組織のユーザー向けに Gmail の署名を設定する

このページは、会社や学校など、グループで利用する Gmail アカウントの管理者を対象としています。 個人用 gmail.com アカウントの署名を作成するにはこちらの手順で操作してください

職場、学校、その他のグループで Gmail をご使用の場合は、独自の署名を作成して、Gmail のメールに自動的に追加することができます。署名には連絡先情報、会社のロゴ、リンクなどを追加できます。

管理者は、全員が使用する共通の署名を作成したり、ユーザーが自身の署名に Google ドライブから画像を追加できるよう許可したりすることができます。Gmail の署名に入力できるのは 10,000 文字までです。

すべて展開  |  すべて折りたたむ

管理者ができること

全ユーザーに会社の署名またはデフォルトのフッター テキストを適用する
次の方法で、全員のメールに同じ署名またはメッセージを追加することができます。
  • 全員にデフォルトの署名を適用する - Gmail API を使用して、全員の設定に同じ署名を適用します。ユーザーが作成ウィンドウを開くとこの署名が表示され、ユーザーは必要に応じて署名を変更、更新することができます。詳しくは、署名を管理するをご覧ください。

    従来の無償版 G Suite をご利用の場合は、Google Workspace にアップグレードするとこの機能をご利用いただけるようになります。

  • 送信メールの末尾にフッターを追加する - すべての送信メールの末尾にテキスト フッターを自動的に追加することができます。法令遵守や会社のプロモーションのためのテキストを追加したり、標準の署名を追加したりします。このフッター メッセージは、ユーザーのメール作成中には表示されず、ユーザーが変更、削除することもできません。詳しくは、ユーザーが送信するメールに標準のフッターを追加するをご覧ください。
ユーザーが Google ドライブから画像を追加できるようにする
組織内のユーザーが Google ドライブから自身の署名に画像を追加できるようにするには、Google 管理コンソールで設定を有効にする必要があります。
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [ドライブとドキュメント] にアクセスします。
  3. [共有設定] をクリックし、[[組織名] の外部との共有] で [オン] を選択します。
  4. [[組織名] の外部との共有が許可されている場合、[組織名] 内のユーザーは、リンクを知っているすべてのユーザーに対して、ファイルおよび公開済みのウェブ コンテンツを公開することができます] チェックボックスをオンにします。
  5. [保存] をクリックします。

ユーザーができること

写真、画像、ロゴ、スタイルを使用して署名を作成する

さまざまなテキスト スタイル、写真、画像、ロゴ、リンクを追加して、署名を目立たせることができます。次のヒントを参考にしてください。

重要:

  • ドライブから画像をアップロードできるようにするには、必ず共有を有効にしてください。詳しくは、ユーザーがドライブから画像を追加できるようにするをご覧ください。
  • 署名の画像が無効なリンクとして表示される場合は、ブラウザで Cookie の設定を確認してください。Gmail に署名の画像を表示するには、Cookie を有効にする必要があります。詳細
1 つのアドレスに対して複数の署名を作成する

ウェブ版 Gmail でのみご利用いただけます。

宛先が取引先か友人かによって、署名を使い分けることができます。テンプレートを使用して、複数の署名を保存、送信することができます。詳しくは、メール テンプレートを作成するをご覧ください。

From アドレスごとに署名を追加する
複数のメールアドレスを持つユーザーは、それぞれに異なる署名を作成できます。詳しくは、以下のリンク先の記事をご確認ください。

[名前] 機能を使用している場合に署名を追加する

関連トピック

ドライブ ユーザーの共有権限を設定する

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false