メールのルーティングと配信

G Suite 管理者は、組織のメールを転送、格納する方法を制御できます。ビジネスや組織のニーズに合わせてルーティングと配信をカスタマイズします。

たとえば、次のようにカスタマイズできます。

  • Gmail で、迷惑メールの検出やコンプライアンスの準拠を目的とした受信メールのスキャンを行う。ただし、メールは外部メールサーバーに格納する。

  • 一部のユーザーは Gmail の受信トレイでメールを受信し、その他のユーザーはローカルサーバーからメールにアクセスする。

  • すべてのユーザーは Gmail だけを使用する。ただし、不明なユーザーへのメールは特別なメールボックスまたは外部サーバーに転送する。

  • 特定のユーザーへのメールを [Cc] 欄を使って別の受信者に転送する。

二重配信、分割配信など、送受信設定や内部配信を設定するには、転送設定を使用します。

メールのコンテンツに基づいて特定のメールをルーティングする場合など、詳細な設定が必要な際は、コンテンツ コンプライアンス添付ファイルのコンプライアンス不快なコンテンツTLS コンプライアンスといったコンプライアンス設定を行うことができます。

[Gmail 以外のメールボックス] の設定 では、フィルタを使用して迷惑メールを検出し、迷惑メール以外のメールを外部メールサーバーに再転送するよう設定できます。この設定は転送ルールを使用して行うこともできますが、[Gmail 以外のメールボックス] の設定では追加の機能を利用することができます。追加の機能では、ユーザーはメッセージ センターにログインするか、更新情報を定期的に受信して、迷惑メールのリストを確認することができます。さらに、安全であると判断したメールを Gmail 以外のメールボックスに転送できます。この設定では、ユーザーは社内導入型メールボックスでのみクリーンなメールにアクセスでき、Gmail のメールボックスにはアクセスできません。

これらのすべての設定は、組織単位を使用することで、ユーザーやチームに合わせて調整できます。

始める前に

ルーティングや配信の設定を行う前に、メールホスト(別名: ルート)のリストを作成します。作成を終えたら、Google 管理コンソールでルートを追加します。

受信メールを転送する

さまざまな配信方法を使用して受信メールを転送することができます。

組織で Gmail のみを使用している場合は、デフォルトの設定である直接配信を利用できます。G Suite ユーザーに宛てられた受信メールは Gmail の受信トレイに配信されます。ドメイン内の G Suite ユーザーではないユーザーに宛てられたメールは、誤ったアドレスに送信されたメールを受信するためにキャッチオール アドレスを設定している場合を除き、メールサーバーによって破棄されます。

組織でメールを格納、配信するために Microsoft® Exchange などの外部メールサーバーを使用する場合、受信メールは Gmail サーバーによって迷惑メールのフィルタリングなどの処理が行われた後で、外部メールサーバーに転送されます。Gmail サーバーまたは外部サーバーのいずれかにメールをルーティングするには分割配信を使用し、両方のサーバーにルーティングするには二重配信を使用します。

受信メールは、キャッチオール アドレス、追加の受信者、Gmail 以外のメールボックスにもルーティングすることができます。

分割配信を使用してメールを転送する

分割配信を使用すると、受信メールは、受信者の設定に基づいて、Gmail の受信トレイまたは以前のシステムの受信トレイのいずれかに配信されます。

この配信方法は、一部のユーザーが Gmail を使用し、その他のユーザーが Gmail 以外のメールシステムを使用している場合に役に立ちます。たとえば、法務部門へのメールなど、特定の種類のメールに対して特別な処理を行う必要がある場合に使用することができます。

この配信方法は、以前のメールサーバーから Gmail にメールを移行するときに、一部のユーザーだけでテストを行う場合にも適しています。テストの期間中、ドメインの MX レコードは Gmail を参照するため、管理コンソールに追加されているユーザーは各自の Gmail の受信トレイでメールを受信します。未登録ユーザーが引き続き以前のメールサーバーを介してメールを受信できるようにするには、キャッチオール転送ルールを設定します。

以下の基本的な手順では、[転送] 設定を使用して分割配信を設定します。[転送] 設定のすべてのコントロールについての詳細は、ドメインや組織用にルーティング設定を行うをご覧ください。

分割配信を設定するには:

  1. 外部サーバーのルートを追加します(まだ追加していない場合)。

  2. 最初の手順に沿ってログインし、必要に応じて組織を選択します。次に [転送] 設定を開いて、新しい設定の説明を入力します。

  3. [影響を受けるメール] を [受信] と [内部 - 受信] のどちらかまたは両方に設定します。

  4. エンベロープの特定の送信者と受信者にのみルールを適用する場合は、エンベロープ フィルタを設定します。1 人の受信者を指定するには、そのユーザーのメールアドレスを入力します。また、グループを指定することもできます。

  5. [上記の種類のメッセージに対しては、次の処理を行います] で、[メッセージを変更] を選択して、組織の状況に応じた設定を行います。

  6. [ルートを変更] をオンにしてリストから外部サーバーを選び、下にスクロールして [保存] をクリックします。

  7. [オプションを表示] を選択し、[影響を受けるアカウントの種類] を [認識できない、キャッチオール] に変更します。

  8. 設定を保存します

二重配信を使用してメールを転送する

2 つ以上の受信トレイにメールを配信する必要がある場合は、二重配信を設定します。たとえば、ユーザーは Gmail の受信トレイに加え、Microsoft Exchange の受信トレイやアーカイブ サーバーなどの Gmail 以外の受信トレイでメールを受信できます。

詳しくは、メールの二重配信を設定するをご覧ください。

キャッチオール アドレスを設定する

キャッチオール アドレスを作成すると、ドメイン内の実在しないメールアドレスに誤って送信されたメールも受信できます。

以下に示す基本的な手順では、[転送] 設定を使用してキャッチオール アドレスを設定します。[転送] 設定のすべてのコントロールについての詳細は、ドメインや組織用にルーティング設定を行うをご覧ください。

キャッチオール アドレスを設定するには:

  1. 最初の手順に沿ってログインし、必要に応じて組織を選択します。次に [転送] 設定を開いて、新しい設定の説明を入力します。

  2. [影響を受けるメール] を [受信] と [内部 - 受信] のどちらかまたは両方に設定します。

  3. エンベロープの特定の送信者と受信者にのみルールを適用する場合は、エンベロープ フィルタを設定します。1 人の受信者を指定するには、そのユーザーのメールアドレスを入力します。また、グループを指定することもできます。

  4. [上記の種類のメッセージに対しては、次の処理を行います] で [メッセージを変更] を選択します。

  5. [エンベロープ受信者] で [エンベロープ受信者を変更] を選択します。

  6. [新しいユーザー名を入力] を選択します。

  7. @[既存のドメイン]」の横にある空白の欄にキャッチオール アドレスを入力します。たとえば、「jsmith」と入力します。

  8. [オプションを表示] をクリックします。

  9. [影響を受けるアカウントの種類] で、[認識できない、チェックオール] チェックボックスをオンにします。[ユーザー] チェックボックスと [グループ] チェックボックスはオフにします。

  10. [設定を追加] をクリックします。

  11. 設定を保存します

追加の受信者にメールを転送する

複数の転送設定を使用すると、追加の受信者にメールを転送できます。設定後、ユーザーごとに個別のポリシーを作成します。

以下に示す基本的な手順では、[転送] 設定を使用して追加の受信者にメールを転送します。[転送] 設定のすべてのコントロールについての詳細は、ドメインや組織用にルーティング設定を行うをご覧ください。

追加の受信者にメールを転送するには:

  1. 最初の手順に沿ってログインし、必要に応じて組織を選択します。次に [転送] 設定を開いて、新しい設定の説明を入力します。

  2. [影響を受けるメール] を [受信] と [内部 - 受信] のどちらかまたは両方に設定します。

  3. エンベロープの特定の送信者と受信者にのみルールを適用する場合は、エンベロープ フィルタを設定します。1 人の受信者を指定するには、そのユーザーのメールアドレスを入力します。また、グループを指定することもできます。

  4. [上記の種類のメッセージに対しては、次の処理を行います] で [メッセージを変更] を選択します。

  5. [その他の送信先] で [受信者を追加] チェックボックスをオンにします。

  6. [追加] をクリックします。

  7. [受信者] の下にあるリストで [基本] が選択されていることを確認します。

  8. 受信者のメールアドレスを入力し、[保存] をクリックします。

  9. [設定を追加] または [保存] をクリックします。新しい設定が [詳細設定] ページに追加されます。

  10. 設定を保存します

Gmail 以外のメールボックスへの配信を設定する

組織で外部メールサーバーを使用する場合、迷惑メール以外のメールを外部サーバーに転送し、迷惑メールをメッセージ センターまたは検疫レポートで保留するよう [Gmail 以外のメールボックス] を設定することができます。ユーザーはメールが迷惑メールであるかどうかを検証し、迷惑メールでないと判断したメールを外部サーバーに転送することができます。

送信メールの転送

すべてのメールをゲートウェイ サーバー経由で送信する

送信ゲートウェイ サーバーを設定して、送信メールを転送することができます。通常、ゲートウェイ サーバーでは、配信前に送信メールに対して何らかの処理が行われます。詳しくは、送信ゲートウェイを設定するをご覧ください。

SMTP リレーサービスを設定して Gmail サーバー経由でメールを転送する

Microsoft® Exchange や Google SMTP 以外のサービスなど、Gmail 以外のメール サーバー ソフトウェアを組織で使用する場合、SMTP リレーサービスを設定して Gmail サーバー経由で送信メールを転送することができます。SMTP リレーサービスの設定では、メールが外部の連絡先に配信される前に迷惑メールやウィルスをフィルタで除去したり、送信メールに G Suite のメール セキュリティ設定を適用したりすることができます。詳しくは、SMTP リレーサービスの設定に関する記事をご覧ください。

コンプライアンス ルーティング

コンテンツ コンプライアンスと不快なコンテンツ

特定のコンテンツを含むメールを法務部門に転送する場合など、特定の種類のメールに対して特別な処理を実施するには、コンテンツ コンプライアンス ルーティングを使用します。このルーティングを行うには、新しいプライマリの宛先を定義するか(デフォルトのプライマリの宛先は Gmail サーバー)、特定の文字列やパターンに一致する追加の宛先を作成します。たとえば、「機密」などの単語に対してコンテンツ マッチを設定し、プライマリの宛先を暗号化対応のサーバーに変更します。

詳しくは、コンテンツ コンプライアンス不快なコンテンツについての記事をご覧ください。

添付ファイルのコンプライアンス

添付ファイルのコンプライアンスの設定を使用すると、新しいプライマリの宛先を定義することができます(デフォルトのプライマリの宛先は Gmail サーバーです)。さらに、添付ファイルの種類を指定して、それと一致する添付ファイルを含むメールの配信先を追加することができます。たとえば、人事部門への画像ファイルが添付されたすべてのメールの配信先として、セカンダリの宛先を設定することができます。

詳しくは、添付ファイルのコンプライアンスをご覧ください。

メールを転送する前にセキュリティ保護された接続の使用を必須にする

特定のドメインやメールアドレスのユーザーとメールをやりとりする場合に、セキュリティで保護された接続(TLS)を経由することを必須にすることができます。組織部門ごとに、受信メールと送信メールに対して [セキュアなトランスポート(TLS)に準拠] を設定できます。指定したドメインで TLS を利用できない場合、受信メールは拒否され、送信メールは配信されません。

注: TLS を使用する送信ゲートウェイ サーバーを設定している場合、TLS 適用リストで指定されている送信メールは拒否されません。TLS 適用リストに含まれる送信メールは、TLS をサポートしないドメインにも送信されます。

詳しくは、セキュアなトランスポート(TLS)の準拠に関する記事をご覧ください。

トラブルシューティング

ルートが競合する場合

ドメイン全体で適用する受信メールの転送ポリシーを設定できます。さらに、メールのコンテンツや添付ファイルに基づいて配信ルートを定義することもできます。詳しくは、転送設定の優先順位に関する記事をご覧ください。

以前のルーティング コントロールとの競合が発生している場合、このページで説明されている転送設定が以前の設定に対して優先されます。詳しくは、以前のルーティング コントロールに関する記事をご覧ください。

メールの転送や配信が失敗する場合

Gmail または G Suite のサーバーから外部の受信サーバーにメールを転送する際に、タイムアウト、拒否、または 400 シリーズのエラーにより外部サーバーに接続できない場合、メールは保留され、転送が再試行されます。転送は数分ごとに再試行されます。

転送の再試行中に、新しいホストサーバーを指定した設定に更新しても、メールは、更新した新しいサーバーではなく、元のサーバーに転送されます。

メールは、最長で 7 日間保留され、転送が再試行されます。転送できなかったメールはその送信者に返送されます。永続的なエラー(500 シリーズのエラー)が発生した場合、メールは即座に拒否されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。