ユーザーと端末のポリシーについて

組織内の一部のユーザーのみに、管理対象の Google アカウントの機能やサービスの使用を許可することができます。たとえば、G Suite 管理者は、サポートチーム限定で Google ハングアウトを有効にしたり、営業部門限定で一般公開のカレンダーの共有を許可したりすることができます。また、Chrome 端末ごとに設定を調整することもできます。それには、特定の要件を持つユーザーや端末を組織部門にグループ化し、組織部門ごとに希望する設定を適用します。

次の方法でポリシーを適用できます。

ユーザー別にサービスをオンまたはオフにする

たとえば、G Suite 管理者がサポートチーム限定でハングアウトを有効にするには、サポート担当のユーザーを含む組織部門を作成してから、その組織のみハングアウトを有効にします。

ユーザー別にサービスの設定を変更する

ほとんどのサービスには、組織部門に適用できる個別設定があります。たとえば、G Suite 管理者が営業部門限定でカレンダーの一般公開を許可するには、営業チームを含む組織部門を作成してから、カレンダーの設定で、その組織のみ一般公開の共有を有効にします。

Chrome 端末別に設定を変更する

組織部門には Chrome 端末も追加できます。たとえば、教師に Chromebook での Incognito モードの使用を許可し、生徒には許可しない場合は、教師の Chromebook を含む組織部門を作成してから、端末の設定で、その組織のみシークレット モードを有効にします。

次の手順: 組織構造の仕組み

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。