管理ログイベント

管理者が管理コンソールで行った操作を確認する

Google Workspace のエディションによっては、より高度な機能を備えたセキュリティ調査ツールを利用できる場合があります。たとえば、特権管理者がセキュリティとプライバシーに関する問題を特定し、優先順位を付けて対処することなどが可能になります。詳細

組織の管理者は、検索を実行し、管理ログイベントに関するセキュリティの問題に対処できます。たとえば、ユーザーの追加や Google Workspace サービスの有効化など、管理者が Google 管理コンソールで行った操作の記録を確認できます。

ログイベントのデータを Google Cloud に転送する

ログイベントのデータが Google Cloud と共有されるように設定できます。この共有を有効にした場合、データが Cloud Logging に転送され、そこからログに対してクエリを実行したり、ログを閲覧したり、ログのルーティングと保存を制御したりできます。

ログイベントの検索を実行する

検索を行えるかどうかは、ご利用の Google Workspace エディション、ご自身の管理者権限、データソースによって異なります。ユーザーに対する検索は、ユーザーが使用している Google Workspace のエディションに関係なく、全ユーザーを対象に行えます。

監査と調査のツール

ログイベントの検索を実行するには、まずデータソースを選択します。次に、検索のためのフィルタを 1 つ以上選択します。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン 次に [レポート]次に[監査と調査]次に[管理ログイベント] にアクセスします。
  3. [フィルタを追加] をクリックし、属性を選択します。
  4. ポップアップ ウィンドウで演算子を選択 次に 値を選択 次に [適用] をクリックします。
    (省略可)検索に対して複数のフィルタを作成するには:
    1. [フィルタを追加] をクリックして、手順 3 を繰り返します。
    2. (省略可)検索演算子を追加するには、[フィルタを追加] の上にある [AND] または [OR] を選択します。
    • (省略可)検索に複数のフィルタを作成するには、この手順を繰り返します。
    • (省略可)検索演算子を追加するには、[フィルタを追加] の上に表示される [AND] または [OR] を選択します。
  5. [検索] をクリックします。
  6. 注: [Filter] タブでは、シンプルなパラメータと値のペアを含めて、検索結果をフィルタリングできます。[条件作成ツール] タブを使用することもできます。このタブでは、フィルタは AND/OR 演算子を使って条件として表されます。

セキュリティ調査ツール

この機能に対応しているエディション: Frontline Standard、Enterprise Standard、Enterprise Plus、Education Standard、Education Plus、Enterprise Essentials Plus、Cloud Identity Premium。 エディションの比較

セキュリティ調査ツールで検索を実行するには、まずデータソースを選択します。次に、検索のための条件を 1 つ以上選択します。その後、検索条件ごとにそれぞれ属性、演算子、値を選択します。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン  次に  [セキュリティ] 次に [セキュリティ センター] 次に [調査ツール] にアクセスします。
  3. [データソース] をクリックし、[管理ログイベント] を選択します。
  4. [条件を追加] をクリックします。
    ヒント: 検索で 1 つ以上の条件を指定するか、ネストされたクエリで検索をカスタマイズできます。詳しくは、ネストされたクエリを使って検索をカスタマイズするをご覧ください。
  5. [属性] をクリック 次に オプションを選択します。
    属性の一覧については、以下の属性の説明をご覧ください。
  6. 演算子を選択します。
  7. 値を入力するか、プルダウン リストから値を選択します。
  8. (省略可)検索条件を追加するには、手順 4〜7 を繰り返します。
  9. [検索] をクリックします。
    調査ツールの検索結果は、ページ下部の表に示されます。
  10. (省略可)調査を保存するには、保存アイコン をクリック 次に タイトルと説明を入力 次に [保存] をクリックします。

注:

  • [条件作成ツール] タブでは、フィルタ条件を AND/OR 演算子で表します。[フィルタ] タブを使用して、シンプルなパラメータと値のペアを含め、検索結果をフィルタリングすることもできます。
  • ユーザーの名前を変更すると、以前の名前のクエリ結果が表示されなくなります。たとえば、名前を OldName@example.com から NewName@example.com に変更した場合、OldName@example.com に関連するイベントの結果は表示されません。

属性の説明

このデータソースでは、ログイベント データの検索時に次の属性を使用できます。

属性 説明
操作* 管理者がセキュリティ調査ツールまたはアクティビティ ルールを使用して行う操作。管理者が実行できる操作について詳しくは、検索結果に基づいて対応するをご確認ください。
アクター

操作を行ったユーザーのメールアドレスメールアドレスの代わりに、次の情報が表示される場合があります。

  • ライセンス マネージャ - 管理者の操作によってユーザーのライセンスが変更された場合
  • サービス アカウント - サービス アカウント管理者によって操作が行われた場合
  • 匿名 - サービス アカウント管理者によって操作が行われた場合
アクター グループ名

アクター グループの名前。詳しくは、Google グループで結果をフィルタするをご覧ください。

フィルタ グループの許可リストにグループを追加するには:

  1. [アクター グループ名] を選択します。
  2. [フィルタ グループ] をクリックします。
    [フィルタ グループ] ページが表示されます。
  3. [グループの追加] をクリックします。
  4. グループ名またはメールアドレスの最初の数文字を入力してグループを検索します。目的のグループが表示されたら、そのグループを選択します。
  5. (省略可)別のグループを追加するには、グループを検索して選択します。
  6. グループの選択が完了したら、[追加] をクリックします。
  7. (省略可)グループを削除するには、 をクリックします。
  8. [保存] をクリックします。
アクターの組織部門 操作を行った組織部門の名前
詳細情報 イベントに関する追加のコンテキスト情報
開始日* [開始日] と [終了日] を使用して、特定の開始日と終了日を含むイベント(グラフのドリルダウンのイベントなど)をフィルタします。注: 特定の期間内のイベントを検索するには、[日付] 属性を使用します。
データソース* 調査ツールのデータソース、またはアラート センターのアラート ソース
日付 イベントの発生日時(使用しているブラウザのデフォルトのタイムゾーンで表示されます)
デバイス ID* この監査イベントの影響を受けたデバイスの ID。たとえば、管理者が会社所有デバイスをワイプすると、このフィールドにはそのデバイス ID が記録されます。
デバイスの種類 この監査イベントの影響を受けたデバイスの種類。たとえば、管理者が会社所有デバイスをワイプすると、このフィールドにはそのデバイスの種類が記録されます。
ドメインの名前 操作が行われたドメイン
終了日* [開始日] と [終了日] を使用して、特定の開始日と終了日を含むイベント(グラフのドリルダウンのイベントなど)をフィルタします。注: 特定の期間内のイベントを検索するには、[日付] 属性を使用します。
イベント

記録されたイベント アクション([調査クエリ]、[アクティビティ ルールの作成] など)。

[イベントの値] で、イベントが [ユーザー設定] や [ドメインの設定] などの種類別にグループ分けされます。イベントの値はほとんどの場合、見てすぐにわかるように記述されています。たとえば、[ドメインの設定] に属する [アプリケーションを追加] は、ドメインに追加されたアプリケーションの検索値です。イベントは、検索ボックスで検索することができます。

ヒント: よく使用するイベント値がある場合は、そのイベントをプルダウン メニューの上部に固定できます。

Google Workspace のエディション* 操作を行った管理者(アクター)の Google Workspace エディション

グループのメール

このアクティビティの影響を受けた Google グループのメール
IP アドレス ログに記録された操作に関連付けられたインターネット プロトコル(IP)アドレス。通常はユーザーの物理的な位置を表しますが、プロキシ サーバーまたはバーチャル プライベート ネットワーク(VPN)のアドレスである場合もあります。
理由* 操作に理由の入力が必要だった場合は、管理者による説明
メッセージ ID* この監査イベントの影響を受けたメールのメッセージ ID
新しい値* 新しい設定値(更新された場合)
古い値* 古い設定値(更新された場合)
リソース ID* 監査イベントの影響を受けた 1 つ以上のリソースの ID
リソース名* 監査イベントの影響を受けたリソースの名前
リソースの種類* 監査イベントの影響を受けたリソースの種類
検索クエリ データの取得または処理用のクエリ(例: アクティビティ ルールやメールダンプの作成時に調査ツールの検索で使用するクエリ)。
設定名 更新された設定の名前
組織部門名の設定 管理コンソールの設定は、組織部門単位で適用することもできます。設定を更新して対象を特定の組織部門にすると、組織部門名がこの項目に表示されます。
ターゲット* イベントのターゲット メールアドレス(例: メール モニタリング作成時の送信先メールアドレスや、調査ツールで一括操作を行う際の確認者のメールアドレス)。
影響を受けた総数* 監査イベントの影響を受けたエンティティの合計数(例: ユーザーをグループに一括アップロードしたときにアップロードされたユーザー数や、アクティビティ ルール トリガーの一環としてトリガーされたアクション数)。これは、イベントによって異なるコンテキスト フィールドです。
失敗した総数* 失敗したオペレーションの総数。(例: ユーザーをグループに一括アップロードしたときにアップロードできなかったユーザー数や、アクティビティ ルール トリガーの一環としてトリガーに失敗したアクション数)。これは、イベントによって異なるコンテキスト フィールドです。
ユーザーのメール 操作を行ったユーザーのメールアドレス
* これらのフィルタを使用してレポートルールを作成することはできません。詳しくは、レポートルールとアクティビティ ルールに関する記事をご覧ください。

: ユーザーの名前を変更すると、以前の名前のクエリ結果が表示されなくなります。たとえば、名前を OldName@example.com から NewName@example.com に変更した場合、OldName@example.com に関連するイベントの結果は表示されません。

ログイベント データを管理する

検索結果の列データを管理する

検索結果に表示するデータ列を設定できます。

  1. 検索結果の表の右上にある、列を管理アイコン をクリックします。
  2. (省略可)現在の列を削除するには、削除アイコン をクリックします。
  3. (省略可)列を追加するには、[新しい列を追加] の横にある下矢印アイコン をクリックしてデータ列を選択します。
    以上の手順を必要なだけ繰り返してください。
  4. (省略可)列の順序を変更するには、目的のデータ列名をドラッグします。
  5. [保存] をクリックします。

検索結果データをエクスポートする

検索結果は、Google スプレッドシートまたは CSV ファイルにエクスポートできます。

  1. 検索結果の表の上部にあるすべてエクスポート アイコンをクリックします。
  2. 名前を入力し 次に [エクスポート] をクリックします。
    書き出しの結果は、検索結果の表の下にある [「エクスポート」操作の結果] に表示されます。
  3. データを表示するには、エクスポートの名前をクリックします。
    書き出したデータが Google スプレッドシートで開きます。

エクスポートの制限は次のとおりです。

  • 書き出せる結果の合計は 10 万行(ただし、Gmail のメール検索は 10,000 行)までに制限されています。
  • この機能に対応しているエディション: Frontline Standard、Enterprise Standard、Enterprise Plus、Education Standard、Education Plus、Enterprise Essentials Plus、Cloud Identity Premium。 エディションの比較

    セキュリティ調査ツールをご利用の場合、書き出せる結果は合計 3,000 万行までに制限されています(ただし、Gmail のメール検索の上限は 10,000 行です)。

詳しくは、検索結果をエクスポートするをご覧ください。

データを利用できる期間

検索結果に基づいて対応する

アクティビティ ルールを作成し、アラートを設定する
  • レポートルールを使用して、ログイベント データに基づいてアラートを設定できます。手順については、レポートルールの作成と管理をご覧ください。
  • この機能に対応しているエディション: Frontline Standard、Enterprise Standard、Enterprise Plus、Education Standard、Education Plus、Enterprise Essentials Plus、Cloud Identity Premium。 エディションの比較

    アクティビティ ルールを作成すると、セキュリティ調査ツールのアクションを自動化してセキュリティの問題を効率的に防止、検出、修正することができます。ルールを設定するには、ルールの条件と、その条件が満たされたときに実行する操作を指定します。詳細と設定手順については、アクティビティ ルールを作成、管理するをご確認ください。

検索結果に基づいて対応する

この機能に対応しているエディション: Frontline Standard、Enterprise Standard、Enterprise Plus、Education Standard、Education Plus、Enterprise Essentials Plus、Cloud Identity Premium。 エディションの比較

セキュリティ調査ツールでの検索後、その結果に基づいて対応方法を選ぶことができます。たとえば、Gmail のログイベントに基づいて検索した後、セキュリティ調査ツールを使用して特定のメールを削除したり、メールを検疫に送ったり、ユーザーの受信ボックスにメールを送信したりできます。詳しくは、検索結果に基づいて対応するをご覧ください。

調査を管理する

この機能に対応しているエディション: Frontline Standard、Enterprise Standard、Enterprise Plus、Education Standard、Education Plus、Enterprise Essentials Plus、Cloud Identity Premium。 エディションの比較

調査のリストを表示する

自分がオーナーとなっている調査と、自分に共有されている調査のリストを表示するには、調査を表示アイコン をクリックします。調査のリストには、調査の名前、説明、オーナー、最終更新日が含まれます。

このリストでは、調査を削除するなど、自分がオーナーとなっているすべての調査に対して操作を行うことができます。調査のチェックボックスをオンにして、[操作] をクリックします。

注: 調査のリストのすぐ上にある [クイック アクセス] では、最近保存した調査を確認できます。

調査の設定を行う

特権管理者は、設定アイコン をクリックして、次の操作を行うことができます。

  • 調査のタイムゾーンを変更する。このタイムゾーンは検索条件と結果に適用されます。
  • [要審査] をオンまたはオフにする。詳しくは、一括操作には審査担当者の設定を必須とするをご確認ください。
  • [コンテンツを表示] をオンまたはオフにする。この設定により、適切な権限を持つ管理者がコンテンツを閲覧できるようになります。
  • [操作を実行する理由] をオンまたはオフにする。

手順と詳細については、調査の設定を行うをご確認ください。

調査を共有、削除、複製する

検索条件を保存したり他のユーザーと共有したりする場合は、調査を作成して保存した後に、共有、複製、削除を行います。

詳しくは、調査を保存、共有、削除したり、調査のコピーを作成したりするをご確認ください。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
14 日間の無料試用を今すぐ開始してください

ビジネス向けのメール、オンライン ストレージ、共有カレンダー、ビデオ会議、その他多数の機能を搭載。G Suite の無料試用を今すぐ開始してください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー