検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

    プリンタ、スキャナ、アプリからメールを送信するための SMTP 設定の使用

    G Suite の SMTP 設定を使用して端末やアプリからのメール送信を設定する。

    組織内で使用しているプリンタ、スキャナ、FAX、アプリケーションから G Suite 経由でメールを送信するように設定できます。組織の要件に応じて次の方法を使用できます。

    • G Suite SMTP リレーサービス - IP アドレスを使用した認証によって組織からメールを送信します。ドメイン内外のすべてのユーザーにメールを送信できます。
    • Gmail SMTP サーバー - ドメイン内外のすべてのユーザーにメールを送信します。この方法を使用するには、Gmail または G Suite のアカウントとパスワードを使用して認証する必要があります。
    • 制限付きの Gmail SMTP サーバー - Gmail または G Suite のユーザーにのみメールを送信します。認証は必要ありません。

    注: Google のサポートチームでは、設定に関するサポートを提供できません。SMTP メッセージを送信するように端末やアプリケーションを設定する方法については、該当するドキュメントをご覧ください。

    ステップ 1: 設定方法を選択する

    次の表は、端末やアプリケーションのサポート対象に基づく設定要件を示しています。端末またはアプリケーションで各設定を行ってください。

    G Suite SMTP リレー
    (推奨)
    Gmail SMTP サーバー 制限付き Gmail SMTP サーバー
    送信に関する制限事項
    登録済み G Suite ユーザーが
    メールをリレーできる受信者の上限数は、
    1 日あたり 10,000 人です。
    SMTP リレーの制限について詳しくは、
    SMTP リレーサービスの
    送信制限
    をご覧ください。
    1 日あたり 2,000 件のメール。
    Gmail の送信に関する制限事項をご覧ください。
    ユーザーあたりの受信制限が適用されます。
    メールの送信先は、
    Gmail または G Suite ユーザーのみ
    に制限されます。
    迷惑メール対策フィルタ

    不審なメールを振り分けます。

    SMTP サービスの完全修飾ドメイン名
    smtp-relay.gmail.com smtp.gmail.com aspmx.l.google.com
    設定要件
    • ポート 25、465、または 587
      を使用可能
    • セキュア ソケット レイヤー
      (SSL)/ Transport Layer Security
      (TLS)プロトコル
    • 1 つ以上の静的 IP アドレス
      が必要
    • ポート 465(SSL が必須)
    • ポート 587(TLS が必須)
    • 動的 IP を許可
    • ポート 25
    • TLS は不要
    • 動的 IP を許可
    • メールの送信先は、Gmail または G Suite ユーザーのみに
      制限されます
    認証要件
    IP アドレスによる認証 認証時に Gmail または G Suite の
    完全なメールアドレスの入力
    が必要
    なし

    ステップ 2: 端末またはアプリケーションからメールを送信する

    Gmail サーバーを使用して端末またはアプリケーションからメールを送信するには、選択した方法の手順に従ってください。

    管理コンソールで G Suite SMTP リレーを設定する(推奨)

    G Suite SMTP リレー(推奨される最も安全な設定方法)を使用するには:

    1. ネットワークの IP 範囲を SMTP リレーサービスに追加します。
    2. ポート 25、465、または 587 で smtp-relay.gmail.com に接続するように端末を設定します。
    3. この設定の使用について詳しくは、SMTP リレーサービスの設定をご覧ください。

    Gmail SMTP サーバーを使用する

    接続に SSL または TLS を使用している場合は、smtp.gmail.com ですべてのユーザーにメールを送信できます。

    1. SSL を使用している場合は、ポート 465 で smtp.gmail.com に接続します(TLS の場合はポート 587 で接続します)。
    2. 認証用に Google のユーザー名とパスワードを使用してログインし、SSL または TLS で接続します。
    3. 初回ログイン時に表示されるキャプチャ画像の文字入力で確認済みのユーザー名を使用してください。
    4. アカウントで安全なパスワードが使用されていることを確認します。

    制限付き Gmail SMTP サーバーを使用する

    端末またはアプリケーションが SSL に対応していない場合は、Gmail または G Suite ユーザーにのみメールを送信できます。

    制限付き SMTP サーバー(aspmx.l.google.com)を使用します。

    1. ポート 25 で aspmx.l.google.com に接続します。
    2. 端末またはアプリケーションの IP アドレスを使用してドメインの SPF レコードを設定し、送信されたメールが受信者に拒否されないようにします。
    3. Google 管理コンソールで、この IP アドレスを [メールのホワイトリスト] ボックスに追加します。

      たとえば、送信端末が 123.45.67.89 からメールを送信する場合は、このアドレスを SPF レコードに追加します(v=spf1 ip4:123.45.67.89 include:_spf.google.com ~all)。その際は、G Suite のメールサーバーを SPF レコードから削除しないでください。
    SPF レコードをテストするには、ドメイン ネーム サービス(DNS)ルックアップ ツールを使用します。

     

    この記事は役に立ちましたか?
    改善できる点がありましたらお聞かせください。
    アカウントにログインする

    ご利用の G Suite アカウントのメールアドレスでログインいただくと、アカウント専用のヘルプをご覧いただくことができ、G Suite を使い始める方法について知ることができます。