G Suite でのメールのルーティングと配信のオプション

G Suite 管理者は、ビジネスや組織のニーズに合わせてメールのルーティングと格納の方法をカスタマイズすることができます。たとえば、不明なユーザーのメールを特別なメールボックスやサーバーに転送したり、特定ユーザーへのメールを [Cc] 欄を使って別のユーザーにも自動的に送信したりできるほか、一部のユーザーが Gmail でメールを受信し、その他のユーザーはローカル サーバーからメールを受信するように設定することもできます。Gmail は、迷惑メールやコンプライアンス違反の検出を目的に受信メールをスキャンし、外部サーバーに保存することも可能です。

ルーティング設定を使用する

ルーティング設定を使用して、受信、送信、内部配信のオプション(二重配信、分割配信、組織部門を使用したユーザーおよびチーム向けのカスタマイズなど)を設定できます。各オプションの説明は下記をご覧ください。

オプションの設定手順については、ドメインまたは組織用のルーティング設定をご覧ください。

始める前に

ルーティングと配信の設定を行う前に、メールホスト(別名: ルート)のリストを作成します。作成を終えたら、Google 管理コンソールでルートを追加します。

すべて開く   |   すべて閉じる

受信メールを転送する

さまざまな配信方法を使用して受信メールを転送することができます。組織で Gmail のみを使用している場合は、直接配信(デフォルト設定)を使用します。G Suite ユーザー宛のメールは受信者の受信トレイに配信され、ドメイン内の G Suite ユーザー以外のユーザーに宛てられたメールは削除されます。誤ったアドレスに送信されたメールを受信するために、キャッチオール アドレスを設定することもできます。

組織でメールを格納、配信するために外部メールサーバー(Microsoft Exchange サーバーなど)を使用している場合は、受信メールがまず Gmail によって処理されます。Gmail は迷惑メールや問題のあるメールを除外してから、外部サーバーにメールを転送します。

分割配信を使用してメールを転送する

分割配信を使用すると、受信メールは受信者の設定に基づいて、Gmail の受信トレイまたは以前のシステムの受信トレイのいずれかに配信されます。この配信方法は、Gmail を使用しているユーザーと Gmail 以外のメールシステムを使用しているユーザーがいる場合に役立ちます。たとえば、法務部門宛に送られたメールを以前のメールサーバーに格納する必要がある場合などです。

また、以前のサーバーから Gmail に移行する場合は、この配信方法を使用して一部のユーザーで Gmail をテストします。テスト期間中、ドメインの MX レコードは Gmail を参照するため、管理コンソールに追加されているユーザーは各自の Gmail の受信トレイでメールを受信します。テストメンバーではないユーザーが以前のメールサーバーでこれまでどおりメールを受信できるようにするには、キャッチオール ルーティング ルールを設定します。詳しくは、ユーザーの追加方法をご覧ください。

分割配信を設定するには:

  1. 外部サーバーのルートを追加します(まだ追加していない場合)。

  2. 最初の手順に沿って Google でログインし、必要に応じて組織を選択します。次に [転送] 設定を開いて、新しい設定の説明を入力します。

  3. [影響を受けるメール] で、[受信] と [内部 - 受信] のどちらか一方または両方を選択します。

  4. エンベロープの特定の送信者と受信者にのみルールを適用する場合は、エンベロープ フィルタを設定します。1 人の受信者を指定するには、そのユーザーのメールアドレスを入力します。また、グループを指定することもできます。

  5. [上記の種類のメッセージに対しては、次の処理を行います] で [メッセージを変更] を選択して、組織の状況に応じた設定を行います。

  6. [ルートを変更] をオンにしてリストから外部サーバーを選び、下にスクロールして [保存] をクリックします。

  7. [オプションを表示] を選択し、[影響を受けるアカウントの種類] を [認識できない、キャッチオール] に変更します。

  8. 設定を保存します。

二重配信を使用してメールを転送する

2 つ以上の受信トレイにメールを配信する必要がある場合は、二重配信を設定します。たとえば、ユーザーは Gmail の受信トレイに加え、Gmail 以外の受信トレイ(Microsoft Exchange やアーカイブ サーバーなど)でメールを受信できます。詳しい手順については、メールの二重配信の設定をご覧ください。

キャッチオール アドレスを設定する

キャッチオール アドレスを設定すると、ドメイン内の実在しないメールアドレスに誤って送信されたメールも受信できます。

キャッチオール アドレスを設定するには:

  1. 最初の手順に沿ってログインし、必要に応じて組織を選択します。次に [転送] 設定を開いて、新しい設定の説明を入力します。

  2. [影響を受けるメール] で、[受信] と [内部 - 受信] のどちらか一方または両方を選択します。

  3. エンベロープの特定の送信者と受信者にのみルールを適用する場合は、エンベロープ フィルタを設定します。1 人の受信者を指定するには、そのユーザーのメールアドレスを入力します。また、グループを指定することもできます。

  4. [上記の種類のメッセージに対しては、次の処理を行います] で [メッセージを変更] を選択します。

  5. [エンベロープ受信者] で [エンベロープ受信者を変更] を選択します。

  6. [新しいユーザー名を入力] を選択します。

  7. [@ 存在するドメイン] の横にある空白の欄にキャッチオール アドレスを入力します。たとえば、「jsmith」と入力します。

  8. [オプションを表示] をクリックします。

  9. [影響を受けるアカウントの種類] で、[認識できない、キャッチオール] チェックボックスをオンにします。[ユーザー] チェックボックスと [グループ] チェックボックスはオフにします。

  10. [設定を追加] をクリックします。

  11. 設定を保存します。

追加の受信者にメールを転送する

複数のルーティング設定を使用すると、追加の受信者にメールを自動で転送できます。設定後、ユーザーごとに個別のポリシーを作成します。

追加の受信者にメールを転送するには:

  1. 最初の手順に沿ってログインし、必要に応じて組織を選択します。次に [転送] 設定を開いて、新しい設定の説明を入力します。

  2. [影響を受けるメール] で、[受信] と [内部 - 受信] のどちらか一方または両方を選択します。

  3. エンベロープの特定の送信者と受信者にのみルールを適用する場合は、エンベロープ フィルタを設定します。1 人の受信者を指定するには、そのユーザーのメールアドレスを入力します。また、グループを指定することもできます。

  4. [上記の種類のメッセージに対しては、次の処理を行います] で [メッセージを変更] を選択します。

  5. [その他の送信先] で [受信者を追加] チェックボックスをオンにします。

  6. [追加] をクリックします。

  7. [登録ユーザー] の下にあるリストで [基本] が選択されていることを確認します。

  8. 受信者のメールアドレスを入力し、[保存] をクリックします。

  9. [設定を追加] または [保存] をクリックします。新しい設定が [詳細設定] ページに追加されます。

  10. 設定を保存します。

Gmail 以外のメールボックスへの配信を設定する

[Gmail 以外のメールボックス] 設定を使用すると、迷惑メール以外のメールを外部サーバーに転送し、迷惑メールをメッセージ センターまたは検疫レポートで保留することができます。この設定には、ルーティング ルール以外の機能もあります。

ユーザーは、メールが迷惑メールであるかどうか、外部サーバーに転送できるかどうかを検証することができます。メッセージ センターにログインするか定期レポートを受信し、迷惑メールのリストを確認したうえで、安全であると判断したメールを Gmail 以外のメールボックスに転送できます。この場合、ユーザーは Gmail にはアクセスできず、ローカルのメールサーバーからメールを受信します。

: 2019 年 10 月以降、メッセージ センターおよび検疫レポートのサポートは終了します。詳しくは、迷惑メールへの対応をご覧ください。メッセージ センターの廃止後に迷惑メールを管理する方法について詳しくは、迷惑メールへの対応をご覧ください。

コンプライアンス ルーティング

コンテンツ コンプライアンスと不快なコンテンツ

特定の種類のメールに対して特別な処理を施したい場合があります。たとえば、特定のコンテンツを含むメールを法務部門に転送する場合などです。

こうしたルーティングを行うには、新しいメインの配信先を定義するか(デフォルトのメインの配信先は Gmail サーバー)、特定のテキスト文字列やパターンを含むメールにふさわしい追加の配信先を設定します。たとえば、「機密」などの単語に対してコンテンツ マッチを設定し、メインの宛先を暗号化対応のサーバーに変更します。

詳しくは、コンテンツ コンプライアンス不快なコンテンツについてのページをご覧ください。

添付ファイルのコンプライアンス

新しいメインの配信先を定義したり(デフォルトのメインの配信先は Gmail サーバー)、特定の種類の添付ファイルを含むメールの配信先を追加したりするには、添付ファイルのコンプライアンス設定を使用します。たとえば、画像ファイルが添付されたすべての人事部門宛てのメールの配信先として、予備の配信先を設定することができます。

詳しくは、添付ファイルに関するコンプライアンス ルールの設定方法をご覧ください。

メールの転送前にセキュリティ保護が強化された接続の使用を必須にする

指定のドメインやメールアドレスのユーザーとメールをやり取りする場合に、TLS の使用を必須にすることができます。組織部門ごとに、受信メールと送信メールに対して TLS コンプライアンスを設定します。指定したドメインで TLS を利用できない場合、受信メールは拒否され、送信メールは配信されません。詳しくは、TLS コンプライアンスを設定する方法をご覧ください。

注: TLS を使用する送信ゲートウェイ サーバーを設定している場合、TLS 適用リストで指定されている送信メールは TLS に対応していないドメインに送信されます。

送信メールの転送

すべてのメールをゲートウェイ サーバー経由で送信する

送信メールを転送するには、送信ゲートウェイ サーバーを設定します。通常、ゲートウェイ サーバーでは、配信前のメールに対してなんらかの処理が行われます。

詳しくは、送信メールのゲートウェイを設定するをご覧ください。

SMTP リレー サービスを設定して Gmail サーバー経由でメールを転送する

組織で Gmail 以外のメールサーバー ソフトウェア(例: Microsoft などのサードパーティの SMTP サービス)を使用している場合、SMTP リレ ーサービスを設定して Gmail サーバー経由で送信メールを転送することができます。

[SMTP リレー サービス] 設定を使用すると、メールが外部の受信者に配信される前に迷惑メールやウイルス感染につながるメールを除外したり、送信メールに G Suite のメール セキュリティ設定を適用したりすることができます。詳しくは、SMTP リレーの設定に関する記事をご覧ください。

ルーティング設定のトラブルシューティング

ルートが競合する場合

ドメイン全体で適用する、受信メールの転送ポリシーを設定できます。さらに、メールのコンテンツや添付ファイルに基づいて配信ルートを定義することもできます。ルーティング設定の優先順位については、組織に合わせて Gmail の設定を調整するをご覧ください。

以前のルーティング設定との競合が発生している場合、このページで説明している設定が以前の設定に優先されます。詳しくは、メールのルーティングと配信をご覧ください。

メールのルーティングまたは配信に失敗する場合

Gmail または G Suite のサーバーから外部の受信サーバーにメールを転送する際に、タイムアウト、拒否、または 400 番台のエラーにより外部サーバーに接続できない場合、メールは保留されます。Gmail の場合、メールは最長で 7 日間保留され、数分ごとに転送が再試行されます。7 日間が経過すると、メールは差出人に返されます。

Gmail で転送が再試行されている間に新しいサーバーを追加しても、メールは新しいサーバーではなく元のサーバーに転送されます。

500 番台のエラーが発生した場合、メールは即座に拒否されます。

詳しくは、SMTP エラー メッセージについてSMTP エラー リファレンスをご覧ください。

 

Google、G Suite、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。