包括的なメール ストレージの設定

G Suite 管理者は、ドメインで送受信されるすべてのメール(Gmail 以外のメールボックスで送受信されるメールも含む)のコピーが、関連するユーザーの Gmail のメールボックスに保存されるように設定することができます。

メッセージ センターのサポート終了: メッセージ センターは Gmail ユーザーが迷惑メールを確認、管理するのに使うウェブ コンソールですが、2019 年 10 月以降、メッセージ センターおよび検疫レポートのサポートは終了します。サポート終了が完了するまでの間は、一部の G Suite ユーザーにはこれらの機能をご利用いただける場合があります。10 月以降のある時点でメッセージ センターが利用できなくなり、新たな検疫レポートがメールで配信されなくなります。終了の事前通知はありませんのでご注意ください。管理者の方には、迷惑メールを管理するに記載されている対応を始めていただくことをおすすめします。

メッセージ センターのサポート終了についてで、よくある質問とその回答をご確認ください。

包括的なメール ストレージと Vault

組織で Vault を使用している場合は、包括的なメール ストレージを設定すると、組織のメールに Vault がフルアクセスできるようになります。

ユーザーは、Gmail 以外の G Suite のコアサービスからもメールを送信できます。以下に例を挙げます。

  • カレンダー - 招待状や、パソコン版のカレンダーの [ゲストにメールを送信] オプションを使用したメールの送信。
  • ドライブ - ドライブのファイルを共有する際のメール送信。
  • Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画 - 添付ファイルとしてメールで送信する際の、該当するアプリによるメール送信。
  • フォーム - フォーム自体またはフォームへのリンクのメール送信。
  • Keep - Keep のメモを共有する際のメール送信。

包括的なメール ストレージを設定すると、Gmail 以外のコアサービスから送信されたメールもユーザーの [送信済み] フォルダに表示されるので、Vault からアクセスできます。

注: 包括的なメール ストレージは、G Suite のコアサービスにのみ適用されます。その他の Google サービスでユーザーの代わりにメールが送信されることがありますが、これらのサービスから送信されたメールはユーザーの [送信済み] フォルダに保存されず、Vault ではアクセスできない可能性があります。

  • メールが Gmail 以外のメールサーバーを経由するようルート変更している組織の場合、包括的なメール ストレージを設定することで、Gmail のメールボックスにすべてのメールを保存して Vault でアクセスできるようにすることができます。
  • また、Gmail 以外のシステムで SMTP リレーサービスを使ってユーザーの代わりにメールを配信している場合(チケット確認システム、バグ データベース、自動通知システムなど)、包括的なメール ストレージを設定することで、メールをユーザーの Gmail のメールボックスに表示させることができます。なお、SMTP リレーを有効にしているユーザーのメールを Google Vault で保存するには、包括的なメール ストレージの設定が必須です。

包括的なメール ストレージを有効にする前の検討事項

包括的なメール ストレージを有効にする前に次の点にご注意ください。

  • 受信者を変更するコンプライアンス ルーティング ルールを適用していて、元の受信者にメールのコピーを配信したくない場合は、包括的なメール ストレージを有効にしないでください。
  • SMTP リレーサービスが有効になっている場合は、包括的なメール ストレージを有効にすると、ユーザーのメールボックスの [送信済み] フォルダにメールのコピーが保存されます(スキャナからメールを送信したときなど)。これにより、アカウントで G Suite Basic の保存容量の上限を超えることがあります。
  • Vault の機能との連携に Gmail のみを使用して、オンプレミス メールサーバーまたはその他のメール プロバイダにメールを転送する場合は、包括的なメール ストレージを有効にしてください。

包括的なメール ストレージの設定

: 包括的なメール ストレージを有効にすると、SYSTEM_OF_RECORD というエントリがメールログ検索レポートに記載されます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [Gmail] 次に [詳細設定] にアクセスします。

    ヒント: [詳細設定] を表示するには、Gmail ページを最下部までスクロールします。

  3. 左側で組織を選択します。
  4. [包括的なメール ストレージ] の設定までスクロールします。
  5. [関連付けられているユーザーのメールボックスに、すべての送受信メールのコピーを保存します] チェックボックスをオンにします。
  6. 下部にある [保存] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。