G Suite Password Sync の新機能

このリリースノートでは、最新バージョンの G Suite Password Sync(GSPS)で追加、改善された機能について説明します。GSPS の設定方法について詳しくは、G Suite Password Sync を設定するをご覧ください。

: Microsoft® によるプラットフォームのサポートが基本的に行われなくなったため、Windows® XP と Server 2003 のサポートを 2018 年 12 月 31 日に終了します。詳細

リリース 1.6.17
2017 年 1 月 30 日

解決済みの問題
フィルタがインストールされる順序によっては、他のインストール済みのパスワード フィルタの機能を GSPS が損傷する可能性があった問題を修正しました。

リリース 1.6.13
2016 年 11 月 8 日

最新情報
Google Apps Password Sync の名称が G Suite Password Sync(GSPS)に変わりました。

リリース 1.6
2016 年 6 月 30 日

最新情報
  • Windows Server Core 2008 および 2012 のインストールのサポートを追加しました。
  • G Suite 認証用にサービス アカウントのサポートを追加しました。Server Core のインストールには必須、Server Core 以外のインストールには任意です。
  • コマンドラインから GAPS をインストール、設定できるようになりました。
  • LDAP 設定で GAPS サービス セキュリティ コンテキストを使用できるようになり、Active Directory 管理者の認証情報を入力する必要がなくなりました。
  • 設定ウィザードのエラー メッセージを改善しました。
  • 障害レポートを追加しました。このレポートは GAPS サーバーに保存され、Google に送信されることはありません。
  • Windows Server 2003 のサポートを終了しました。
解決済みの問題
  • ユーザーが [Previous] ボタン、[Next] ボタン、[Authorize Now] ボタンを押した場合など、他の操作によってタスクが実行されている間に、GAPS の UI にタイマー アイコンが正しく表示されるようになりました。
  • GAPS がネットワーク タイムアウトを再試行して OAuth アクセス トークンの更新を試みたときに、5xx サーバーエラーが発生します。
  • Windows ドメイン管理者以外のユーザーは、GAPS 設定ウィザードを開始できなくなりました。以前はウィザードを開くことができましたが、設定を保存しようとするとエラーが表示されていました。

リリース 1.5
2016 年 2 月 16 日

最新情報

Directory API でパスワードを更新する際に、GAPS で Crypt ハッシュ関数(SHA1 ではなくソルトつき SHA512)をご利用いただけるようになりました。

セーフサーチを強制するために DNS をオーバーライドする際の矛盾を避けるため、新しい OAuth2 エンドポイントを使って認証とトークンのリフレッシュを行います。

構成 UI のフィードバックを改善し、認証問題の診断をサポートできるようになりました。追跡ログと Windows イベントログのシステム メッセージが改善されました。

コンピュータ アカウントのパスワードの同期に失敗した場合にログに記録されるイベントの数が少なくなりました。

承認の問題に関する診断ログを改善し、サービス承認ログで閲覧できるようになりました。

: GAPS のインストールのトラブルシューティングに、新しいバージョンの GAPS サポートツールをご利用いただけるようになりました。

リリース 1.4

解決済みの問題

Active Directory からアカウントのメールアドレス属性を取得するのに失敗した後、GAPS が警告なしにクラッシュする問題を修正しました。

: この問題は Windows Server 2003 でのみ確認されていますが、ご使用の Windows Server のバージョンに関わらずアップグレードすることをおすすめします

リリース 1.3

最新情報

GAPS で Admin SDK(Directory API(バージョン 1を使用することになりました。

[Configure G Suite] ページと [Configure Active Directory] ページで検証が行われるようになりました。 これらのページで間違った情報を入力すると、プログラムによってアラートが表示されます。

解決済みの問題

GAPS によって生成されるログファイルに表示されていた Outlook に関する無関係なログエントリが表示されなくなりました。

[Configure G Suite] ウィザード ページで Enter キーを押すと、前のページに戻る代わりに、認証を求めるメッセージが表示されるようになりました。

リリース 1.2

最新情報

「G Suite Passwords」イベントがアプリケーション イベントログに表示されるようになりました。 パスワード同期の成功と失敗の詳細が、イベントログに記録されるようになりました。

解決済みの問題

初期設定ウィザードのページに表示される手順の順序が間違っている問題を修正しました。

パスワードの同期に失敗した場合に、パスワード ハッシュが記録されることがある問題を修正しました。現在では、パスワード ハッシュが記録されることはありません。

サポートされていない文字(US-ASCII 以外の文字)を含むパスワードを同期しようとする問題を修正しました。現在では、警告が記録されます。

サーバーエラー応答が返されたときに、パスワード同期の失敗が正しく識別されるようになりました。

GAPS DLL ログの書式の問題を修正しました。

リリース 1.1

最新情報

[Use Anonymous access to query Active Directory] はデフォルトでオフになります。 ほとんどの Active Directory 環境では匿名の LDAP 接続が許可されていないため、これによって設定手順が簡略化されます。

32 ビット版の GAPS を 64 ビット版のシステムにインストールできなくなりました。 以前は、エラーが表示されることなくインストールが完了しましたが、パスワードの同期が機能しませんでした。現在は、2 つのインストーラが混同されることはなくなりました。

Google の承認フローが改善されました。 新しい承認フローは、より明確で使いやすくなりました。

自動的にベース DN が検出されるようになりました。初期設定ウィザードを実行すると、ベース DN 欄にはドメインのデフォルトのベース DN が事前に入力されます。

解決済みの問題

設定の保存時にエラーがない場合であっても、「Error while securing the key: 0」(キーのセキュリティ保護の際のエラー: 0)とログに誤って表示される問題を修正しました。

設定時の Google 承認ステップで失敗しても説明が表示されないいくつかの問題を修正しました。

システムに登録されたパスに二重引用符がないために、一部のシステムで GAPS サービスが起動しない問題を修正しました。

ネットワークに誤ったプロキシ設定が存在する場合に GAPS が正常に動作しない問題を修正しました。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。