G Suite のドメイン所有権の証明

G Suite を使用するには、まずドメインの所有権を証明する必要があります。ドメインとは、ウェブアドレスの「www」の後に続き、「.com」や「.org」の前に表示される部分で、多くの場合は組織名です(例: [会社名].com、[学校名].org)。

ドメインの所有権の証明が必要な理由は、第三者が無断でそのドメインを Google サービスに利用(メール送信など)するのを防ぐためです。ドメインの所有権を証明したら、G Suite サービスの設定を開始できます。

重要:

  • G Suite のお申し込み時に Google パートナーからドメインを購入した場合、そのドメインの所有権の証明手続きはすでに完了しています。
  • Drive Enterprise エディションのドメインの所有権を証明する場合は、Drive Enterprise で使うドメインの所有権を証明するをご確認ください。

ドメインの所有権を証明する方法

ご利用のドメインホストでのドメイン所有権の証明手順をご参照ください。ドメインホストとは、ドメイン名を管理するインターネット サービスです(例: GoDaddy™、enom®、DreamHost®、1&1℠)。

この手順の中で、G Suite 設定ウィザードを開いてドメインの所有権を証明する手順を詳しく説明しています。

ご利用のドメインホストでの所有権証明手順を見る

ドメインホストがわからない場合ドメインホストを特定する方法や、ご利用のホストがリストに記載されていない場合の一般的な手順も見ることができます。いずれの場合もドメイン所有権の証明は可能です。

ご利用のホストの手順が見つからない場合 - 後述の G Suite 設定ウィザードを開いてドメインの所有権を証明する手順を行ってください。

Google 経由でドメインを購入した場合 - ドメイン所有権の証明は完了しており、何も行う必要はありません。

ドメインの所有権証明について

ドメイン所有権証明の流れ
  • 証明手続きには設定ウィザードを使用します。
  • G Suite にお申し込みいただくと、証明レコードが提供されます。
  • ドメインの所有権を証明するには、ご利用のドメインホスト(GoDaddy™ や Enom® など、通常はドメイン名の購入先)にログインする必要があります。次に、このレコードをドメインの DNS レコードまたは DNS 設定に追加します。
  • 証明レコードを追加したら、Google 管理コンソールから Google にこのレコードを検出するよう通知します。レコードが Google で検出されるとドメインの所有権証明が完了し、サービスをご利用いただけるようになります。
ドメインの所有権証明に必要なもの

Google でドメインの所有権を証明するには、次の情報が必要です。

  • ドメインホストのログイン情報 - 通常、ほとんどのドメインホストのログイン画面でパスワードを再設定できます。
    ドメインの購入先がわからない場合は、ドメインホストの特定をご確認ください。
  • Google の証明レコードまたはファイル - G Suite のお申し込み時に、使用する証明レコードの種類を設定ウィザードで選択できます。
    ドメインホストでドメインの DNS 設定にアクセスできる場合は、TXT、CNAME、または MX レコードをコピーして貼り付けます。メタタグや HTML ファイルをウェブサイトにアップロードすることもできます。ご利用のドメインホストでどのレコードを使用するのが適しているかを証明するには、ホストごとの手順をご確認ください。
  • ドメインの DNS 設定またはウェブサイトへのアクセス - ドメインの DNS 設定に TXT、CNAME、または MX レコードを追加する必要があります。または、ウェブサイトのファイルにメタタグや HTML ファイルを追加します。
    証明レコードを追加しても、ウェブサイトとメールに影響が生じることはありません。
  • (省略可)G Suite の新しいユーザー名とパスワード - 設定ウィザードをすでに閉じている場合でも、証明レコードを検出するよう管理コンソールから Google に通知できます。
所有権証明に関してサポートを受ける

ドメインの所有権証明でご不明な点がある場合は、サポートにお問い合わせください。G Suite(有償版)をご利用のお客様に、個々のニーズにあったサポートを提供いたします。Google Cloud サポートは、シルバー、ゴールド、プラチナのいずれかのサポートレベルのお客様にご利用いただけます。

よくある質問

ドメインホストを特定する方法はありますか?

ドメインの購入先がご不明な場合は、ドメインホストの特定をご覧ください。

ドメインの所有権証明ステータスはどのように調べますか?
プライマリ ドメインの所有権の証明が完了していない場合は、管理コンソールのダッシュボード上部に [管理コンソールの設定] が表示され、証明手順が示されます。

セカンダリ ドメインの所有権証明が済んでいるかどうかを調べる手順は次のとおりです。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[ドメイン次に [ドメインの管理] にアクセスします。

    [ドメインの管理] がホームページに表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

    • ドメイン情報が表示される場合、ドメインの所有権証明は完了しています。
    • ドメイン名の横の [ステータス] 列に [ドメインを有効化] が表示されている場合は、リンクをクリックして証明の手順を実施します。
ドメインの所有権証明はいつ行うべきですか?
  • G Suite サービスをご利用いただけるよう、ドメインまたはセカンダリ ドメインの所有権証明はできるだけ早急に行ってください。なお、この証明手続きを行うことで、ご利用のメールやウェブサイトに影響が生じることはありません。
  • 無料試用の開始後 9 日以内にアカウントの所有権証明を行う必要があります。期限内に証明を行わなかった場合、G Suite アカウントは自動的にキャンセルされ、再度のお申し込みが必要になります。
所有権証明にはどれくらい時間がかかりますか?

G Suite の証明レコードの追加は 10 分ほどで完了しますが、証明レコードが有効になるまでの時間はドメインホストによって異なります。レコードが有効になった後、追加されたレコードの Google による証明に最長で 1 時間ほどかかる場合がありますが、通常はすぐに完了します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。