ZoneEdit: G Suite の MX レコードを設定する

重要: G Suite への申し込み時にドメインを購入した場合、Gmail を設定する必要はありません。すぐに利用を開始できます。Google 管理コンソールにログインしている場合、右上のアプリ ランチャー アプリ 次へ Gmail Gmail アイコン をクリックします。

MX レコードを変更して G Suite の使用を開始する

ご利用のドメインの所有権を確認し(まだ確認していない場合)、ドメイン([会社名].com)のビジネス用メールとして Gmail を設定する準備ができている方向けの記事です。

このためには、ドメインホストにログインして、ドメインのメールを G Suite のサーバーに配信する必要があります。転居したときに郵便局に転送届けを出して、郵便物が正しい住所に届くようにするのと似ています。手順を説明します。

始める前に

次の作業が完了している必要があります。
  • ドメインの所有権の確認が済んでいること。

    確認が済んでいない場合は、MX レコードを使って確認できます。方法については下記をご覧ください。

  • G Suite にチーム用のユーザー アカウントを作成済みであること。

    チームメンバーがすでにドメインのメールアドレスを使用している場合は、ドメインの MX レコード設定を変更する前に、ユーザー アカウントを G Suite に作成する必要があります。先に MX レコードの設定を変更すると、ユーザーは Gmail でビジネス用メールアドレスを使ったメッセージの送受信ができません。新規ユーザーのアカウントは後から作成できます。

下記の設定ウィザードが表示されている場合は、「G Suite の MX レコードを追加する」の手順 1 から開始してください。

Create new MX records for G Suite step

上記の設定ウィザードが表示されていない場合は、以下の手順に従って設定ウィザードを開いてください。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[ドメイン] にアクセスします。

    [ドメイン] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックして表示します。

  3. [ドメインの追加と削除] をクリックします。
  4. ドメインに対して [Google MX レコードを設定] をクリックします。

    Set up Google MX records link

  5. G Suite の MX レコードを追加する」の手順 1 を完了します。G Suite の MX レコードをすべて追加したら、[指定された手順を完了しました] をクリックして、ドメインの MX レコードの確認を Google に求めます。

設定を開始する

ここでは ZoneEdit ホスト型ドメインで MX レコードを更新する方法について説明します。ZoneEdit 以外のドメインホストをご利用の場合は、他のホストの手順をご覧ください。

設定ウィザードを起動する
  1. ドメインの所有権の確認が済み、管理コンソールにログインしたままの場合は、手順 2 へ進んでください。

    管理コンソールからログアウトしている場合は、admin.google.com で G Suite のメールアドレス(@gmail.com のアドレスではなく @yourcompany.com で終わるアドレス)とパスワードを入力してログインし直します。

  2. Google 管理コンソール(ダッシュボード)の上部にある [Gmail を設定] をクリックします。

    Set up Gmail button

    このウィザードが表示されなくても、管理コンソールから直接 MX レコードを設定できます。この場合は [ドメイン] をクリックし、ご利用のドメインの [Google MX レコードを設定] をクリックします。次に、プルダウン リストからご利用のドメインホストを選択し、MX レコードの設定手順を確認します(管理コンソールに [ドメイン] が表示されない場合は、[その他の設定] をクリックします)。

    Set up Google MX records link

  3. [メールを設定] をクリックして確認します。

    Set up email button

  4. G Suite 設定ウィザードに [ドメインホストのウェブサイトにログインします] の手順が表示されます。

    Log in to your domain host’s website

設定ウィザードの手順

1. ZoneEdit アカウントにログインする
  1. G Suite 設定ウィザードは開いたままにしておきます。
  2. 新しいブラウザ ウィンドウを開き、ZoneEdit のサイト(www.zoneedit.com)にアクセスします。

    Two browser windows are shown. Window 1 is for the domain host site, and window 2 is for the Google Setup Wizard.

    G Suite アイコン が表示されている手順は、G Suite 設定ウィザード内で完了させます。
  3. ZoneEdit のサイトで、ページの上部にある [Log in] をクリックします。

    Log In link

  4. ZoneEdit からドメイン ホスティングを購入した際に作成したアカウントのユーザー名パスワードを入力し、[login] をクリックします。

    アカウントのパスワードがわからない場合は、パスワードを再設定できます。

    Control Panel Login fields

  5. G Suite 設定ウィザードで、[ログインできました] チェックボックスをオンにします。

    I have successfully logged in

以下をクリックして次の手順をご覧ください。
2. ZoneEdit のドメイン設定にアクセスする
  1. ZoneEdit のサイトの [Domain Administration] ページで、G Suite 用に設定するドメインの [dns] をクリックします。この例では「td-zoneeditor.com」を使用します。実際には、ご利用のドメイン名が表示されます。

    DNS link

  2. [DNS Settings] で、[MX Handlers] をクリックします。

    MX Handlers link

  3. [edit] をクリックします。

    edit button

  4. G Suite 設定ウィザードで、[自分のドメインのコントロール パネルを開きました] チェックボックスをオンにします。

    I have opened the control panel for my domain checkbox

以下をクリックして次の手順をご覧ください。
3. MX レコードを削除する
  1. 既存のすべての MX レコードの横にあるチェックボックスをオンにして削除します(次の手順で新しいレコードを追加しますので削除して構いません)。

    Delete MX option

  2. [next] をクリックします。

  3. [confirm] をクリックします。

  4. [done] をクリックします。

  5. G Suite 設定ウィザードで、[既存の MX レコードを削除しました] チェックボックスをオンにします。

    I have deleted existing MX record checkbox

4. 新しい MX レコードを追加する

メールが G Suite アカウントに配信されるようにするには、新しい MX レコードをドメインに追加する必要があります。追加するレコードは次のとおりです。

MX サーバー アドレス 優先度
ASPMX.L.GOOGLE.COM. 1
ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 5
ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 5
ALT3.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 10
ALT4.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 10
: 上記は G Suite のメールサーバーの値です。故障が起きた場合やメンテナンスが必要な場合に備え、5 つのサーバーを追加します。
  1. ZoneEdit のサイトの [Domain Administration] ページで、G Suite 用に設定するドメインの [dns] をクリックします。

    DNS link

  2. [MX Handlers] をクリックします。

    MX Handlers link

  3. [edit] をクリックします。

    edit button

  4. [MAIL FOR ZONE] に「@」と入力します。
  5. [MAIL SERVER] に「ASPMX.L.GOOGLE.COM.」と入力します。
  6. [PREF] に「1」と入力します。
  7. [TTL] に「3600」と入力します。
  8. 手順 4~7 を繰り返して、上記の表にあるその後の 3 つのレコード(MX サーバー アドレス)を入力し、[PREF] の値をそれぞれ設定します。

    MX records added & the Next button.

  9. 別の方法(TXT レコード、HTML ファイル、メタタグなど)ですでに確認が済んでいる場合は、この手順をスキップしてください。

    ドメインを確認する必要がある場合:

    1. G Suite の設定ウィザードにある固有の MX 確認レコードを特定します。
    2. レコード全体(末尾は mx-verification.google.com)をコピーし、値、応答、参照先、ターゲットの列に貼り付けます。
    3. レコードの優先値がまたは 15 以上に設定されていることを確認します。

    MX records table with the verification record at the top.

  10. [next] をクリックします。
  11. レコードが正しいことを確認します。変更が必要な場合は、[back] をクリックします。レコードが正しい場合は、[confirm] をクリックします。

    review & confirm the new MX records.

  12. [done] をクリックします。
  13. G Suite 設定ウィザードで、[これらの値の MX レコードを作成しました] チェックボックスをオンにします。

    I created MX records with these values checkbox

以下をクリックして次の手順をご覧ください。 4. MX レコード設定を完了する
G Suite 設定ウィザードで、[MX レコードを保存しました] チェックボックスをオンにしてから [確認] をクリックします。

Verify button

これでご利用のドメインのビジネスメールが G Suite のメールサーバーに配信されるようになりました。

Gmail の使用を開始するには、admin.google.com から G Suite のユーザー名とパスワードでログインし、右上のアプリ ランチャー アイコン アプリ ランチャー > Gmail アイコン Gmail アイコン をクリックします。

: 変更が反映されるまで数時間かかることがあるため、すぐには Gmail で新着メールを受け取れない可能性があります。別のメールサービスを使用していた場合、変更が反映されるまでは引き続き以前のメール プロバイダにメールが届きます。

[MX レコードの設定を確認しています] のメッセージが [ドメイン] のページで数時間にわたって表示される場合は、MX レコードの値と優先順位がドメインホストで正しく入力されているかどうかを確認してください。

Gmail 向けに MX レコードを変更する際にサポートが必要な場合は、Google Cloud サポートにお問い合わせください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。