MX レコードの変更によるメールの返送を回避する

新しい G Suite アカウントを設定する場合、管理者は Gmail でメールが新しいアカウントに転送されるように MX レコードを変更する必要があります。MX レコードの変更がシステム全体で更新されるまでには最長で 72 時間ほどかかる場合があり、その間、ドメイン宛てに送信されたメールは返送される可能性があります。メールの返送を完全に回避する方法はありませんが、返送を防ぐための対策がありますのでご紹介します。

メールが返送されないようにする

まず G Suite ですべてのユーザー アカウントを作成する

MX レコードを変更する前に、Google 管理コンソールですべてのユーザー アカウントを作成してください。詳しくは、ユーザーを個別に追加するをご覧ください。多数のアカウントの作成が必要な場合は、複数のユーザーをまとめて追加することができます。

ドメインでメーリング リストやニックネームをご利用の場合は、それらも管理コンソールで追加可能です。

詳細情報

キャッチオール アドレスを設定する

キャッチオール アドレスを設定して、ドメインで作成されていないアドレス宛てに送信されたメールを処理することができます。詳しくは、メールのルーティングと配信をご覧ください。

メールの量が少ない時間帯に MX レコードを変更する

メールの量が少ない時間帯(夜間や週末など)に MX レコードの変更を計画します。

ドメインホストがレコードの変更を行う場合は、事前にドメインホストに連絡し、組織での受信メールの量が少ない時間帯に変更を行ってもらうよう依頼します。

主要な連絡先に変更について知らせておく

メールが返送された場合の混乱を防ぐため、主要な連絡先にあらかじめメールシステムの変更について知らせておくことをおすすめします。

以下の情報を伝えます。

  • 変更実施の予定日時
  • 返送されたメールの再送方法
  • 緊急時の代替連絡手段

ヒント: ダウンタイムは短時間で終わることを強調します。また、メールが消えることはないものの、一部は再送信が必要になる場合もあることを伝えます。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。