他のユーザーをビデオハングアウトに招待する

この記事の内容は、G Suite ユーザーのみを対象としています(メールアドレスの末尾が @gmail.com の場合は、G Suite のユーザーではないと考えられます)。ハングアウトでビデオハングアウトを開始する方法の説明も併せてご覧ください。

ハングアウトでは、ビデオハングアウトの内容を部外秘とするために参加者を組織内のユーザーに限定することができます。逆に、必要に応じてビデオハングアウトに外部のゲストを参加させることもでき、その場合は招待状を送るかリンクを共有します。

外部ゲストは、Google アカウント* がなくてもミーティングの URL を使用して参加できます(そのように設定されている場合)。アカウントを持たないゲストもビデオハングアウトに参加して発言できますが、その他の機能(たとえばテキスト チャットやハングアウト アプリ)は使用できません。

* Google アカウントを持つ外部ゲストは、パソコン、モバイル端末、Chromebox for meetings デバイスからハングアウトに参加できます。モバイル端末でハングアウトを設定するには Google アカウントが必要です。

ゲストを招待する方法
招待方法 説明
参加者を内部ユーザーに限定する

ビデオハングアウトの参加者を組織内のユーザーに限定するには、Google カレンダーでミーティングの予定を作成して内部のユーザーを追加します。外部ユーザーは追加しないでください。

ミーティング開始後にゲストを追加するには、[ユーザーを招待] をクリックして内部のユーザーを招待します。

内部または外部の特定ユーザーを招待する

特定のゲストを Google カレンダーを使用して招待するか、ミーティング開始後に追加します。

組織外の特定のユーザーをメール アカウントを使用して招待する場合:

  • そのユーザーがログイン済みの場合は、招待状に記載されているものと同じメールアドレスで参加する必要があります。
  • 外部ユーザー* は、別のアカウントで参加する場合や Google アカウントを持っていない場合にミーティングへの参加をリクエストできます。ミーティングに参加すると、そのユーザーの名前とプロフィール画像が表示されます。
  • 詳しくは、外部ゲストのハングアウトへのログイン方法に関するページをご覧ください。
リンクを使用して誰でも* 参加できるようにする

URL リンクを使用して誰でも参加できるように設定することもできます。リンクをクリックするかブラウザに入力し、アクセス権をリクエストするリンクをクリックすると、名前を入力する画面が表示されます。Google アカウントを持っていなくてもかまいません。*

注: 招待を受けていない外部のゲストがミーティングのリンクを使用して参加しようとしたときは、許可するか拒否するかを組織内のユーザーが決定する必要があります。

* Google アカウントを持っている外部ゲストであれば、パソコン、モバイル端末、Chromebox for meetings デバイスから参加できます。モバイル端末でハングアウトを設定するには Google アカウントが必要です。
ビデオハングアウトに参加できるユーザー

ビデオハングアウト ウィンドウ右上のミーティング名の横に、ユーザーの参加にどのような制限があるかを示すアイコンが表示されます。

アイコン 説明

内部ゲストのみ

Internal guests only

このアイコンが表示されているときは 

  • 組織外のユーザーは誰もこのビデオハングアウトに招待されていません。
  • 組織外のユーザーは誰もこのビデオハングアウトに参加できません。
  • Invite people または [ユーザーを招待] をクリックすると外部ゲストの参加を許可することができます。

注:

Chromebox for meetings の「通話」機能が有効のときは、組織外のユーザーが電話で参加している場合でも内部ゲストのみのアイコンが表示されることがあります。

リンクを使用して参加

リンクを使用して参加

このアイコンが表示されているときは 

  • 組織外のユーザーがこのビデオハングアウトに招待されました。
  • 組織外のユーザーが Google カレンダーでこのビデオハングアウトの予定に招待されました。
  • このビデオハングアウトはミーティングのリンクを使用して共有されました。
  • 組織外のユーザーは、ミーティングのリンクを知っていれば参加をリクエストできます。

ご注意いただきたい点

  • 組織外のユーザーがリンクを使用して参加しようとしたときは、組織内のユーザーは誰でも参加を許可または拒否できます(モバイル端末を使用している場合を除きます)。
  • 招待されていないゲストが参加をリクエストする場合は、最大 10 分間待つことになります。その間に組織内の参加者が、そのゲストの参加を許可するかどうかを決定します。
  • 招待を受けたユーザーは、承認手続きなしでミーティングに参加できます。
    外部からの参加者の接続が切断された場合は、もう一度アクセスをリクエストしなくても再接続できます。
  • G Suite 管理者は、外部ゲストがミーティングのリンクを使用して参加をリクエストすることをデフォルトで許可することもできます。
  • 組織内の参加者であれば誰でも他の参加者を退出させることができます。 退出させられた参加者は、再び招待されない限り再度参加できません。

外部ユーザーを招待

Invited guests only

このアイコンが表示されているときは 

  • 組織外のユーザーがこのビデオハングアウトに招待されました。
  • 組織外のユーザーが Google カレンダーでこのビデオハングアウトの予定に招待されました。
  • 組織内のユーザーは誰でもミーティングに参加できます。
  • 招待されていないゲストがミーティングの URL を使用して参加することはできません。
  • 外部ユーザーは、Gmail などの Google アカウントにログインしている必要があります。参加するときのメールアドレスは、招待状に記載されたものと同じであることが必要です(別のアカウントからは参加できません)。
組織内のユーザーをハングアウトに招待する

ハングアウトの参加者が組織内のユーザーに限定されていることを確認するには、ビデオハングアウト ウィンドウの右上に内部ゲストのみのアイコン Internal guests only があるかどうかをご確認ください。

新しいビデオハングアウトを開始する

  1. パソコンから hangouts.google.comGmail にアクセスしてハングアウトを開きます。
  2. グループ内の各メンバーの名前を入力し、名前の前にあるチェックボックスをオンにします。
  3. ビデオカメラ アイコン をクリックします。

既存のビデオハングアウトに招待する

  1. ビデオハングアウト ウィンドウの上部にあるユーザーを招待アイコン Invite people をクリックします。
  2. 他のユーザーの名前かメールアドレスを入力します。
  3. [招待] をクリックします。

Google カレンダーでビデオハングアウトの予定を作成する

カレンダーの予定を作成し、名前付きビデオハングアウトを追加すると、参加者全員が顔を合わせる日時をあらかじめ設定することができます。カレンダーの予定には、組織内のユーザーだけを招待します。

組織外のユーザーをハングアウトに招待する

Google カレンダーでビデオハングアウトの予定を作成する

カレンダーの予定を作成し、名前付きビデオハングアウトを追加すると、参加者全員が顔を合わせる日時をあらかじめ設定することができます。組織の内部か外部かにかかわらず、誰でもカレンダーの予定に招待できます。

組織外のユーザーはミーティングのリンクを他のユーザーに転送でき、受け取ったユーザーはそのリンクを使用してアクセスをリクエストできます。招待されていないユーザーがミーティングのリンクを使用して参加しようとした場合は、主催者か組織内の誰かが [許可] または [拒否] をクリックします。リンクを使用して参加する外部ゲストは、Google アカウント* を持っていなくてもかまいません。そのようなゲストもビデオハングアウトに参加して発言できますが、その他の機能(たとえばテキスト チャットやハングアウト アプリ)は使用できません。

注: Google カレンダーを使用している場合は、カレンダーの予定の [ハングアウト] 欄にビデオハングアウトへのリンクが表示されます。招待されたユーザーが Google カレンダーを使用していない場合、ビデオハングアウトへのリンクは予定の説明の中に表示されます。

ヒント: 招待していないゲストからのアクセス リクエストをミーティング開始後は受けないようにするには、リンクを使用して参加アイコン リンクを使用して参加 > [変更] > [[組織名] 内のユーザーと招待されたユーザー] をクリックします。

既存のビデオハングアウトに招待する

  1. ビデオハングアウト ウィンドウの右上にある、内部ゲストのみのアイコン Internal guests only をクリックします。
  2. [変更] をクリックします。
  3. 「[組織名] 外のユーザーを許可しますか?」の下の [許可] をクリックします。ミーティングは「リンクを使用して参加」リンクを使用して参加 に変更されます。
  4. (省略可)招待されたユーザーのみが参加可能で、リンクからは誰も参加できないようにするには、[変更] > [[組織名] 内のユーザーと招待されたユーザー] をクリックします。ミーティングは「招待された外部ユーザー」Invited guests only に変更されます。[招待状を送信] 欄に、相手の名前またはメールアドレスを入力します。
  5. [閉じる] をクリックします。

注: 組織外のユーザーもビデオハングアウトに参加できるように設定すると、そのミーティングを組織内限定に戻すことはできなくなります。新たにビデオハングアウトを開始する必要があります。

* Google アカウントを持っている外部ゲストであれば、パソコン、モバイル端末、Chromebox for meetings デバイスから参加できます。モバイル端末でハングアウトを設定するには Google アカウントが必要です。

電話による参加者をビデオハングアウトに招待する

携帯電話や固定電話番号に電話をかけることによってビデオハングアウトにユーザーを招待することができます。招待されたユーザーはカメラがなくても会話に参加できます。

  1. ビデオハングアウトを開始します。
  2. Invite people をクリックします。
  3. [電話番号を追加] をクリックします。
  4. 利用規約に同意します(表示された場合)。
  5. 電話番号を入力し、[通話] をクリックします。
  6. 相手が電話に出ると、そのユーザーがビデオハングアウトに追加されます。
[電話番号を追加] オプションが表示されない場合は、主催者の国でこの機能がまだサポートされていないか、組織の G Suite 管理者が Google Voice を有効化していないことが考えられます。
外部ゲストが URL からアクセスできるかどうかを切り替える

招待されていないゲストがビデオハングアウトにアクセスできるかどうかをミーティング開始後に変更するには、次のようにします。

  1. ビデオハングアウトの画面のユーザーを招待アイコン Invite people を選択します。
  2. [変更] を選択してから、次のオプションのいずれかを選択します。
    • リンクを使用して参加 リンクを知っている全員
    • Invited guests only 組織内のユーザーと招待されたユーザー
  3. [閉じる] を選択します。

注: 組織外のユーザーもビデオハングアウトに参加できるように設定すると、そのミーティングを組織内限定に戻すことはできなくなります。新たにビデオハングアウトを開始する必要があります。

Chromebox for meetings を使ってゲストを招待する

Chromebox for meetings のビデオハングアウトは、本質的にはモニター機器を使用して行うハングアウトです。

Chromebox for meetings のビデオハングアウトの予定を作成してゲストを追加する方法は、ゲストをハングアウトに招待する場合と同じです。ゲストがビデオハングアウトに参加するときは、他のビデオハングアウトと同様に Chromebox、パソコン、モバイル端末を使用できます。

組織の外部のビデオハングアウトに参加する

Chromebox for meetings を使用して、組織の外部からビデオハングアウトに参加することもできます。

ノートパソコンからプレゼンテーションを行う

会議室にいるゲストが自分のノートパソコンからプレゼンテーションを行うには、ウェブブラウザに「g.co/present/[ドメイン名]/[ミーティング名]」を入力します。
例: g.co/present/solarmora.com/meeting1

詳細

関連リンク

ビデオハングアウトに参加する

組織内のビデオハングアウトに参加する

  1. パソコンで g.co/hangouts にアクセスします。
  2. 「ハングアウト名を入力してください」と表示されたテキスト欄に、ビデオハングアウトの名前を入力します。
  3. 続行アイコン をクリックします。


組織外のビデオハングアウトに参加する

  1. パソコンで g.co/hangouts にアクセスします。
  2. 「ハングアウト名を入力してください」と表示されたテキスト欄に、主催組織のドメインとビデオハングアウトの名前を domain-name.com/meeting-name の形式で入力します。例: solarmora.com/meeting1
  3. 続行アイコン をクリックします。
  4. ビデオハングアウトに参加できるのは、主催者がミーティングを「リンクを使用して参加」リンクを使用して参加 に設定した場合のみです。主催組織に属しているユーザーは誰でも、組織外のユーザーのアクセスを許可または拒否できます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。