ドメインの所有権を TXT レコードで保護する

この操作が必要な理由

第三者がお客様の ドメインを使用して Google Workspace に申し込むのを防止するためです。所有権を証明することがドメインの安全性の確保につながりますので、ご協力ください。

仕組み

Google Workspace のお申し込みガイド(初心者向け)

ドメイン([会社名].com など)には必ず各種 DNS レコードが設定されており、インターネット上で誰でも確認できます。DNS レコードにより、ウェブサイトの検索方法や会社のメールの配信先を他のコンピュータに知らせることができます。

  • Google Workspace 設定ツールから確認コードをコピーします。
  • ドメイン登録事業者にログインし、 ドメインの DNS レコードに確認コードを貼り付けます。
  • ドメイン登録事業者によって確認コードが公開されると、ドメインの所有権の証明が完了します。

上級者向けの詳細な技術情報

ドメイン登録事業者の DNS 設定に TXT レコードを追加する方法は、ほとんどの新しい Google Workspace 管理者にとって最も簡単な方法です。

別の証明方法を希望される場合は、設定ツールを使用して次の操作を行うこともできます。

  • ドメイン登録事業者の設定で CNAME レコードを追加します。これは、後述する TXT での証明方法と似ています。
  • ドメインに既存のメール プロバイダの MX レコードが追加されていない場合は、MX レコードを使用してドメインの所有権を証明できる可能性があります。注: 設定ツールでこの証明方法を利用できるのは、ドメインがその対象である場合だけです。

これらの証明方法を使用するには、設定ツールを開いたときに [別の方法で所有権を証明する] をクリックします。

始める前に

簡単な作業ではありませんが、詳しくご説明しますのでご安心ください。

DNS レコードは、インターネットの普及当初から存在しています。ドメインごとに手順の異なる手間のかかる作業です。Google では作業の簡略化を図っておりますが、場合によってはスムーズに進まないことも考えられます。

この記事で手順を詳しく説明いたしますので、よくお読みください。

登録事業者にログインする必要があります

操作を開始する前に、Namecheap へのログインに必要なアカウント ID とパスワードがあることを確認します。アカウントについてサポートが必要な場合は、登録事業者にお問い合わせください。

Google Workspace 設定ツールを開く

このタスクを完了するには、Google Workspace 設定ツールを使用する必要があります。別のタブで設定ツールをまだ開いていない場合は、下のボタンをクリックして開いてください。

設定ツールを開く

重要: 設定ツールの手順で操作し、追加情報が必要な場合にのみこのページを確認してください。

サポートが必要な場合

青色のボタンをクリックするとエラーが表示される場合

設定ツールを利用できるのは Google Workspace と Cloud Identity の管理者のみです。他の Google サービスでは使用できません。

管理者アカウントでログインしていることを確認してください。

「Google Workspace を使用するための設定が完了しました」と表示される場合

ドメインの所有権の証明は完了しています。追加のご対応は必要ありません。

第三者がこのドメインを使用して Google Workspace に申し込むことはできません。

次の手順がわからない場合

前述の青色のボタンをクリックすると、次のようなページが表示されます。
[TXT 確認] と表示されていることを確認し、[続行] をクリックします。
次のページの上部に、コードと [コピー] ボタンが表示されます。

確認コードを追加する方法


1

DNS レコードを確認する


(a)
新しいタブを開き、登録事業者のウェブサイトにログインします。通常は、このサイトでドメインを購入したり、ウェブサイトをホストしたりします。
(b)
登録事業者のサイトで、所有するドメインを管理するためのページを探します。
(c)
設定するドメインを選択し、DNS レコードを管理するためのページを探します。
ページの名称は一般的に次のようになっています。
  • DNS 設定または DNS 管理
  • 詳細設定
  • ネームサーバーの管理
  • コントロール パネル

重要: DNS レコードがわからない場合は、登録事業者にお問い合わせください。

2

確認コードを追加する


(a)
設定ツールから確認コードをコピーします。

Google Workspace 設定ツールで確認コードをどこからコピーすべきかを示す画像

(b)
登録事業者のウェブサイトのタブに切り替えて、新しい TXT レコードを作成します。

新しい TXT レコードに確認コードを挿入した、登録事業者ウェブページの例を示す画像

  • [Name] 欄に「@」と入力します。このフィールドは、[ホスト]、[ホスト名]、[エイリアス] などの名称になっている場合もあります。
  • 設定ツールからコピーした確認コードを [Value] 欄に貼り付けます。このフィールドは、[データ]、[回答]、[宛先] などの名称になっている場合もあります。
(c)
新しい TXT レコードを保存します。
確認コードが、インターネット上の他のコンピュータでもじきに認識できるようになります。

Google Workspace にコードの確認を指示する


(a)
Google Workspace 設定ツールを開いているブラウザタブに戻ります(閉じてしまった場合はもう一度ツールを開きます)。
(b)
確認コードをコピーしたページの一番下までスクロールし、[ドメインを保護] をクリックします。

重要: 登録事業者によっては、確認コードの公開にさらに時間がかかる場合があります。Google Workspace 設定ツールで新しい TXT レコードが見つからない場合は、1 時間ほど待ってからもう一度お試しください。

DNS 設定についてサポートが必要な場合は、登録事業者にお問い合わせください。ドメイン管理の専門家によるサポートを受けられます。


次のステップ

  1. Google Workspace 設定ツールに戻ると、次のことができます。
    • 他のユーザーをアカウントに追加する。
    • Gmail を組織で使えるようにする。
  2. クイック スタートガイドを参考にしながら、組織の Google Workspace の設定を続けます。

サポートを受ける

所有権の証明についてサポートが必要な場合は、Google Workspace サポートにお問い合わせください。

次のステップ(Google Workspace のみ)

ドメイン所有権の証明が完了すると、Google Workspace で Gmail を設定できます。管理コンソールとドメインホストのサイトはブラウザで開いたままにし、別のタブかウィンドウで、ご利用のホストで Gmail を設定する詳しい手順を開いてください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
true
true
73010
false
false