Android で Google 管理コンソール アプリを設定して開く

Google 管理コンソール アプリを使用するには、端末の管理者アカウントが必要です。

Google 管理コンソール アプリについて詳しくは、Android 向け Google 管理コンソール アプリについてをご覧ください。

アプリを設定する

  1. 組織で API アクセスを有効にします。

    このアプリでは API が使用されるため、API アクセスが無効の場合は動作しません。

  2. (省略可)ユーザーが端末を紛失した場合に管理者が端末のリモートワイプを行えるようにするため、Google Apps Device Policy を有効にするよう管理対象端末を使用しているユーザーに依頼します。

    G Suite for Nonprofits や無償版(従来のサービス)のユーザーは、Google Apps Device Policy をご利用いただけません。

  3. Google 管理コンソール アプリをインストールします。
  4. 端末に管理者アカウントを追加していない場合は、管理者アカウントを追加します。
    1. 端末で [設定] を開いて [アカウント] に移動します。
    2. [アカウントを追加] をタップして指示どおり操作します。

管理者アカウントでアプリを開く

  1. Google 管理コンソール アプリ Google Admin を開きます。
  2. [ログイン] ボタンが表示された場合は、そのボタンをタップします。
  3. [ログインできません] や [十分な権限がありません] などのエラー メッセージが表示される場合は、管理者アカウントに切り替える必要があります。
    1. メニュー アイコン メニュー をタップするか、左からスワイプします。
    2. ユーザー名の横にある下矢印アイコン 下矢印 をタップし、管理者アカウントを選択します。
  4. Google アカウントの PIN を入力します。PIN をお持ちでない場合は、必要に応じて作成できます。

    Google アカウントの PIN を使用すると、セキュリティがさらに強化されます。他のユーザーがあなたの端末を使用しても、そのユーザーが PIN を知らない限り、Google 管理コンソールを使用したり、データにアクセスしたりできません。PIN はこの時点で設定しなくても、後から設定できます。

Google 管理コンソール アプリで行える作業は、お持ちの管理者権限によって異なります。

エラーが表示される場合

アプリを開いたときに [十分な権限がありません] などのエラーが表示される場合は、次の操作を行う必要があります。

  • 管理者アカウントでログインするか、管理者アカウントに切り替える。
  • API アクセスを有効にする。

ユーザー補助機能

Google 管理コンソールは、Android のスクリーン リーダーである TalkBack と連携します。その他のユーザー補助機能の情報については、以下をご覧ください。

Google サービスのユーザー補助機能に関する問題をご報告いただく際は、Google ユーザー補助機能のフィードバック フォームをご利用ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。