管理コンソールの監査ログ

管理者が管理コンソールで行った操作を確認する

管理コンソールの監査ログには、Google 管理コンソールで行われた操作の記録が表示されます。たとえば、管理者がユーザーを追加した日時や G Suite サービスを有効にした日時を確認できます。

他のサービスや操作(ドライブやユーザーのログインなど)の監査ログのリストをご覧ください。

ステップ 1: 管理コンソールの監査ログを開く

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[レポート] にアクセスします。

    [レポート] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. 左側にある [監査] で、[管理] をクリックします。
  4. 必要に応じて、右上にある列を選択アイコン 列を選択 をクリックし、表示または非表示にする列を選択します。
データの種類 説明
イベント名 セキュリティ キーの取り消しやユーザーの削除など、ログに記録された操作。
イベントの説明 削除したユーザーの名前など、操作に関する詳細情報。
IP アドレス 管理者の IP アドレス。通常は管理者の物理的な位置を表しますが、プロキシ サーバーや VPN のアドレスである場合もあります。
日付 イベントが発生した日時(ブラウザのデフォルトのタイムゾーンで表示されます)。
管理者

操作を行った管理者の名前。管理者がユーザーのライセンスに対する変更をトリガーする操作を行った場合は、代わりにライセンス マネージャーが表示されます。

表示されているデータはいつのものですか?

データを確認できるようになるまでの時間とデータの保持期間については、データの保持期間とタイムラグをご覧ください。

監査ログの詳細

一部の操作は次のようにログに記録されます。

  • 管理者の役割の割り当て: 既定の特権管理者の役割をユーザーに割り当てると、ログの [イベントの説明] には [Role _SEED_ADMIN_ROLE] と表示されます。
  • グループ: 管理コンソールで行われたグループの操作が記録されます。ビジネス向け Google グループで行われた操作については、グループの監査ログをご覧ください。
  • Marketplace のサービス: 管理者がアプリの追加や削除、アプリの有効化や無効化、API クライアント アクセスの承認や削除を行った日時が記録されます。IP アドレス情報がないアプリもあります。
  • アクセス グループ: アクセス グループに対してサービスが有効または無効にされた時点で記録されます。アクセス グループに対して Gmail が有効になっている場合は、次のように記録されます。

Solarmora.com 内の Solarmora 組織部門に対し、Gmail サービスを
true に変更しました(グループメール: {access-gmail-testers@solarmora.com})

アクセス グループは「グループメール: [グループ名]」と記録されます。このログから、変更が最上位の組織に適用されたことがわかります。ただし、変更はアクセス グループのメンバーにのみ影響し、最上位の組織には影響しません

アクセス グループに対してサービスが設定されていない場合、変更は最上位組織から継承されたものと記録されます。ただし、グループ メンバーには、所属する他のアクセス グループのサービスの有効 / 無効設定が適用された後、組織の設定が適用されます。

Solarmora.com 内の Solarmora 組織部門に対し、Gmail サービスを
INHERIT_FROM_PARENT に変更しました(グループメール: {access-gmail-testers@solamora.com})

ステップ 3: 監査ログデータのカスタマイズや書き出しを行う

ユーザーやアクティビティで監査ログデータをフィルタリングする

特定のイベントや管理者に関する監査ログデータだけを絞り込んで表示することができます。たとえば、管理者がパスワードを変更したときのすべてのログイベントを検索したり、特定の管理者のすべての操作を検索したりできます。

  1. 上記の手順で管理コンソールの監査ログを開きます
  2. [フィルタ] 欄が表示されない場合は、フィルタ アイコン フィルタ をクリックします。
  3. フィルタの条件を入力または選択します。ログに表示できるデータを自由に組み合わせてフィルタリングできます。
  4. [検索] をクリックします。

組織部門でフィルタリングする

組織部門でフィルタリングして、ドメイン内の下位組織間の統計情報を比較することができます。

  1. 上記の手順でレポートを開きます
  2. 左側の [フィルタ] で、一覧から組織部門を選択します。

古いデータを検索する場合でも、フィルタできるのは現在の組織階層のみです。2018 年 12 月 20 日より前のデータは、結果に表示されません。

監査ログデータを書き出す

監査ログデータは、Google スプレッドシートに書き出したり CSV ファイル形式でダウンロードしたりできます。

  1. 上記の手順で監査ログを開きます
  2. (省略可)書き出すデータの項目を変更するには、次の操作を行います。
    1. ツールバーにある、列を選択アイコン 列を選択 をクリックします。
    2. 書き出すデータの横にあるチェックボックスをオンにして、[適用] をクリックします。
  3. ツールバーにある、ダウンロード アイコン ダウンロード をクリックします。

書き出しの最大セル数は 210,000 個です。最大の行数は、選択している列の数によって変わります。監査ログからスプレッドシートに書き出せる行は 10,000 行までですが、CSV には 500,000 行まで書き出すことができます。

ステップ 4: メールアラートを設定する

フィルタの設定を使用して、ログイン アクティビティに関するアラートをメールで受け取ることができます。

  1. 上記の手順で管理コンソールの監査ログを開きます
  2. [フィルタ] 欄が表示されない場合は、フィルタ アイコン フィルタ をクリックします。
  3. [フィルタ] 欄でフィルタの条件を選択します。[IP アドレス] と [期間] 以外を自由に組み合わせて使用できます。
  4. [アラートを設定] をクリックします。
  5. [アラート名] に入力します。
  6. メールアラートの受信者を選択します。
    1. 特権管理者のチェックボックスをオンにして、メールアラートの送信先にします。
    2. 他のユーザーにもメールアラートを送信する場合は、その受信者のメールアドレスを入力します。
  7. [保存] をクリックします。

カスタム アラートを編集する方法については、管理者へのメールアラートをご覧ください。

 
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。