チャットの履歴をオンまたはオフにする

チャットの履歴を有効にすると、チャットの内容が Gmail アカウントに保存されるので、後で簡単に検索できます。ユーザーは、通常の Gmail メッセージと同じようにチャットに返信できます。チャットのテキストは、Gmail の [チャット] ラベルの下に表示されます。

ドメインの管理者は、ドメイン内のすべてのユーザーのチャット履歴を無効にできます。チャットの履歴を無効にすると、ユーザーのチャットは Gmail アカウントにアーカイブされなくなります。以前チャットの履歴が有効になっていた場合は、履歴機能を無効にしても、過去にアーカイブされたチャットの一部が残る場合があります。

チャットの履歴が無効になっていても、サードパーティ製のクライアントを使用している相手の環境にチャットの履歴のコピーが保存されている場合があります。
  • Gmail がオフになっている組織では、チャットの履歴は保存されません。
  • G Suite のチャット サービス設定を変更した場合は、チャットの履歴の設定が保持されない場合があります。
チャットの履歴はデフォルトで有効になっていますか?

はい。チャットの履歴は、ハングアウト チャットと Google トークの両方でデフォルトで有効になっています。

チャットの履歴は必要に応じて無効にできます。変更は新しいメッセージにのみ影響するため、以前に保存された会話は削除されません。詳しくは、チャット設定をご覧ください。

全ユーザーに対してチャットの履歴を無効にするには、どうすればよいですか?

メッセージが保存されないようにチャットの履歴を無効にするには、チャットの履歴をオフにし、[ユーザーにこの設定の変更を許可しない] オプションをオンにします。変更は新しいメッセージにのみ影響するため、以前に保存されたメッセージは削除されません。

  1. Google 管理コンソールログインします。
  2. [アプリ] > [G Suite] > [Google ハングアウト] をクリックします。
  3. [チャット設定] をクリックします。
  4. チャットの [履歴] で [履歴をオフにする] をオンにし、[ユーザーにこの設定の変更を許可しない] オプションをオンにします。
チャットの履歴が無効になっていても、サードパーティ製のクライアントを使用している相手の環境にチャットの履歴のコピーが保存されている場合があります。
チャットの履歴が無効になっている場合でも、履歴が他の場所に保存されることはありますか?その保存期間はどのくらいですか?

チャットの履歴はクライアントのデバイスや Google で短い期間、保存される可能性があります。これは、別のデバイスに切り替えたときでもチャットを継続できるようにするためです。

たとえば、職場のパソコンでチャットを始めた場合、後でバスに乗りながらスマートフォンでも会話を再開できます。メッセージは、しばらく時間がたつと表示されなくなります。

全ユーザーのすべてのチャットのコピーを確実に保存するには、どうすればよいですか?

全ユーザーのすべてのチャットの会話を確実に保存するには、チャットの履歴を有効にし、[ユーザーにこの設定の変更を許可しない] オプションをオンにします。また、Google Vault を購入し、Vault の保持ポリシーでメールとチャット メッセージの保持期間を指定して保存することもできます。

  1. Google 管理コンソールログインします。
  2. [アプリ] > [G Suite] > [Google ハングアウト] をクリックします。
  3. [チャット設定] をクリックします。
  4. チャットの [履歴] で [履歴をオンにする] をオンにし、[ユーザーにこの設定の変更を許可しない] オプションをオンにします。
  5. Google Vault を購入し、組織の Vault の保持ポリシーを設定します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。