Gmail の署名

ユーザーは自身のメール署名を作成することができます(署名は、送信するすべてのメールの一番下に挿入されます)。連絡先情報、ドライブからアップロードした画像、お気に入りの言葉などを使用してカスタマイズできます。

ユーザーは署名にリッチテキスト、画像、HTML を使うことができますか?

はい。Gmail でメールを作成するときに使用するのと同じ書式設定ツールバーを使用して Gmail の署名をカスタマイズできます。[設定] > [全般] に移動して、画像やハイパーリンクを挿入したり、色や太字を設定したテキストを追加したりできます。ドライブ アカウントから直接画像をアップロードして挿入することもできます。

注: 「ドライブから画像を直接挿入」する機能を Gmail で表示するには、管理コンソールでドライブ ファイルの外部共有を有効にします。[ドライブ] > [共有設定] > [共有オプション] に移動し、共有オプションが有効になっていることをご確認ください。
ドライブから画像をアップロードして挿入するには
  1. をクリックし、[設定] を選択します。[署名] セクションまでスクロールします。
  2. 画像を追加するには をクリックします。
  3. 次のいずれかをクリックして画像を選択します。
    • マイドライブ: ドライブで使用できる画像を表示します
    • アップロード: システムからドライブに画像を追加します
    • ウェブアドレス(URL): 画像がホストされている場所を指定できます
  4. [選択] をクリックして、Gmail の署名に画像を追加します。

すべてのユーザー向けに自動署名を有効にできますか?

Google Apps のエディションによります。

複数の署名を作成できますか?

場合によります。署名は、メールアドレス 1 つにつき 1 つだけ作成できます。ただし、[設定] > [アカウント] をクリックして Gmail アカウントに複数のメールアドレスを追加した場合は、[設定] > [全般] タブの [署名] プルダウン メニューを使用して、差出人アドレスごとに異なる署名を作成できます。

また、ドメインで Gmail Labs を有効にしている場合、ユーザーは返信定型文 Labs 機能を使用して、よく使う文面を保存、送信することができます(それぞれに異なる署名を含めます)。

たとえば、社内と社外で異なる署名を使用する場合は、2 つの異なる返信定型文を作成します。次に、[メールを作成] フォームで [返信定型文] プルダウンを使用して、適切な署名を挿入します。

この記事は役に立ちましたか?