スタートガイド: ドライブの設定に関する管理者向けガイド

カスタムのドライブ テンプレートを管理する

Google ドキュメントスプレッドシートスライドフォームのテンプレートを利用して、プロジェクトの企画書や予算書などの書式付きファイルを作成することができます。標準テンプレート ギャラリーを使用することも、組織に合わせたカスタム テンプレート ギャラリーを作成することもできます。

また、組織のテンプレート ギャラリーのカテゴリを管理することや、カスタム ギャラリーをまとめて無効にすることができます。G Suite Business、G Suite for Education、G Suite Enterprise、Drive Enterprise の各エディションでは、管理者によるテンプレートの承認や作成を必須にすることができます。また、テンプレートの追加や削除については、設定にかかわらず管理者が随時行えます。

テンプレートの設定を変更する

この操作を行うには、ドライブとドキュメントの管理者権限が必要です。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次へ [G Suite] 次へ [ドライブとドキュメント] 次へ [テンプレート] にアクセスします。
  3. [組織でカスタム テンプレートを有効にする] をオンにするかどうかを検討します。このチェックボックスをオフにすると、ユーザーはカスタム テンプレートを送信、使用できなくなります。ただし、標準テンプレート ギャラリーは引き続き使用できます。

  4. (省略可)ユーザーが必要なテンプレートを簡単に見つけられるよう、テンプレートのカテゴリを更新します。たとえば、マーケティング、販売、人事などチームごとにカテゴリを分けることもできます。

    1. カテゴリを追加する - カテゴリ名を入力して [追加] をクリックします。
    2. カテゴリを削除する - カテゴリのチェックボックスをオフにします。

      カテゴリを削除する際、そのカテゴリに含まれるテンプレートの移動先となるカテゴリが表示されます。移動先のカテゴリを選択しなかった場合、既存のテンプレートはギャラリー内で [カテゴリなし] と表示されます。

  5. (G Suite Business、G Suite for Education、G Suite Enterprise、Drive Enterprise のみ)テンプレートの送信を許可するユーザーを選択します。

    1. 公開 - 組織内のすべてのユーザーが承認なしでテンプレートを追加、削除できます。

    2. 管理対象 - 「ドキュメントのテンプレート」権限のある管理者に、新しいテンプレートの承認リクエスト メールが送信されます。いずれかの管理者が応答すると、リクエストは閉じられます。承認されたテンプレートはカスタム ギャラリーに追加されます。拒否されたテンプレートは再送信できます。

    3. 制限付き - 「ドキュメントのテンプレート」権限のある管理者のみが、テンプレートを送信できます。

  6. [保存] をクリックします。

テンプレートでアドオンを有効にする

ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォームのテンプレートと特定のアドオンを組み合わせることができます。アドオンとは、ドキュメント エディタで機能するサードパーティ製のツールです。たとえば、次のような組み合わせが考えられます。

  • 法的文書のテンプレートに、電子署名用のアドオンを含める。
  • プロジェクトの企画書のテンプレートに、フローチャートやその他複雑な図を作成できるアドオンを含める。

テンプレートから新しいドキュメントを作成する場合、組み合わされたアドオンがサイドバーに表示されます。このサイドバーを使用すると、作業に適したツールを簡単に見つけてインストールすることができます。詳しくは、テンプレートの使用と送信についてのページをご覧ください。

組織内でテンプレートのアドオンを有効にするには:

  1. ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォームでアドオンを有効にします。必要に応じて、次の操作を行えます。

  2. 組織内で管理対象に指定されているテンプレートについては(上記の手順 5 を参照)、承認する前にアドオンを確認してください。テンプレートの承認リクエストに、対応するアドオンのリンクが記載されています。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。