チャットの履歴

Google ハングアウトは他のあらゆるチャット サービスに代わるもので、新規のすべての組織に対して既定で有効になっています。ただし、2015 年 7 月より前に作成された Google Apps アカウントでは、Google トークのような以前のサービスが設定されている場合があります。写真の共有や大人数のグループでの会話など、より充実したチャット機能を利用するにはハングアウト チャットをオンにしてください。

チャットの履歴を使用すると、チャットのテキストが Gmail アカウントに保存されるので、後で簡単に検索できます。ユーザーは、通常の Gmail メッセージと同じようにチャットに返信できます。チャットのテキストは、Gmail の [チャット] ラベルの下に表示されます。

ドメインの管理者は、ドメイン内のすべてのユーザーのチャット履歴を無効にできます。チャットの履歴を無効にすると、ユーザーのチャットは Gmail アカウントにアーカイブされなくなります。以前チャットの履歴が有効になっていた場合は、履歴機能を無効にしても、過去にアーカイブされたチャットの一部が残る場合があります。

チャットの履歴が無効になっていても、サードパーティ製のクライアントを使用している相手の環境にチャットの履歴のコピーが保存されている場合があります。
  • Gmail がオフになっている組織では、チャットの履歴は保存されません。
  • G Suite のチャット サービスを変更した場合(ハングアウト チャットから Google トークに切り替えた場合など)、チャットの履歴の設定が保存されない場合があります。
チャットの履歴はデフォルトで有効になっていますか?

はい。チャットの履歴は、ハングアウト チャットと Google トークの両方でデフォルトで有効になっています。

チャットの履歴は必要に応じて無効にできます。変更は新しいメッセージにのみ影響するため、以前に保存された会話は削除されません。詳しくは、チャット設定をご覧ください。

全ユーザーのチャットの履歴を無効にするには、どうすればよいですか?
ハングアウト チャットのみを使用している場合

メッセージが保存されないようにチャットの履歴を無効にするには、[ハングアウト チャットのみ] を有効にし、チャットの履歴を無効にし、[ユーザーにこの設定の変更を許可しない] オプションをオンにします。変更は新しいメッセージにのみ影響するため、以前に保存されたメッセージは削除されません。

  1. Google 管理コンソールログインします。
  2. [Apps] > [G Suite] > [Google トーク / ハングアウト] をクリックします。
    設定を行う場所
  3. [詳細設定] をクリックします。
  4. [チャット] セクションで、[ハングアウト チャットのみ] をオンにします。
  5. [チャットの履歴] で [履歴をオフにする] をオンにし、[ユーザーにこの設定の変更を許可しない] オプションをオンにします。
チャットの履歴が無効になっていても、サードパーティ製のクライアントを使用している相手の環境にチャットの履歴のコピーが保存されている場合があります。
Google トークのみを使用している場合

[今後すべてのチャットの会話を「オフレコ」にして、チャットの履歴を無効にします] チェックボックスをオンにします。ユーザーはこの設定を変更できません。

ハングアウト チャットと Google トークの両方が有効な場合

チャットの履歴を無効にすることはできますが、ユーザーは会話ごとに履歴の設定を変更できます。

ユーザーが設定を変更できないようにするには、[ハングアウト チャットのみ] オプションを有効にし、[ユーザーにこの設定の変更を許可しない] をオンにします。
チャットの履歴が無効になっている場合、履歴が他の場所に保存されることはありますか?その保存期間はどのくらいですか?

チャットの履歴はクライアントの端末や Google で短い期間、保存される可能性があります。これにより、端末を切り替えるときもチャットを継続できるようになっています。

たとえば、職場のパソコンでチャットを開始し、後にバスに乗って携帯電話に切り替えても、続きから会話を再開できます。メッセージは、しばらく時間がたつと表示されなくなります。

全ユーザーのすべてのチャットのコピーを確実に保存するには、どうすればよいですか?

全ユーザーのすべてのチャットの会話を確実に保存するには、[ハングアウト チャットのみ] を有効にし、チャットの履歴を有効にし、[ユーザーにこの設定の変更を許可しない] オプションをオンにします。また、Google Vault を購入し、Vault 保持ポリシーで期間を指定してメールとチャット メッセージを保存することもできます。

  1. Google 管理コンソールログインします。
  2. [Apps] > [G Suite] > [Google トーク / ハングアウト] をクリックします。
    設定を行う場所
  3. [詳細設定] をクリックします。
  4. [チャット] の [ハングアウト チャットのみ] をオンにします。
  5. [チャットの履歴] で [履歴をオンにする] をオンにし、[ユーザーにこの設定の変更を許可しない] オプションをオンにします。
  6. Google Vault を購入し、組織の Vault 保持ポリシーを設定します。
Google トークのみを使用する場合は、[今後すべてのチャットの会話を「オフレコ」にして、チャットの履歴を無効にします] チェックボックスをオフにします。ただし、ユーザーはこの設定を変更できます。ハングアウト チャットと Google トークの両方が有効な場合は、デフォルトでチャットの履歴を有効にできますが、ユーザーは会話ごとに履歴の設定を変更できます。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。