フッターを追加する設定

[フッターを追加] の設定は、法令遵守や情報提供、宣伝の目的のために、送信メールにフッター テキストを設定するのに使用します。フッターはメールのそれまでの既存テキスト部分の下に追加されます。

他のメール セキュリティ設定と同様に、フッターを追加する設定は組織部門のすべてのユーザーに適用されます。子組織のユーザーは、親組織に対して作成された設定を継承します。

ドメインまたは組織部門のメール フッターを設定するには:

  1. Google 管理コンソールログインします。 
     
  2. ホームページから [アプリ] > [G Suite] > [Gmail] > [詳細設定] にアクセスします。 
     
  3. ページ上部の [組織] セクションで、設定の適用先のドメインまたは組織部門をハイライト表示します(詳細については、組織部門のメール設定を行うをご覧ください)。
     
  4. [フッターを追加] セクションまで下にスクロールします。
     
    • 設定のステータスが「まだ設定されていません」である場合は、ウィンドウの右端にある [設定] ボタンをクリックします([設定を追加] ダイアログ ボックスが表示されます)。
    • 設定のステータスが「ローカルに適用しました」の場合は、[編集] をクリックして既存の設定を編集するか([設定を編集] ダイアログボックスが表示されます)、[他にも追加] をクリックして新しい設定を追加します([設定を追加] ダイアログボックスが表示されます)。
    • 設定のステータスが「継承」の場合は、[表示] をクリックして継承された設定を表示するか、[他にも追加] をクリックして新しい設定を追加します([設定を追加] ダイアログボックスが表示されます)。
       
  5. フッターの内容を入力します。必要に応じて書式設定ツールを使用できます。

    注: 10,000 文字までに制限されています。
     
  6. 必要に応じて、[組織内で送信されるメールにフッターを追加する] をオンにします。
  7. 変更を終えたら、[設定を追加] または [保存] をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

    注: 追加した設定は [メール設定] ページでハイライト表示されます。
     
  8. [メール設定] ページの下部にある [変更を保存] をクリックします。
  9. ドメイン外部のアドレスにメッセージを送信してフッターをテストします。変更が保存されて新しいメールに反映されるまで、少し時間がかかることがあります。
Microsoft Outlook や Apple Mail などのサードパーティのメール クライアントを使用して送信したメールには、送信時に適切なフッターが追加されます。ただし、メッセージをテキスト形式で送信した場合は、テキスト専用バージョンのフッターがメールに追加されます。この場合、フッターに画像を設定していてもそのメールには適用されません。
 
注: 完了したら、ダイアログボックス下部の [設定を追加] をクリックしてから、[メール設定] ページ下部の [変更を保存] をクリックして変更を確定します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。