ドメインの所有権を TXT レコードで証明する

ヒント: 所有権を確認する手続きを行う際に参照できるよう、この記事の手順を展開して印刷しておくと便利です。

所有権の確認が必要な理由

ドメイン所有権の確認が完了すると、G Suite、Drive Enterprise、Cloud Identity といった Google のサービスをご利用いただけるようになります。G Suite のライセンスをお持ちの場合、Gmail や Google ドライブのほか、G Suite アカウントに含まれるその他すべてのサービスをご利用いただけます。

注: G Suite のお申し込みにあわせてドメインをご購入いただいた場合、確認を行う必要はありません。

Google サービスのドメイン所有権を確認する

ドメインの所有権の確認は、ご利用のドメインホスト(通常はドメイン名の購入先)で行います。ドメインホストは、インターネット トラフィックをドメイン名に対応づける DNS レコードと呼ばれる設定を管理しています。詳しくは、ドメインホストの特定をご覧ください。

Google から TXT 確認レコードを入手して、ドメインホストの DNS レコードに追加してください。Google でレコードの存在が確認されると、ドメインの所有権が確認されます。確認レコードを追加しても、ウェブサイトとメールに影響が生じることはありません。

TXT 確認レコードを追加する(任意のドメインホスト)

すべて開く  |  すべて閉じる

1. 確認レコードを取得する

確認レコードは設定ウィザードか Google 管理コンソールで取得できます。

設定ウィザードでレコードを取得する

Google サービスのお申し込みが完了したら、セットアップ ウィザードに沿って、ドメインの所有権の証明を含むアカウント設定を進めます。

  1. [ドメインの所有権の確認とメールの設定] ページでリンクをクリックし、利用中のドメインホストのログインページを新しいタブで開きます。ドメインホストのログインページを開くオプションが表示されない場合は、[別の方法を選択] をクリックし、[ドメインホスト レコードを追加(TXT または CNAME)] を選択します。
  2. ドメインホストにログインします。
  3. 設定ウィザードで、次のチェックボックスをオンにします。
    • [ログインできました]
    • [自分のドメインのコントロール パネルを開きました]
  4. [新しい TXT レコードを作成します] で、[値 / 応答 / 参照先] 欄の内容をコピーします。これにより、確認レコードの値がコピーされます。

The TXT Value/Answer/Destination record is shown.

管理コンソールでレコードを取得する

設定ウィザードが表示されていない場合は、Google 管理コンソールで Google サービスを設定できます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページ上部にある [設定を開始] または [ドメインを確認] をクリックします。
  3. [確認を開始] をクリックします。
  4. [ドメイン レジストラまたはプロバイダを選択次に [その他] をクリックします。
  5. [新しい TXT レコードを作成します] で、[値 / 応答 / 参照先] 欄の内容をコピーします。これにより、確認レコードの値がコピーされます。

     

2. ドメインの DNS レコードに移動する
  1. 2 番目のブラウザ ウィンドウかタブで、ドメインホストのアカウントにログインします。詳しくは、ドメインホストの特定をご覧ください。
  2. ドメインの DNS レコードに移動します。このページには、[DNS Management](DNS の管理)、[Name Server Management](ネームサーバーの管理)、[Control Panel](コントロール パネル)、[Advanced Settings](詳細設定)などの項目が含まれていることがあります。
  3. 新しいレコードを追加するオプションを選択します。
3. ドメインホストに確認レコードを追加する
  1. レコードタイプは [TXT] を選択します。
  2. 名前、ホスト、エイリアスの欄に「@」と入力するか、この欄を空白にします。
    この欄に、ご使用のドメイン(例: [ドメイン名].com)の入力を求められる場合があります。他の DNS レコードで、入力すべき内容を確認できることがあります。
  3. Time to Live(TTL)の欄に「86400」と入力するか、この欄をデフォルト値のままにします。
  4. 手順 1 でコピーした確認レコードを、値、応答、参照先の欄に貼り付けます。
  5. レコードを保存します。

: DNS 設定の変更についての警告は無視します。TXT レコードを追加しても、ウェブサイトや DNS 設定に悪影響を及ぼすことはありません。

4. ドメインの所有権の確認を完了する
  1. 最初のブラウザ ウィンドウの設定ウィザードに戻ります。
  2. [確認] をクリックします。
  3. [続行] をクリックして設定を完了します。

TXT レコードの変更が有効になるまで最長で 72 時間ほどかかることがありますが、ほとんどの場合短時間で完了します。

ドメイン内で現在どの DNS レコードが有効になっているかを調べることで、変更の状態を確認することができます。詳しくは、TXT レコードのトラブルシューティングをご覧ください。

さらにサポートが必要な場合、またはドメインの DNS レコードにアクセスできない場合は、ドメインホストにお問い合わせください。

サポートを受ける

所有権の確認についてサポートが必要な場合は、G Suite サポートにお問い合わせください。

次のステップ(G Suite のみ)

ドメイン所有権の確認が完了すると、G Suite で Gmail を設定できます。ブラウザのウィンドウまたはタブに表示されている設定ウィザードとドメインホストのサイトはそのまま閉じずに、新しいタブかウィンドウで、利用中のホスト向けに Gmail を設定する手順のページを開いてください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。