Google Workspace でのメールのルーティングと配信のオプション

管理者は、組織のニーズに応じてメールをルーティング、配信、保存する方法をカスタマイズできます。

たとえば、不明なアドレスに送信された受信メールを、特定のメールボックスにルーティングしたい場合や、特定のユーザー宛のメールを別のユーザーにも自動的に送信したい場合が該当します。管理者は、一部のユーザーが Gmail でメールを受信し、その他のユーザーはオンプレミスのメールサーバーからメールを受信するように設定できます。 オンプレミス サーバーに保存された受信メールを、迷惑メールおよびコンプライアンス違反の検出を目的に Gmail でスキャンすることもできます。

Google Workspace でのデフォルトのルーティングとルーティング

Google Workspace には、管理者がメール配信を管理するための 2 つの主要なルーティング設定([デフォルトのルーティング] と [ルーティング])があります。デフォルトのルーティングを使用すると、組織のデフォルトのメール配信を設定できます。組織のメールのすべてまたはほとんどを複数の受信トレイに送信するには、デフォルトのルーティングを使用し、さらに二重配信を設定します。そのうえで、ルーティング設定を使用して、より特化されたメール配信ルールを作成するか、デフォルトのルーティング動作をオーバーライドします。たとえば、CEO 宛てのすべてのメッセージのコピーを CEO のエグゼクティブ アシスタントに送信するルーティング ルールを追加できます。この 2 つのルーティング設定を使用することで、組織のメール配信を柔軟に設定できます。

以下は、組織向けの一般的なルーティング シナリオです。

受信メールを転送する

デフォルトでは、Google Workspace はすべての受信メールを Gmail に配信します。ただし、組織の要件を満たすために受信メールを配信するために、他のルーティング方法を設定することもできます。

組織でメールの保存と送信にオンプレミスのメールサーバーを使用している場合、受信メールはまず Gmail によって処理されます。Gmail は迷惑メールや問題のあるメールを除外してから、オンプレミス サーバーにメールを送信します。

ルーティング方法 説明
分割配信を使用して 2 つのメールシステムにメールを送信する

Gmail の分割配信を使用すると、指定した受信者に基づいて、ドメイン内の 2 つの異なるメールシステムに受信メールを配信できます。たとえば、組織内の一部のユーザーが Gmail を使用し、その他のユーザーが異なるメールシステムを使用している場合は、分割配信を使用します。

別のメールサーバーから Gmail への移行時に分割配信を使用することもできます。分割配信を使用して、少人数のユーザーで Gmail の配信が期待どおりに動作していることを確認します。

詳しい手順については、分割配信を使用して 2 つのメールシステムにメールを送信するをご覧ください。

二重配信を使用して複数の受信トレイにメールを送信する

2 つ以上の受信トレイにメールを配信する必要がある場合は、二重配信を設定します。たとえば、ユーザーは Gmail の受信トレイに加え、別の受信トレイ(オンプレミスのメールサーバーの受信トレイなど)でメールを受信できます。

詳しい手順については、二重配信を使用して複数の受信トレイにメールを配信するをご覧ください。

誤ったアドレス宛てのメールをキャッチオール メールボックスで受け取る

キャッチオール メールアドレスは、ドメインに送信された、アドレスに誤りのあるメールを受信ます。ドメイン内に存在しないユーザーにメールを送信したり、誤ったアドレスにメールを送信したりすると、そのアドレスがキャッチオール アドレスに配信されます。

詳しい手順については、アドレスに誤りのあるメール メッセージをキャッチオール メールボックスで受け取るをご覧ください。

他のユーザーにメールを転送またはリダイレクトする

受信メールを他のユーザーに自動転送する必要がある場合もあります。Google 管理コンソールで、組織内の特定のユーザーに対してメール転送を設定できます。必要に応じて、組織内のユーザーが自分の Gmail アカウントに対して転送を設定できるようにすることも可能です。

詳しい手順については、Gmail のメールを別のユーザーに転送するをご覧ください。

送信メールのルーティング

ルーティング方法 説明
すべてのメールをゲートウェイ サーバー経由で送信する

送信メールを転送するには、送信ゲートウェイ サーバーを設定します。通常、ゲートウェイ サーバーでは、配信前に送信メールに対してなんらかの処理が行われます。たとえば、ゲートウェイ サーバーでは、すべての送信メールの末尾に会社のフッターを追加できます。

詳しい手順については、送信ゲートウェイを設定するをご覧ください。

SMTP リレーを使用して Gmail 以外のメールを Gmail サーバーにルーティングする

組織で Gmail 以外のサーバー(Microsoft や SMTP サービスなど)を使用している場合、SMTP リレーサービスを設定して Gmail サーバー経由で送信メールをルーティングできます。 SMTP リレーサービスの設定では、メールが外部の受信者に配信される前に、迷惑メールやウイルス感染につながるメールをフィルタで除去できます。送信メールに管理コンソールのメール セキュリティ設定を適用したりすることができます。

詳しい手順については、SMTP リレーで送信するメールを Google 経由にルーティングするをご覧ください。

コンプライアンス確保のためにメールをルーティングする(コンテンツと添付ファイル)

コンプライアンス ルーティングでは、メールのコンテンツと添付ファイルに基づいてメールの送受信方法を指定できます。一部のメールをセキュアな TLS 接続経由でのみ送信するようにすることもできます。
ルーティング方法 説明
内容に基づいてメールをルーティングする

メールの内容に基づいて特定の方法でメールを送信できます。たとえば、特定の種類の内容を含むメールを法務部門に自動的に送信できます。

詳しい手順については、高度なメール コンテンツ フィルタリングに関するルールの設定および不適切なコンテンツに関するルールの設定をご確認ください。

メールの添付ファイルに基づいてメールをルーティングする

メールの添付ファイルの種類に基づいて、特定の宛先にメールを送信することもできます。たとえば、画像を添付したメールを自動的に人事部に送信できます。

詳しい手順については、添付ファイルのコンプライアンス ルールを設定するをご覧ください。

TLS 接続経由でのみメールをルーティングする

特定のドメインまたはメールアドレスとの間でメールが TLS で送信されるように要求できます。 組織部門の受信メールと送信メールに TLS コンプライアンスを設定します。指定のドメインが TLS に対応していない場合、受信メールは拒否され、送信メールは送信されません。

詳しい手順については、TLS コンプライアンスを設定するをご覧ください。

ルーティング ルールのトラブルシューティング

ルートが競合する場合

ドメイン全体で適用する、受信メールのルーティング ポリシーを設定できます。さらに、メールのコンテンツや添付ファイルに基づいて配信ルートを定義することもできます。ルーティング設定の優先順位については、組織に合わせた Gmail 設定の調整についてのページをご覧ください。

以前のルーティング設定との競合が発生している場合、このページで説明している設定が以前の設定に優先されます。詳しくは、メールのルーティングと配信をご覧ください。

メールのルーティングまたは配信に失敗する場合

Gmail または Google Workspace サーバーから外部の受信サーバーにメールをルーティングしようとしてその外部サーバーに接続できない場合、メールは Gmail によって保留されます。接続できない理由として、タイムアウト、拒否、400 番台のエラーなどがあります。

Gmail では、メールは最長で 7 日間保留され、数分ごとに送信が再試行されます。7 日間が経過すると、メールは差出人に返されます。

Gmail で送信が再試行されている間に新しいサーバーを追加しても、メールは新しいサーバーではなく元のサーバーにルーティングされます。

500 番台のエラーが発生した場合、メールは即座に拒否されます。

詳しくは、SMTP エラー メッセージについてSMTP エラー リファレンスをご覧ください。

 


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
14 日間の無料試用を今すぐ開始してください

ビジネス向けのメール、オンライン ストレージ、共有カレンダー、ビデオ会議、その他多数の機能を搭載。G Suite の無料試用を今すぐ開始してください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
73010
false
false