ドメインの所有権をウェブサイト経由で証明する

ドメインの所有権証明は、ドメインのウェブサイトにメタタグを追加するか、HTML ファイルをアップロードすることで行えます。サイトで SSL または TLS 証明書を使用している場合、この方法でドメインの所有権を証明するには HTTP から HTTPS へのリダイレクトを含める必要があります。

サイトを編集できない、または HTTP リクエストをリダイレクトしない場合は、通常、ドメインの購入元で所有権を証明することができます。詳しくは、ドメイン所有権の確認手順をご覧ください。

注: G Suite のお申し込みにあわせてドメインをご購入いただいた場合、証明を行う必要はありません。

ヒント: この記事の手順を展開して印刷しておくと、所有権を証明する際に参照できるので便利です。

所有権の証明が必要な理由

ドメインの所有権の証明が完了すると、Google Workspace、Essentials、Cloud Identity といった Google のサービスをご利用いただけるようになります。Google Workspace のライセンスをお持ちの場合、Gmail や Google ドライブのほか、アカウントに含まれるその他すべてのサービスをご利用いただけます。

証明方法を HTML ファイルとメタタグから選択する

ご利用のウェブホストに応じて確認方法を選択します。ドメインのウェブホストに HTML ファイルをアップロードできる場合は、HTML ファイルで確認します。ドメインのウェブホストに HTML ファイルをアップロードできない場合は、メタタグで確認します。

詳しい情報やサポートについては、ご利用のウェブホストまでお問い合わせください。

ウェブホスト おすすめの確認方法
BigCommerce メタタグ
Blogger メタタグ
Bluehost HTML ファイル
FatCow HTML ファイル
GoDaddy HTML ファイル
Goodsie メタタグ
HostGator HTML ファイル
HostMetro HTML ファイル
iPage HTML ファイル
InMotion Hosting G Suite の設定オプションを利用
PrestaShop メタタグ
SiteGround HTML ファイル
Storenvy メタタグ
Shopify HTML ファイル
Squarespace メタタグ
Tumblr メタタグか HTML ファイル
Web.com メタタグ
Weebly メタタグ
Wix メタタグ
Wordpress.com メタタグ
Zenfolio メタタグ

 

メタタグによる証明

G Suite では、ウェブサイトのホームページの <head> セクションに貼り付けるメタタグ(認証コードを含む)を利用できます。メタタグはウェブサイトにアクセスするユーザーには見えませんが、Google で存在を確認できます。

ご利用の前に

  • ご利用のウェブサイトにネイキッド ドメインでアクセスできる必要があります。ネイキッド ドメインとは、http://example.com のように URL に www が含まれていないドメインのことです。
  • ご利用のウェブサイトを一般公開し、内部ネットワーク以外(インターネットなど)からもアクセスできるようにする必要があります。
  • ウェブサイトで SSL または TLS を使用している場合は、HTTP から HTTPS へのリダイレクトを含める必要があります。
手順 1: 確認コードを入手する

すでに G Suite に申し込んでいて設定プロセスを完了していない場合は、中断したところから再開できます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

    Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールの上部にある [ここをクリック] をクリックして管理コンソールの設定を続行します。

    管理コンソールの上部にある [管理コンソールの設定: こちらで行います] オプションを赤で囲んで表示しています。

  3. [所有権を証明] をクリックします。

    ウィザードの最初のステップにある [確認] ボタンを赤で囲んで表示しています。

  4. [別の方法で所有権を証明する] をクリックし、[メタタグを追加する] をクリックします。

  5. [コピー] をクリックして、一意の証明レコードをコピーします。

手順 2: メタタグをドメインのホームページに追加する

ここでいうホームページとは、ユーザーがネイキッド ドメイン(http://example.com)にアクセスしたときに表示されるページです。

  1. ウェブサイトのホームページの HTML ファイルをテキスト エディタや HTML エディタで開きます。ウェブベースのエディタ(Squarespace、Wix、WordPress.com など)がウェブホストで使用されている場合は、そのエディタでホームページを開きます。
  2. 最初の <body> セクションの直前の <head> セクションにメタタグを貼り付けます。ウェブベースのエディタを使ってメタタグを追加する方法がわからない場合は、ご利用のウェブホストの技術サポートまでお問い合わせください。
  3. 変更をホームページに保存します。ファイルをオフラインで編集した場合は、ファイルをウェブサーバーにアップロードし、編集前のホームページ ファイルを上書きします。
手順 3: メタタグが追加されたことを確認する
  1. 新しいブラウザ ウィンドウを開いて、ウェブサイトのホームページにアクセスします。
  2. ホームページ上を右クリックして、ホームページの HTML ソースを表示するメニュー項目を選択します。メニュー項目は、[View page source](ページのソースを表示)、[View Source](ソースの表示)、[View HTML](HTML を表示)などの名前になっていることがあります。
  3. HTML ソースの <head> セクションに Google のメタタグがあることを確認します。
手順 4: 所有権の確認を Google に依頼する
  1. 管理コンソールの設定ツールに戻り、[所有権を証明] をクリックします。

    A red circle highlights the "Activate" option in the domain verification section.

  2. [続行] をクリックし、次のページの一番下までスクロールします。[ドメインの所有権を証明] をクリックします。

    A red circle highlights the Verify My Domain button on Step 5. Add your TXT Record page of the wizard

HTML ファイルによる証明

G Suite では、確認コードを含む HTML ファイルを利用できます。この HTML ファイルをウェブサーバーにアップロードすると、ファイルが存在するかどうかが Google で確認されます。ファイルをアップロードしてもウェブサイトには影響しません。

ご利用の前に

  • この HTML ファイルにネイキッド ドメインでアクセスできる必要があります。ネイキッド ドメインとは、http://example.com/[ファイル名].html のように URL に www が含まれていないドメインのことです。
  • この HTML ファイルを一般公開し、内部ネットワーク以外(インターネットなど)からもアクセスできるようにする必要があります。
  • ウェブサイトで SSL または TLS を使用している場合は、HTTP から HTTPS へのリダイレクトを含める必要があります。
手順 1: 確認コードを入手する

すでに G Suite に申し込んでいて設定プロセスを完了していない場合は、中断したところから再開できます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

    Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールの上部にある [ここをクリック] をクリックして管理コンソールの設定を続行します。

    管理コンソールの上部にある [管理コンソールの設定: こちらで行います] オプションを赤で囲んで表示しています。

  3. [所有権を証明] をクリックします。

    ウィザードの最初のステップにある [確認] ボタンを赤で囲んで表示しています。

  4. [別の方法で所有権を証明する] をクリックし、[メタタグを追加する] をクリックします。
  5. [コピー] をクリックして、一意の証明レコードをコピーします。

手順 2: HTML ファイルをアップロードする

ウェブサーバーへのファイルのアップロード方法がわからない場合は、ウェブホストの技術サポートかお客様のウェブマスターまでお問い合わせください。

  1. 表示される手順で [ダウンロード] をクリックして HTML 確認ファイルをダウンロードします。ファイル名は「google4ddabfacdb4f6795.html」のような形式になります。

    注: この HTML ファイル名を変更しないでください。変更すると Google から認識できなくなります。
  2. HTML ファイルをドメインのウェブサーバーのルートフォルダ(最上位フォルダ)にアップロードします。ルートフォルダ名はホスティング プロバイダによって異なります。通常は、public_htmlwwwwwwroot などのフォルダ名が使われます。

    注: この HTML ファイルをサブフォルダにアップロードしないでください。http://example.com/[ファイル名].html でファイルにアクセスできる必要があります。
手順 3: アップロードしたファイルを確認する
  1. 新しいブラウザ ウィンドウを開きます。
  2. アップロードしたファイルのアドレスにアクセスします(例: http://example.com/[ファイル名].html)。

    必ずアドレスの先頭は http://(https ではありません)で、実際のドメイン名と HTML ファイル名をお使いください。

ファイルが正常にアップロードされている場合、ブラウザの HTML ファイルの google-site-verification: の後ろにコードが表示されます。

手順 4: 所有権の確認を Google に依頼する
  1. 管理コンソールの設定ツールに戻り、[所有権を証明] をクリックします。

    A red circle highlights the "Activate" option in the domain verification section.

  2. [続行] をクリックし、次のページの一番下までスクロールします。[ドメインの所有権を証明] をクリックします。

    A red circle highlights the Verify My Domain button on Step 5. Add your TXT Record page of the wizard

ドメイン所有権の証明に関するサポートを受ける

ドメインの所有権証明についてサポートが必要な場合は、Google サポートまでお問い合わせください。

次の手順

ドメインの所有権証明が完了したら、メールの MX レコードの設定を行います。また、G Suite アカウントを使って Google ドキュメント、ドライブ、その他のサービスをご利用いただくこともできます。

: ドメインの所有者確認が完了すれば、使用したメタタグや HTML ファイルを削除できます。これらを残しておいてもウェブサイトには影響しません。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。