Google Workspace と Cloud Identity のコンプライアンスに関する修正条項

この操作を行うには、特権管理者としてログインする必要があります。


Google Workspace と Cloud Identity には、欧州連合で制定された一般データ保護規則(GDPR)の相当性および安全基準を満たすために、データ処理の修正条項(DPA)モデル契約条項(MCC)が設けられています。また、医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(HIPAA)の遵守が必要なお客様向けに、Google は業務提携の修正条項を設けています。

修正条項に同意する

この記事では、以下の修正条項を確認して同意する方法をご案内します。

データ処理の修正条項(DPA 2.1 以降)

Google によるお客様のデータの処理が GDPR の適用対象になる場合(たとえば、お客様の組織の所在地が EU 圏内にある場合や、組織の所在地が EU 圏外でも EU 圏内のデータ主体に対して商品またはサービスを提供している場合)は、特定のデータ処理規約を含む契約を Google と締結していただく必要があります。DPA 2.1(またはそれ以降のバージョン)に同意されない場合、契約はこの規約が欠落した状態になります。組織を代表して DPA 2.1(またはそれ以降のバージョン)に同意していただくか、法的助言を受けることをおすすめします。
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アカウント設定] 次に [法とコンプライアンス] に移動します。

  3. [セキュリティとプライバシーの追加規約] で、[Google Workspace および / または関連サービス(例: Cloud Identity)の契約に対するデータ処理の修正条項] の [確認して同意] をクリックします。
  4. ご自身で、または組織内の適切な担当者が、DPA 2.1(またはそれ以降のバージョン)の内容をよく確認します。
  5. [同意] をクリックします。

一般データ保護規則への Google の対応Google Workspace のセキュリティと信頼性についての記事もあわせてご確認ください。

モデル契約条項

Google は、GDPR の相当性および安全基準を満たすための追加措置としてモデル契約条項を設けています。

重要: 2020 年 8 月 10 日以降、Google Workspace の使用に GDPR が適用される場合は、以前に管理コンソールでモデル契約条項に同意していなくても、データ処理の修正条項の一部としてモデル契約条項が自動的に適用されるようになります。モデル契約条項に同意するためのクリック操作は必要ありませんが、改めて同意されたい場合には、以下の手順で行ってください。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アカウント設定] 次に [法とコンプライアンス] に移動します。

  3. [セキュリティとプライバシーの追加規約] で、[Google Workspace の EU モデル契約条項] または [Cloud Identity の EU モデル契約条項] の [確認して同意] をクリックします。
  4. ご自身で、または組織内の適切な担当者が契約条項の内容をよく確認します。
  5. [同意] をクリックします。
HIPAA 業務提携の修正条項

HIPAA の遵守が必要なお客様向けに、Google は業務提携の修正条項(BAA)を設けています。

この修正条項を確認して同意するには、組織の Google Workspace または Cloud Identity のアカウントの管理者アカウントにログインしている必要があります。現在のところ、Google Workspace または Cloud Identity の管理者ではないユーザーの方、および従来の無償版 Google Workspace(別称「Google Apps Standard Edition」)のユーザーの方には、Google の業務提携の修正条項を確認して同意いただくことができません。

HIPAA の業務提携の修正条項を確認して同意する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アカウント設定] 次に [法とコンプライアンス] に移動します。

  3. [セキュリティとプライバシーの追加規約] で、[Google Workspace または Cloud Identity の HIPAA 業務提携修正条項] の [確認して同意] をクリックします。
  4. 3 つの質問すべてに回答し、HIPAA の対象となる組織であることを確認します。
  5. HIPAA BAA に同意する場合は、[OK] をクリックします。

Google Cloud 一般提供前プログラム契約

組織が Google Cloud 一般提供前プログラムに招待された場合、または同プログラムへの参加を申し込んだ場合、組織の正式な代表者が Google Cloud 一般提供前プログラム契約を確認して同意する必要があります。

契約を確認して同意する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アカウント設定] 次に [法とコンプライアンス] に移動します。

  3. [Google Cloud 一般提供前プログラム契約] の [確認して同意] をクリックして、契約(英語のみ)を表示します。
  4. 契約に同意する場合は、[同意] をクリックします。

次のステップ

一般提供前プログラムに関するお客様アンケート フォーム(英語のみ)にご記入ください。お客様の組織に適したアルファ版またはベータ版プログラムについてご連絡させていただきます。

プログラムへの参加についてのご連絡の際には、テスト申請の追加条項をご確認のうえご署名いただく必要があります。この追加条項には、アルファ版またはベータ版プログラムに含まれる特定のサービスや機能の説明のほか、追加規約が記載されています。

Google Cloud ユーザー エクスペリエンス調査パネルに関する追加条項

組織が Google Workspace のユーザー調査パネルに招待された場合、または同パネルへの参加を申し込んだ場合は、Google Cloud ユーザー エクスペリエンス調査パネルに関する追加条項を確認して同意することが必要になる場合があります。

追加条項を確認して同意する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アカウント設定] 次に [法とコンプライアンス] に移動します。

  3. [Google Cloud ユーザー エクスペリエンス調査パネルに関する追加条項] で [確認して同意] をクリックし、追加条項(英語のみ)を確認します。
  4. 追加条項に同意する場合は、[同意] をクリックします。

関連情報

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。