受信メールを別のメールアドレスにリダイレクトする

メールアドレスにエイリアスを追加すると、受信メールをあるアドレスから別のアドレスにマッピングできます。たとえば、退職した従業員宛に顧客からメールが届いていたとしたら、そのメールを見逃さないようにする必要があります。このようなマッピングは仮想ユーザー テーブルと似ています。リダイレクト先のメールアドレスにエイリアスを追加するだけで、アドレス マッピングごとに個別のルーティング設定を作成する必要はありません。

マッピングの上限

  • 組織内の最大 5,000 件の受信者アドレスを別のアドレスにマッピングできます。
  • 個々の受信者アドレスは、最多 12 のアドレスにマッピングできます。

メールのリダイレクト先のエイリアスを設定する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ]次に[G Suite]次に[Gmail]次に[詳細設定] をクリックします。

    ヒント: [詳細設定] を表示するには、Gmail ページの一番下までスクロールします。

  3. 左側で最上位の組織部門を選択します。
  4. [受信者アドレスマップ] にカーソルを合わせ、表示された [設定] をクリックします(既存の設定がある場合は [編集] をクリックします)。
  5. 上部に説明を入力します。
  6. [影響を受けるメール] で、オプションを選択します。
    • すべての受信メールに設定を適用するには、[すべての受信メール] を選択します。
    • 組織外からのメールに設定を適用するには、[外部の受信メールのみ] を選択します。
  7. (省略可)新しいアドレスだけでなく元のアドレスにもメールを送信するには、[転送オプション] で [元の配信先にも転送する] チェックボックスをオンにします。
  8. ボックスに、元のアドレス、マッピングするアドレスの順に入力します。2 つのアドレスはカンマで区切ります。

    例:
    [旧アドレス]@example.com, [新アドレス]@example.com

  9. [追加] をクリックします。
  10. 変更作業が完了したら、[設定を追加] または [保存] をクリックします。追加した設定はメールの設定ページでハイライト表示されます。
  11. メールの設定ページの下部にある [保存] をクリックします。

変更が反映されるまでに、最長で 24 時間ほどかかることがあります。行った変更は管理コンソールの監査ログで確認できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。