アカウントに G Suite サービスを追加する

G Suite にお申し込みされると、Google アカウントにコアサービスが追加され、組織内のユーザーがそれらのサービスを利用できるようになります。コアサービスには、Gmail、Google カレンダー、ドライブ、ハングアウトなどがあります。また、たとえばユーザーが使用するドライブ ストレージを追加で購入するなど、G Suite のサービスを増やすことも可能です。コアサービスのなかで使用しないものを一度削除しても、後で再度加えることができます。

Blogger、Google 広告、Google マップなどの追加サービスは、いつでも無料でご利用いただけます。G Suite のアップグレードや改善機能を追加する場合や、削除したコアサービスを元に戻す場合にのみ、次の手順が必要になります。

G Suite サービスを追加する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 右矢印 [G Suite] にアクセスします。

    [アプリ] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックして表示します。

  3. [サービスを追加] をクリックします。
  4. 追加するサービスの横にある [今すぐ追加] をクリックします。

サービスを追加したら、そのサービスを使用できるユーザーを指定します。これを行うには、Google 管理コンソールで、該当するユーザーに対してサービスを有効または無効に設定します。詳しくは、Google サービスへのユーザー アクセス制御をご確認ください。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。