TXT レコードについて

TXT レコードはテキスト形式のドメイン ネーム システム(DNS)レコードの一種で、ドメインに関する情報が含まれます。TXT レコードには、外部ネットワーク サーバーとサービスがドメインから送信されたメールを処理するのに役立つ情報が含まれています。Google と Gmail は、DNS TXT レコードを使用して、ドメインの所有権の確認、メールのセキュリティの確保、迷惑メールやフィッシングの防止を行います。

TXT レコードを使用してドメインの所有権を確認する

Google Workspace または Google Cloud のアカウントを設定する際、ドメインの設定に追加する TXT レコードが Google から提供されます。TXT レコードが追加されたことを Google が検出すると、ドメインの所有権が確認されます。詳しくは、TXT レコードでドメインを保護するをご覧ください。

注: Google Workspace のお申し込みにあわせてドメインをご購入いただいた場合、証明を行う必要はありません。

TXT レコードを使用してメールのセキュリティを確保する

フィッシングやスパムなどの悪意のあるアクティビティを防ぐために、Google Workspace で DNS TXT レコードを使用します。

  • SPF レコードによって、ドメインが迷惑メールの送信に使用されることを防ぎます。
  • DKIM 署名では、暗号化を使用してメールのコンテンツを保護します。
  • DMARC 認証を使用すると、SPF と DKIM によってチェックされるメールを管理できます。
  • 送信サーバーと受信サーバーの両方で MTA-STS を使うことにより、SMTP 接続の安全性が向上します。
  • BIMI を使用すると、DMARC で認証されたメールに、ロゴなどの確認済みのブランド画像を追加できます。

TXT レコードをドメイン プロバイダに追加する

TXT レコードを追加するには、ご利用のドメインホストに個別にログインする必要があります。通常、ドメインホストとは、ドメイン名を購入したホストです。ドメインホストがわからない場合は、ドメインホストを特定できます。

追加する TXT レコードは、ドメイン プロバイダで 49 件以内にすることをおすすめします。この数は、ほとんどのドメイン プロバイダでサポートされている最大数です。

TXT レコードの作成の詳細については、ドメインホストのサポートチームにお問い合わせください。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー