必要があります。学校で適切な同意を得ていれば、G Suite for Education ユーザーは年齢に関わらず、許可されている追加サービス(YouTube、マップ、Blogger など)を使用することができます。

追加サービスに関する重要な変更

2016 年 4 月 22 日より前に作成された G Suite for Education の学校用アカウントでは、2017 年 8 月 1 日に追加サービスが無効になります。該当するアカウントをお持ちの場合、追加サービスを引き続きご利用になるには、8 月 1 日までにこれらのサービスに対するユーザー アクセスの手動管理を設定する必要があります。手動管理を設定しない場合、これらのサービスは自動的に無効になります。

すでにお送りしているメールから承認ページにアクセスできますので、そこからドメインで有効になっている追加サービスを確認し、下記のいずれかのオプションを選択してください。

  • サービスを自分で管理する

    このオプションを選択すると、2017 年 8 月 1 日に、いずれの追加サービスも無効になりません。

  • すべてのユーザーに対して上で指定したサービスを無効にする

    このオプションを選択すると、ドメインのすべての追加サービスが即座に無効になります。ただし、変更が反映されるまでには、最長で 48 時間ほどかかることがあります。

  • すべてのユーザーに対して Google Play 以外の上記のサービスを無効にする

    このオプションを選択すると、Google Play を除くすべての追加サービスが即座に無効になります。ただし、変更が反映されるまでには、最長で 48 時間ほどかかることがあります。

上記の 3 つのオプションのいずれも選択されていないアカウントでは、2017 年 8 月 1 日をもって、ドメインでの追加サービスの使用が強制的に無効になります。

注:

  • オプションの選択を行うと承認ページがロックされ、編集できなくなります。なお、承認ページを表示して、選択したオプションを確認することは可能です。

  • 2017 年 8 月 1 日に追加サービスが強制的に無効になった場合も、これらのサービスの一部またはすべてを手動で再び有効にすることができます。Google からリリースされる新しいサービスについては、管理コンソールの [会社プロフィール] ページで [新製品] の設定をご確認ください。
  • Google Play が無効になっている場合でも、G Suite 管理者は管理対象の Chromebooks に Android アプリを送信することができます。詳細については、ユーザーに対して Google Play をオンまたはオフにするをご覧ください。

プライバシー

G Suite for Education のプライバシーに関するお知らせには、Google による G Suite for Education アカウント情報の収集、利用方法について記載されています。このお知らせにあるとおり、幼稚園から高等学校までの G Suite for Education ユーザーについては、ユーザーの個人情報(または Google アカウントに関連付けられているすべての情報)を Google が広告の表示目的で使用することはありません。

コアサービスは、学校と結ぶ G Suite for Education 契約データ処理の修正条項(後者は学校が同意している場合)に基づいて、教育目的で提供されます。

追加サービスのページに詳しく記載されているとおり、大部分の追加サービスには Google 利用規約プライバシー ポリシーが適用されます。また、一部の追加サービスには、サービス固有の利用規約も適用されます。コアサービスと追加サービスの違いについては、下記の表をご覧ください。

 

サービス Apps for Education のコアサービス 追加サービス
利用規約 G Suite for Education のプライバシーに関するお知らせ
G Suite for Education 契約データ処理の修正条項(後者は学校が同意している場合) Google 利用規約プライバシー ポリシーサービス固有の利用規約
データ使用 コアサービスで収集されたユーザーの個人情報は、Gmail、ドキュメント、スプレッドシート、スライドなどのコアサービスを提供する目的でのみ使用されます。 すべての追加サービスから収集された情報は、それらの追加サービスを提供、維持、保護、改善し、新しい追加サービスを開発するために使用されます。
広告 コアサービスでは広告は表示されません。また、コアサービスで収集されたお客様のデータは、コアサービスと追加サービスのどちらにおいても、広告目的で使用されることはありません。 追加サービスでは広告が表示されることがあります。ただし、幼稚園から高等学校までの G Suite for Education ユーザーについては、ユーザーの個人情報(あるいは Google アカウントに関連付けられているすべての情報)が広告の表示目的で使用されることはありません。
セキュリティ コアサービスは、G Suite のセキュリティ監査および証明書(ISO 27001、SOC 2、SOC 3)の対象です。 いずれの追加サービスも、情報セキュリティに関する Google の高い基準を満たしています。
共有の制限 コアサービスのお客様データを第三者と共有することはありません。ただし、共有の同意を得た場合、法律によって共有するよう求められた場合など、プライバシー ポリシーで規定されているいくつかの例外的な状況を除きます。また、Apps 契約の機密性に関する条項では、コアサービス内のお客様データの第三者への共有に制限を課しています。 個人情報が第三者と共有されることはありません。ただし、お客様から同意を得た場合や法的要請のあった場合など、プライバシー ポリシーで規定されている例外的な状況を除きます。

 

Google 管理コンソールに新しいサービスが追加されたら、すぐにユーザー向けに有効にすることも、最初は無効にしておいて、有効にするタイミングを管理者が決定することもできます。詳細

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。