Amazon Web Services: Google Workspace で Gmail を有効にする

会社のメールの配信先をインターネット上で通知します

この操作が必要な理由

sales@[会社名].com 宛てのメールが送信される際、送信元のパソコンはメールの配信先を特定するために @[会社名].comMX レコードを検索します。

会社の Google Workspace アカウントで Gmail を使用するには、受信メールが Google のメールサーバーに配信されるようにドメインの MX レコードを変更する必要があります。

仕組み

ドメイン([会社名].com など)には必ず各種 DNS レコードが設定されており、インターネット上で誰でも確認できます。DNS レコードにより、ウェブサイトの検索方法や会社のメールの配信先を他のコンピュータに知らせることができます。

  • Google Workspace 設定ツールから新しい MX レコードを取得します。
  • ドメイン登録事業者にログインして、現在のメール プロバイダにメールをルーティングしている ドメインの既存の MX レコードを削除し、Google MX レコードを追加します。
  • ドメイン登録事業者によって Google MX レコードが公開されると、ドメインで Gmail が有効になります。

Google が MX レコードを変更することはできません。この操作を行えるのはドメインの所有者のみです。

始める前に

簡単な作業ではありませんが、詳しくご説明しますのでご安心ください。

DNS レコードは、インターネットの普及当初から存在しています。ドメインごとに手順の異なる手間のかかる作業です。Google では作業の簡略化を図っておりますが、場合によってはスムーズに進まないことも考えられます。

この記事で手順を詳しく説明いたしますので、よくお読みください。

Gmail を有効にする準備

  • 会社の既存のメールアドレスはすべて Google Workspace アカウントに関連付ける必要があります。設定ツールを使用して、その他のメール アカウントを追加します。
  • この変更を行う際はタイミングを確認してください。新しい MX レコードがインターネット上で認識されるまでに最長で 48 時間ほどかかることがあります。それまでは、元のメール プロバイダにメールが送信されます。  

AWS へのログインが必要

操作を開始する前に、Amazon Web Services へのログインに必要なアカウント ID とパスワードがあることを確認します。このアカウントにログインできない場合は、AWS コンソールのパスワードを再設定する方法をご確認ください。

Google Workspace 設定ツールを開く

このタスクを完了するには、Google Workspace 設定ツールを使用する必要があります。別のタブで設定ツールをまだ開いていない場合は、下のボタンをクリックして開いてください。

設定ツールを開く

重要: 設定ツールの手順で操作し、追加情報が必要な場合にのみこのページを確認してください。

サポートが必要な場合

青色のボタンをクリックするとエラーが表示される場合

設定ツールを利用できるのは Google Workspace と Cloud Identity の管理者のみです。他の Google サービスでは使用できません。

管理者アカウントでログインしていることを確認してください。

ドメインで Gmail が有効になっている場合

MX レコードの設定は完了しています。

メールを受信できない場合:

次の手順がわからない場合

前述の青色のボタンをクリックすると、次のようなページが表示されます。
次の条件を満たしていることを確認してください。
  • 会社で現在使用しているすべてのメールアドレスを作成済み。Gmail を有効にすると、Google Workspace に存在しないアドレスでのメール受信は停止されます。
  • 組織で移行の準備が完了している。以後 48 時間は引き続き以前のメール アカウントにメールが届く可能性があります。この時間は、新しい MX レコードがインターネット上で認識されるようになるまでにかかる時間です。

両方のチェックボックスをオンにしたら、[続行] をクリックします。

Gmail を有効にする方法


1

DNS レコードを確認する


(a)
AWS で Route 53 ダッシュボードにログインします。
(b)
[DNS management] で [Hosted zone] をクリックします。

Hosted zones option is selected

(c)
設定するドメインをクリックします。

AWS hosted zone is shown with a domain highlighted

サポートが必要な場合

AWS アカウントにログインできない場合は、AWS パスワードを再設定できます。

Route 53 ダッシュボードで問題が発生した場合は、AWS のサポートにお問い合わせください。

2

Google MX レコードを追加する


(a)
DNS レコードのリストを確認します。既存の MX レコードが表示されている場合は、それらをすべて削除します。

MX records are selected for deletion.

(b)
[Create record] ボタンをクリックし、フォームに必要事項を記入します。

The create record dialog is displayed with the appropriate fields highlighted

  • [Record type] で [MX] を選択します。
  • 5 つの Google MX レコードそれぞれの優先度と値を Workspace 設定ツールから [Value] 欄に貼り付けます。
  • [1h] をクリックして [TTL] を 3,600 秒に設定します。

他の設定は変更しないでください。

サポートが必要な場合

Google MX レコードの取得場所

別のタブで Google Workspace 設定ツールを開いておきます。閉じてしまった場合はもう一度ツールを開きます

AWS から転送ポリシーの選択を求められる場合

[Switch to quick create] をクリックすれば、DNS レコードをより簡単に作成できます。
(c)
[Create records] をクリックします。

Google MX レコードが保存され、インターネット上の他のコンピュータでもすぐに認識できるようになります。

Google Workspace に Gmail の有効化を指示する


(a)
Google Workspace 設定ツールを開いているブラウザタブに戻ります(閉じてしまった場合はもう一度ツールを開きます)。
(b)
ページの一番下までスクロールし、[Gmail を有効にする] をクリックします。

重要: 登録事業者によっては、MX レコードの公開にさらに時間がかかる場合があります。Google Workspace 設定ツールで新しいレコードが見つからない場合は、1 時間ほど待ってからもう一度お試しください。

DNS 設定についてサポートが必要な場合は、登録事業者にお問い合わせください。ドメイン管理の専門家によるサポートを受けられます。


すぐに有効にならない場合

登録事業者によっては、メール プロバイダの変更がインターネット上に反映されるまでに通常より時間がかかる場合があります。

  • Google Workspace で新しい MX レコードが見つからない場合は、数時間後にもう一度 [Gmail を有効にする] ボタンをクリックしてください。
  • Gmail の有効化が反映されるまでに最長で 48 時間ほどかかることがあります。新しい MX レコードがインターネット上で認識されるようになるまでは、元のメール クライアントにメールが届きます。

なお、Google Workspace でお客様の MX レコードを管理することはできません。MX レコードについてサポートが必要な場合は、Google Domains にお問い合わせください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。