管理者とユーザーの再設定用の情報を追加する

管理者は、管理者と組織内のユーザーの再設定用のメールアドレスと電話番号を追加できます。再設定用の情報は、ログインできないユーザーが Google Workspace アカウントにアクセスする際に役立ちます。

再設定情報について

設定された再設定用のメールアドレスと電話番号は、以下の目的で使用されます。

  • アカウントがロックされた際に、アカウントにログインするためのコードをユーザーに送信する。
  • 許可なくユーザーのアカウントを使用することを防ぐ。
  • アカウントの所有権をユーザーが簡単に証明できるようにする。
  • アカウントで不審なアクティビティが検出された際にユーザーに知らせる。

注: 再設定用のメールアドレスは、予備のメールアドレスとは異なります。詳しくは、ユーザーに追加の「メール エイリアス」アドレス(sales@)を付与するをご覧ください。

始める前に

  • ユーザーまたは管理者がログインできるメールアドレスで、Google Workspace アカウントのメールアドレスとは異なるものにしてください。
  • そのユーザーまたは管理者だけがテキスト メッセージを受け取る携帯電話の番号を使用してください。
  • ユーザーのパスワードの再設定を有効にしてください。詳しくは、パスワードの再設定を有効にするをご覧ください。

再設定用のメールアドレスまたは電話番号を追加、更新する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン  次に  [ディレクトリ] 次に [ユーザー] に移動します。
  3. ユーザー 次に [セキュリティ] 次に [復元情報] をクリックします。
  4. 再設定用のメールアドレスと電話番号を入力 次に [保存] をクリックします。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー