コマンドラインを使用した同期の実行

Google Cloud Directory Sync

Google Cloud Directory Sync(GCDS)では、コマンドラインから sync-cmd コマンドを使用して同期を実行します。

コマンドラインから同期を実行するタイミング

設定または設定変更を行うときは、最初に設定マネージャーから手動による同期を実行する必要があります。この操作により、データが適切に同期され、正しい状態にあることを確認することができます。

設定変更が完了したら、コマンドラインを使用して同期プロセスを自動化できます。任意のスケジュール設定または必要なバッチ スクリプトに同期を組み込むことができます。サードパーティ製ツールを使用して自動同期のスケジュールを設定することもできます。

コマンドラインを使用する

sync-cmd コマンドを使用して同期を実行します。GCDS のインストール ディレクトリから、コマンドを 1 行で入力して実行します。

以下に示すコマンド引数を使用して、次のような一連のアクションを実行できます。

  • 検出されたすべての変更を適用する。
  • 指定したファイルを読み込む。
  • ロギングの詳細レベルを設定する。

ヒント: 使用できるコマンド引数に関する情報を表示するには、sync-cmd -h コマンドを実行します。

コマンドの引数と例

sync-cmd コマンドの引数
引数 説明
-a、--apply

検出されたすべての変更を適用します。

: この引数を使用しない場合、同期はテストとしてのみ実行され、Google ドメインに変更は加えられません。最適な結果を得るには、この引数を使用せずにテスト同期を実行してから、この引数を使用して完全な同期を実行します。

-c、--config ファイル名

読み込む XML 構成ファイルを指定します。

重要: この引数で有効な XML ファイルを指定しなければ、同期は実行されません。

-cs、--customschemas

カスタム スキーマを分析しません。

この引数は、ユーザーのカスタム スキーマデータを同期しない場合に使用します。

-d、--deletelimits 設定されている削除制限を無視します。
-f、--flush

同期を実行する前に、Google アカウントのデータのキャッシュを消去します。

重要: 適切に使用しないと、パフォーマンスの低下を招くことがあります。この引数は、Google Cloud サポートから指示されない限り使用しないでください。

-g、--groups

グループを分析しません。

この引数は、ユーザーを同期し、グループは同期しない場合に使用します。

-h、--help ヘルプ情報を表示した後、終了します。
-l、--loglevel

デフォルトのログレベルまたは設定されているログレベルを、指定した値でオーバーライドします。有効な値は、ログレベルが高い(情報量が少ない)ものから順に FATAL、ERROR、WARN、INFO、DEBUG、TRACE です。

通常、推奨されるログレベルは INFO です。

-lic、--license

ライセンスを分析しません。

この引数は、ユーザーのライセンス データを同期しない場合に使用します。

-o、--oneinstance

すべての同期の実行を、XML 構成ファイル 1 つにつき 1 インスタンスに制限します。これにより、複数のインスタンスが(スケジューラや cron ジョブなどを介して)誤って実行されることを防止できます。

重要: -a を指定した場合のみ有効です。

-ou、--orgunit 組織部門を分析しません。
-r、--report-out レポートをログに書き込むほか、指定した出力ファイルに書き込みます。
-s、--sharedcontacts 共有の連絡先を分析しません。
-u、--users

ユーザーを分析しません。

この引数は、グループを同期し、ユーザーは同期しない場合に使用します。

-v アプリケーションの簡単なバージョン情報を表示します。
-V アプリケーションの詳細なバージョン情報を表示します。ただし、同期は行いません。

例 1: XML 構成ファイル(C:\Users\user\gds-config.xml)を使用して、同期のシミュレーションを実行します。

sync-cmd -c C:\Users\user\gds-config.xml

例 2: XML 構成ファイル(C:\Users\user\gds-config.xml)を使用して、変更の適用を含む完全な同期を実行します。

sync-cmd -a -c C:\Users\user\gds-config.xml

次のステップ

すべての同期を監視するために、通知メッセージを定期的に確認する必要があります。詳しくは、通知を設定するをご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。