Speednames.asia(IP Mirror): ドメインの所有権の確認

ヒント: 所有権を確認する手続きを行う際に参照できるよう、この記事の手順を展開して印刷しておくと便利です。

所有権の確認が必要な理由

ドメイン所有権の確認が完了すると、G Suite、Drive Enterprise、Cloud Identity といった Google のサービスをご利用いただけるようになります。G Suite のライセンスをお持ちの場合、Gmail や Google ドライブのほか、G Suite アカウントに含まれるその他すべてのサービスをご利用いただけます。

所有権を確認する方法

Google サービスをお申し込みになる際に提供される確認レコードをコピーし、ドメインの設定画面に貼り付けます(ドメインの設定は、通常ドメインホストに保存されています)。

所有権の確認についてご不明な点がある場合は、サポートにお問い合わせください。G Suite(有償版)をご利用のお客様に、個々のニーズにあったサポートを迅速に提供いたします。Google Cloud サポートは、シルバー、ゴールド、プラチナのいずれかのサポートレベルのお客様にご利用いただけます。

ステップ 1: 一意の確認レコードを取得する

お申し込み時、設定ウィザードに確認レコードが表示されます。

設定ウィザードを開いていない場合: G Suite 設定ウィザードを見つけるを参照して確認レコードを探します。表示されている一意の確認レコードをコピーしてこの記事に戻り、ステップ 2: ドメインホストにログインするに進みます。

  1. [ドメインの確認とメールの設定] ページで [別の方法を選択] をクリックし、[ドメイン ホスト レコードを追加(TXT または CNAME)] を選択します。

     

    Choose a Different Method drop-down menu

     

  2. [値 / 応答 / 参照先] 欄に表示されている一意の確認レコード全体をコピーします。[値 / 応答 / 参照先] 欄に確認レコードの例が表示されています。

ヒント: TXT レコードの代わりに CNAME レコードが必要な場合は、設定ウィザードの [ドメインに新しい TXT レコードを追加] のステップで [CNAME レコードを追加する] をクリックします。

手順 2: ドメインホストにログインする

  1. ブラウザの新しいタブまたはウィンドウで Speednames.asia(旧 IP Mirror)のウェブサイトにログインします。
  2. ユーザー名やパスワードがわからない場合は、パスワードを再設定するか、Speednames.asia のサポートにお問い合わせください。

手順 3: 確認レコードをドメインの DNS レコードに追加する

  1. Speednames.asia のサイトで [Advanced Tools] をクリックします。

    [Quick Access] の [Advanced Tools] ボタン

  2. Speednames.asia で複数のドメインをご利用の場合は、Google サービスでドメインの所有権の確認を行うドメインをクリックします。
  3. [DNS Manager] をクリックします。[DNS Manager] ウィンドウが開きます。
  4. [Edit Zone File] をクリックします。
  5. [Add Record] をクリックします。[Add Record Details] パネルが表示されます。
  6. [Add Record Details] パネルで [Type] リストから [IN TXT] を選択します。

    [Add Record Details] の [Type] リストで [IN TXT] を選択しているところです。

  7. [Name] 欄に「@」と入力します。
  8. [Value] 欄に、コピーしておいた確認コードを貼り付けます。TXT レコードを追加しても、メールやウェブサイトに影響を及ぼすことはありません。

    [Add Record Detail] を入力したところです

  9. [Apply] をクリックします。[DNS Records] の表にレコードが表示されます。
  10. メールが G Suite アカウントの新しい Gmail の受信トレイに配信されるように MX レコードを設定する場合は、手順 4: 所有権を確認するよう Google に伝えるに進みます。それ以外の場合は、[Next] をクリックして TXT レコードを保存します。

    緑の [Next] ボタン

  11. もう一度 [Next] をクリックして確定します。所有権確認用のレコードが保存されたことを示すメッセージが表示されます。

    「Submitted successfully」のメッセージ

: 変更が反映されるまでに最長で 48 時間ほどかかることがあります。ただし、設定ウィザードの以降のステップに進むと、新しい TXT レコードの確認処理がすぐに行われ、ドメインの所有権が確認されます。

ステップ 4: 所有権の確認を Google に依頼する

  1. 設定ウィザードに戻ります。
  2. [TXT 確認レコードを保存しました] チェックボックスをオンにし、[確認] をクリックします。
  3. G Suite のお客様は、次のステップに進んで Gmail を設定します。

G Suite: 次のステップ

次に、G Suite アカウントで Gmail を設定します。

  1. 設定ウィザードとご利用のドメインホストのウェブページを開いておきます。
  2. ブラウザのタブまたはウィンドウを新たに開き、ご利用のドメインホストでの Gmail(MX レコード)設定手順に沿って設定します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。