GWMHN ログの書き出し

Google Workspace Migration for HCL Notes

事象の解析のため、Google Workspace Migration for HCL Notes (GWMHN)Google Workspace サポートに送信する必要が生じる場合があります。

GWMHN ログを書き出す方法は 2 つあり、構造化テキスト形式または NSF ファイル形式を使用します。

: 特に指定のない限り、Google Workspace サポートには常に構造化テキスト形式(方法 1)で書き出したログをご提供ください。

方法 1: ログを構造化テキスト形式で書き出す

ステップ 1: 詳細なイベント ロギングを有効にする

  1. GWMHN 管理データベースを開きます。
  2. [System Setup] をクリックします。
  3. [Advanced] タブをクリックします。
  4. [Detailed migration event logging] オプションをオンにします。

    : 移行時に [Detailed migration event logging] がオフになっていた場合は、移行を再実行する必要があります。

ステップ 2: GWMHN ログを構造化テキスト形式で書き出す

  1. 管理データベース メニューの [Open Log] から管理データベースのログを開きます。

    また、移行フォルダ内の GWMHN のインストール場所に移動すると、Notes クライアントおよび Domino Administrator から直接ログ データベースを開くこともできます。

  2. ログ内で確認する必要があるドキュメントを選択します。不明な場合はログ全体を選択します。
  3. [Export] をクリックします。

    出力ファイルのパスの入力を求めるメッセージが表示されます。デフォルトは c:\temp\export.txt です。

  4. [OK] をクリックします。

    ログ ドキュメントが構造化テキスト形式で書き出されます。

  5. 各フィーダーのメインページの [Open Log] をクリックします。

    [Open Log] が表示されるのは、詳細なロギングが有効になっている場合のみです。

  6. フィーダーログごとに手順 2〜4 を繰り返します。

ステップ 3:(省略可)Domino サーバーログを書き出す

管理ログまたはフィーダーログがまったくない場合や、問題が GWMHN のコンポーネントが正しく読み込まれていないこと(フィーダーが作成または開始されていないなど)に起因する場合は、Domino サーバーログも構造化テキストとして書き出す必要があります。

  1. サーバーログ データベース(log.nsf)を開きます。
  2. [Miscellaneous Events] ビューで、ドキュメントを選択します。
  3. Notes クライアント メニューから [ファイル] 次に [書き出し] を選択します。

: [Detailed migration event logging] がオンになっている場合、個別のフィーダーログ データベースが、移行サーバー上の GWMHN データベースと同じフォルダに作成されます。これはパフォーマンスに大きく影響する可能性があるため、[Detailed migration event logging] は詳細なトラブルシューティングが必要な場合にのみオンにすることをおすすめします。

方法 2: ログを NSF ファイル形式で書き出す

トラブルシューティングの際、移行に関係する Notes データベースのコピーを Google Workspace サポートに提供する必要が生じる場合があります。データベースの NSF ファイルをパソコンにコピーし、ローカルコピーを作成したら、メールに添付して送信できます。

トラブルシューティングに使用する NSF ファイルの種類:

  • GWMHN 管理者データベース - GWMHN の設定と統計情報が記録されています。
  • GWMHN 移行ログ データベース - 移行中に行われた操作が記録されています。
  • フィーダーログ データベース - データを形式化して移行するためにフィーダーによって行われた操作が記録されています。
  • Notes サーバーログ - サーバーレベルの操作がすべて記録されています。

データベースから NSF ファイルをコピーするには:

  1. HCL Notes を開きます。
  2. [ファイル] 次に [データベース] 次に [開く] をクリックします。
  3. データベースの NSF ファイルを見つけて、[開く] をクリックします。
  4. [ファイル] 次に [データベース] 次に [新規コピー] をクリックします。
  5. 書き出す場所を選択 次に [OK] をクリックします。

: NSF ファイル形式のログを提供するのは、Google Workspace サポートから明示的な依頼があった場合のみにしてください。

関連トピック

Google Workspace サポートへのお問い合わせ


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false