通知

Duet AI は Gemini for Google Workspace になりました。詳細

プリンタ、スキャナ、アプリからのメール送信

Google Workspace 経由でメールを送信するようにデバイスやアプリを設定する

この記事の対象者

この記事は、組織またはドメイン内のデバイスもしくはアプリからメールを送信する Google Workspace 管理者を対象としています。Gmail ユーザーの方で、デバイスまたはアプリからメールを送信する場合は、組織の管理者にお問い合わせください。

管理者は、メールを Google Workspace 経由で送信するようにデバイスまたはアプリを設定できます。キヤノン、エプソン、HP、リコー、Xerox などの一般的なプリンタやスキャナからメールを送信するように Gmail を設定できます。

プリンタ、スキャナ、アプリでメールを設定する際、お使いのデバイスやアプリのサポートに応じて以下の 3 つの方法があります。

  • オプション 1: SMTP リレーでメールを送信する(推奨)
  • オプション 2: Gmail SMTP サーバーでメールを送信する
  • オプション 3: 制限付き Gmail SMTP サーバーを使用してメールを送信する

始める前に

  • Google では、サードパーティ製のデバイスやアプリに関するトラブルシューティングをサポートしていません。デバイスまたはアプリでのメール送信の設定については、サポート情報をご確認いただくか、デバイスまたはアプリのベンダーにお問い合わせください。
  • OAuth をサポートしていない古いスキャナやプリンタでは、アプリとデバイスがユーザー名またはパスワードを使用せずに Google アカウントのデータを共有できることがあります。これらのデバイスはメールの送信に対応していない場合があります。

オプション 1: SMTP リレーでメールを送信する(推奨)

デバイスやアプリからのメールの送信には、SMTP リレーサービスを使用することをおすすめします。SMTP リレーサービスは IP アドレスを使用してメールを認証します。これにより、デバイスとアプリは組織内外のすべてのユーザーに対してメッセージを送信することが可能となります。これが最も安全な方法です。

留意事項

SMTP リレーサービスを使用する場合:

  • 組織内の各ユーザーは、1 日あたり最大 10,000 件の宛先にリレーできます。詳細については、SMTP リレーサービスの送信制限をご覧ください。
  • 不審なメールを除外したり、拒否したりできます。
  • SMTP サービスの完全修飾ドメイン名は smtp-relay.gmail.com です。
  • 以下の構成オプションがあります。

設定の手順

  1. Google 経由での SMTP リレーメッセージの送信の手順に従って、Google Workspace で SMTP リレーを設定します。
  2. 25、465、587 のいずれかのポートによる SMTP サービス smtp-relay.gmail.com への接続をデバイスとアプリで設定します。

オプション 2: Gmail SMTP サーバーでメールを送信する

SSL または TLS を使用して接続している場合は、smtp.gmail.com を SMTP サーバーとして使用することで、組織内外の誰にでもメールを送信できます。この方法では、設定時に Gmail または Google Workspace アカウントとパスワードで認証する必要があります。メールを送信しようとするたびに、デバイスがこれらの認証情報を使用します。

留意事項

Gmail SMTP サーバーを使用する場合:

  • 1 日あたり 2,000 件の送信制限があります。詳しくは、メールの送信制限をご覧ください。
  • 迷惑メールフィルタによって不審なメールとして拒否または除外されることがあります。
  • SMTP サービスの完全修飾ドメイン名は smtp.gmail.com です。
  • 以下の構成オプションがあります。

設定の手順

  1. デバイスまたはアプリで、サーバー アドレスとして「 smtp.gmail.com」と入力します。
  2. [ポート] には、次のいずれかの数字を入力します。
    • [SSL] に「465」と入力します。
    • [TLS] に「587」と入力します。
  3. 認証を行うために、Google Workspace の完全なメールアドレス(例: your.name@solarmora.com)とパスワードを入力します。デバイスまたはアプリでアカウントにログインしてから利用してください。

オプション 3: 制限付き Gmail SMTP サーバーを使用してメールを送信する

このオプションにより、組織の Gmail または Google Workspace のユーザーにのみメールを送信できるようになります。このオプションでは認証は必要ありません。

デバイスまたはアプリが SSL に対応していない場合は、制限付き SMTP サーバー(aspmx.l.google.com)を使用する必要があります。

留意事項

制限付き Gmail SMTP サーバーを使用する場合:

  • デバイスまたはアプリの IP アドレスを確認します。
  • Google Workspace のユーザーあたりの送信制限が適用されます。
  • 迷惑メールフィルタによって不審なメールとして拒否または除外されることがあります。
  • SMTP サービスの完全修飾ドメイン名は aspmx.l.google.com です。
  • TLS と認証は必要ありません。
  • 以下の構成オプションがあります。
    • ポート 25
    • 動的 IP アドレス

設定の手順

  1. デバイスまたはアプリで制限付き Gmail SMTP サーバーに接続します。
    1. サーバー アドレスとして「aspmx.l.google.com」と入力します。
    2. [ポート] に「25」と入力します。
  2. Google 管理コンソールで、Gmail で IP アドレスを許可リストに追加するの手順に沿って、デバイスまたはアプリの IP アドレスを許可リストに追加します。
  3. ドメインに SPF を設定します。ドメインからメールを送信するデバイスまたはアプリの IP アドレスまたはドメインが SPF レコードに含まれていることを確認してください。含まれていれば、デバイスからのメールが拒否されることはありません。SPF レコードでは、ドメインのすべての送信元を参照する必要があります。詳しくは、SPF レコード: Google Workspace とその他の送信元をご覧ください。


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
12007188847430112836
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
73010