デフォルトの転送の設定

デフォルトの転送を使用して、ドメイン全体を対象とした受信メールの転送ポリシーを設定できます。

たとえば、デフォルトの転送を使用して分割配信を設定し、登録されていない G Suite ユーザー宛てのメールをオンプレミス メールサーバーに転送できます。この方法は、ユーザーを従来のメールサーバーから Gmail に移行する際に役立ちます。また、デフォルトの転送を使用して既存のユーザー アカウントをキャッチオール アドレスとして指定し、ドメインに存在しないユーザー宛のメールを受信することもできます。

転送の設定を行うには、受信者のアドレスを指定し、それらの受信者宛のメールの処理方法を指定します。複数の転送設定を指定する場合は、ルールに優先順位を付けることができます。転送設定の順序を指定するをご覧ください。

分割配信やキャッチオール アドレスなどの転送設定の詳細については、メールのルーティングと配信をご覧ください。

: デフォルトの転送は、Gmail の他の詳細設定(コンテンツ コンプライアンス、添付ファイルのコンプライアンスなど)よりも優先順位が低くなります。

ドメインのデフォルトの転送を設定する
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [Gmail] 次に [詳細設定] にアクセスします。

    ヒント: [詳細設定] を表示するには、Gmail ページを最下部までスクロールします。

  3. [デフォルトの転送] をクリックします。
  4. [設定を追加] をクリックします。
  5. 照合するエンベロープ受信者をリストから選択します。
    • 1 人の受信者 - メールアドレス(jjsmith@solarmora.com など)を入力して 1 人のユーザーを指定します。
    • パターン一致 - ドメイン内の一連の受信者を指定する正規表現を入力します。
    • グループ メンバー - リストから 1 つ以上のグループを選択します(注: グループは [グループ] タブで作成してください)。
    • すべての受信者 - ドメイン内のすべての受信者を指定します。デフォルトでは、認識されないアドレスにのみ影響します。
  6. [エンベロープ受信者が上記と一致している場合] 欄で、転送設定の条件を満たすメールの処理方法(拒否、変更、または検疫)を指定します。

    メールを拒否

    このオプションを選択すると、メールは送信を拒否され、目的の受信者には到達しません。拒否の通知文はカスタマイズできます。

    注: この処理が指定された転送設定は、自動的にデフォルトの転送の優先順位リストで最上位に配置されます。転送設定の順序を指定するをご覧ください。

    メッセージを変更

    ヘッダーの追加、ルートの変更、エンベロープ受信者の変更、受信者の追加(セカンダリ ルート)、添付ファイルの削除によってメールを変更できます。

    ルーティング制御の詳細については、下記の説明をご覧ください。

    X-Gm-Original-To ヘッダーを追加

    このチェックボックスをオンにすると、受信者が変更された場合にヘッダータグが追加されます(例: X-Gm-Original-To: jjsmith@solarmora.com)。これにより、ダウンストリーム サーバーが元のエンベロープ受信者を認識できるようになります。

    メールのコピーを別の受信者に再転送する場合、X-Gm-Original-To ヘッダーを追加すると便利です。再転送する場合、受信者のアドレスを変更することになりますが、新しい受信者が元のエンベロープ受信者のアドレスを知りたい場合は、メールの X-Gm-Original-To ヘッダーを見れば元のエンベロープ受信者がわかります。

    X-Gm-Spam ヘッダーと X-Gm-Phishy ヘッダーを追加

    Gmail 経由で配信されたメールには、自動的に迷惑メールフィルタとフィッシング フィルタが適用されます。[X-Gm-Spam ヘッダーと X-Gm-Phishy ヘッダーを追加] をオンにすると、迷惑メールとフィッシングのステータスを示す次のヘッダーが追加されます。

    迷惑メール

    0 の場合は(X-Gm-Spam: 0)、迷惑メールではないことを示します。

    1 の場合は(X-Gm-Spam: 1)、メッセージが迷惑メールであることを示します。

    フィッシング

    0 の場合は(X-Gm-Phishy: 0)、フィッシング メールではないことを示します。

    1 の場合は(X-Gm-Phishy: 1)、フィッシング メールであることを示します。

    注: フィッシングのマークが付いたメールには、自動的に迷惑メールのマークも付きます。

    [X-Gm-Spam ヘッダーと X-Gm-Phishy ヘッダーを追加] をオンにした場合、ダウンストリーム サーバーの管理者は、迷惑メールやフィッシング メールを正常なメールと区別して処理するためのルールを設定できます。

    カスタム ヘッダーを追加

    受信ルーティングや送信ルーティングなどの設定の対象となるメールにカスタム ヘッダー(複数可)を追加できます。たとえば、設定で指定した説明と一致するヘッダーを追加できます。これは、メッセージが特定の方法で配信された理由やフィルタが適用された理由を調べるのに役立ちます。

    件名の先頭に追加するカスタム テキスト

    メールの件名の先頭に追加する文字列を入力できます。たとえば、この欄に「機密」と入力すると、メールの受信者には「[機密] 月次報告書」と表示されます。

    ルートを変更、迷惑メールのルートを変更する

    ルートを変更
    [ルートを変更] を使用すると、メールの送信先を変更できます。デフォルトでは Gmail のメールサーバーがプライマリ配信先ですが、これを変更して、Microsoft® Exchange などの社内導入型メールサーバーにメールを配信することができます。

    配信先を変更する前に、Gmail の高度な配信設定でメールルートを追加する必要があります。[ホスト] タブで追加したルートが、[ルート] プルダウン リストに表示されます。

    迷惑メールのルートも変更する
    [迷惑メールのルートも変更する] は、[ルートを変更] チェックボックスをオンにすると表示されます。[迷惑メールのルートも変更する] を指定すると、迷惑メールと判断されたメールも含め、設定の条件に一致するすべてのメールのルートを変更できます。[ルートを変更] チェックボックスがオンで、[迷惑メールのルートも変更する] チェックボックスがオフの場合、通常のメールのルートは変更されますが、迷惑メールのルートは変更されません。迷惑メールは G Suite プラットフォームに 30 日間保存されます。

    :

    • [迷惑メールのルートも変更する] チェックボックスをオンにするかどうかにかかわらず、明らかな迷惑メールのルートは変更されません。このようなメールは配信時に即座に削除されるためです。
    • メールが迷惑メールに分類されていても、より優先される Gmail 設定(送信者ホワイトリストなど)が存在する場合、そのメールは迷惑メールとみなされず、通常のメールとしてルートが変更されます。
    エンベロープ受信者を変更

    エンベロープ受信者を変更するには、[宛先を置換] オプションをオンにして、ユーザーのメールアドレス(jjsmith@solarmora.com など)を入力します。

    プライマリ配信のメールのエンベロープ受信者を変更するということは、メールを別の受信者に転送することと同じです。追加(セカンダリ)配信のエンベロープ受信者を変更することもできます。これは Bcc と同じです。

    このメッセージには迷惑メールフィルタを適用しない

    この設定をオンにすると、迷惑メールフィルタによって迷惑メールと識別された場合も、受信者にそのメールが配信されます。

    メッセージから添付ファイルを削除

    メールから添付ファイルを削除するには、このオプションをオンにします。必要に応じて、添付ファイルが削除された旨を受信者に通知するためのテキストを追加することができます。

    受信者を追加

    二重配信や多重配信に使用する追加(セカンダリ)配信を設定するには、[受信者を追加] チェックボックスをオンにします。

    プルダウン リストから [基本] を選択し、個別のメールアドレスを追加して [保存] をクリックします。[追加] をクリックすると、複数の受信者アドレスを追加できます。

    プルダウン リストから [詳細設定] を選択し、セカンダリ配信の詳細設定を選択します。プライマリ配信の設定を変更したのと同様に、セカンダリ配信でもエンベロープ受信者の変更、ヘッダーの追加、カスタムの件名の付加、添付ファイルの削除を行うことができます。

    注:

    • 各ルールで追加できる受信者は 100 名までに限られます。このため、数が多い場合はグループの使用を検討してください。
    • プライマリ配信に対して行った設定は、セカンダリ配信にも適用されます。たとえば、プライマリ配信に対してエンベロープ受信者を変更し、件名の先頭にカスタム テキストを追加し、カスタム ヘッダーを追加した場合、同じ設定がセカンダリ配信にも適用されます。
    • セカンダリ配信では、[この受信者に迷惑メールを送信しない] チェックボックスと [この受信者からのバウンスメールを送信元に送信しない] チェックボックスがデフォルトでオンになります。[この受信者からのバウンスメールを送信元に送信しない] チェックボックスがオンになっていると、バウンスメールが送信元に送信されるのを防ぐことができます。
  7. [オプション] 欄で、認識されないアドレスに対してのみこの操作を実行するかどうかを選択します。認識されるアドレスと認識されないアドレスの両方を選択することもできます。

    注: 停止中のユーザーは認識されないユーザーとみなされます。
  8. [保存] をクリックします。
  9. 下部にある [保存] をクリックします。

変更がユーザー アカウントに反映されるまでには、最長で 1 時間ほどかかる場合があります。設定の変更履歴は、管理コンソールの監査ログで確認できます。

転送設定の順序を指定する

[デフォルトの設定] タブでは、ドメインに対して複数の転送設定を指定できます。転送設定ごとに、受信者(複数可)とその受信者宛てのメールの処理方法を指定します。

注: デフォルトの転送設定は、ドメインあたり 1,000 個まで設定できます。

[デフォルトの転送] ページには、設定の一覧が表示されます。設定を調整するには、[編集] をクリックします。設定を削除するには、左の列にあるチェックボックスをオンにして、[削除] をクリックします。このページで設定の順序(優先順位)を調整することもできます。

重要: 指定した転送設定は、対象となる受信メールにすべて適用されます。2 つの設定が競合する場合は、競合する設定のうち優先順位の高い方が適用され、優先順位の低い方は無視されます。ただし、[拒否] を指定した設定は、別の設定の優先順位を最も高く指定していても、自動的に最優先されます。

  1. 最も高い優先順位を割り当てる転送設定の [順序] 列に、「1」と入力します。
  2. [デフォルトの転送] ページの任意の場所をクリックすると、変更内容が保存されます。
  3. 2 または 3 など、他の優先順位を割り当てるには、この手順を繰り返します。

詳細と設定手順については、メールのルーティングと配信をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。