G Suite のカレンダーを管理する

G Suite チームで Google カレンダーを使用して、会議のスケジュール設定、スケジュールの管理、チーム カレンダーでの共同作業を行うことができます。詳しくは、Google カレンダーの機能についてのページをご覧ください。

クイック スタートガイドを表示

G Suite 管理者は次のことを行えます。

Calendar sharing settings

共有オプションを設定する

Google 管理コンソールの設定で、ドメイン内外でのユーザーによるメイン カレンダーの共有方法を指定します。予定の詳細を公開にするか非公開にするかを指定したり、ドメイン外のユーザーによるカレンダーの変更の可否を指定したりできます。

Create resources

リソースを作成する

ユーザーが予定に追加できる会議室、プロジェクター、社用車などリソースや、組織内のユーザーが使用予定を設定できるその他のリソースを作成することができます。リソースを作成してユーザーと共有済みの場合、ユーザーはゲストを予定に招待するのと同じようにリソースを予定に追加できます。

Calendar Hangout

予定にビデオ通話を自動的に追加する

G Suite 向けハングアウトは、組織内で安全なビデオ会議システムとして使用できます。ドメインでハングアウトを有効にすると、ユーザーによって新しい Google カレンダーの予定が作成されるたびに、自動的にビデオ通話を作成することができます。ユーザーは、それぞれの予定からビデオ通話を削除したり、名前を変更したりできます。

カレンダーを移行、同期する
組織が Microsoft Exchange や Lotus Notes から G Suite に移行する場合は、ユーザーのデータを G Suite に移行することができます。組織内のユーザーが従来のカレンダーの継続使用を希望している場合は、いずれかの同期ツールを使用して自分でカレンダー データを同期できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。