プリンタ、スキャナ、アプリからのメール送信

Google Workspace 経由でメールを送信するようにデバイスやアプリを設定する

この記事は管理者向けです。Gmail アカウントを使用してデバイスまたはアプリからメールを送信したい場合は、管理者にお問い合わせください。

管理者は、メールを Google Workspace 経由で送信するようにデバイスまたはアプリを設定できます。たとえば、キヤノン、エプソン、HP、リコー、Xerox などの一般的なプリンタやスキャナからメールを送信するように、Gmail アカウントを設定します。

注: サポートプランには、サードパーティ製品のサポートが含まれていない場合があります。その場合は、サードパーティ製メールデバイスまたはアプリのサポートにお問い合わせください。

SMTP リレーサービスを使用する(推奨)

デバイスからのメール送信には、IP アドレスで認証される、Google Workspace の SMTP リレーサービスを使用することをおすすめします。SMTP リレーサービスを使用すると、デバイスまたはアプリで組織の内外にメールを送信できます。これが最も安全な方法です。

従来の無償版 G Suite をご利用の場合は、Google Workspace にアップグレードするとこの機能をご利用いただけるようになります。

要件

送信制限

ユーザーがメールをリレーできる受信者数の上限は、1 日あたり 10,000 人です。

詳しくは、SMTP リレーサービスの送信制限をご覧ください。
迷惑メール対策フィルタ 不審なメールを除外したり、拒否したりできます。
SMTP サービスの完全修飾ドメイン名 smtp-relay.gmail.com
設定オプション
  • ポート 25、465、または 587

  • セキュア ソケット レイヤ(SSL)/ トランスポート レイヤ セキュリティ(TLS)プロトコル

  • 動的 IP を許可。ただし、認証要件によっては静的 IP が必要な場合がある

詳しくは、SSL 接続の概要をご覧ください。
認証要件

静的 IP アドレスまたは有効なユーザーのログイン

SMTP リレーサービスを設定する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [Gmail] 次に [ルーティング] にアクセスします。

    注: この設定は [アプリ]次に Google Workspace次にGmail次に[詳細設定] でも確認できます。

  3. [SMTP リレーサービス] の横にある [設定] をクリックします。
  4. SMTP リレー: Gmail 以外の送信メールを Google 経由にするの手順に沿って、SMTP リレーサービスを設定します。

ポート 25、465、587 のいずれかで smtp-relay.gmail.com に接続するようにデバイスまたはアプリを設定します。

その他の設定オプション

デバイスまたはアプリによっては、以下の設定オプションのいずれかを使用して、プリンタ、スキャナ、またはアプリからメールを送信できます。

Gmail SMTP サーバーを使用する

SSL または TLS を使用して接続している場合は、smtp.gmail.com をサーバーとして使用することで、組織内外の誰にでもメールを送信できます。

この方法では、Gmail または Google Workspace のアカウントとパスワードを使用して認証する必要があります。

プリンタやスキャナで 2 段階認証プロセスを使用できない場合

古いスキャナやプリンタでは 2 段階認証プロセスのコードを使用できない場合があります。この場合は、デバイスを設定する前に次の手順を行います。

  1. 管理コンソールで、安全性の低いアプリを有効にします
  2. ユーザーに、自身のアカウントで安全性の低いアプリを有効にするよう指示します。
  3. ユーザーに、メールを送信するデバイスまたはアプリで、アプリ パスワードを作成して使用するよう指示します。

要件

送信制限

1 日あたり 2,000 通のメール。

詳しくは、G Suite における Gmail の送信制限をご覧ください。
迷惑メール対策フィルタ 不審なメールを除外したり、拒否したりできます。
SMTP サービスの完全修飾ドメイン名 smtp.gmail.com
設定オプション
  • ポート 465(SSL が必須)

  • ポート 587(TLS が必須)

  • 動的 IP を許可

詳しくは、SSL 接続の概要をご覧ください。
認証要件

認証には完全な Gmail または Google Workspace のメールアドレス([ユーザー名]@solarmora.com)が必要です。

Gmail SMTP サーバーを使用するようアプリやデバイスを設定する

  1. デバイスまたはアプリで、サーバー アドレスとして「smtp.gmail.com」と入力します。
  2. [ポート] に次のいずれかの数字を入力します。
    • SSL を使用する場合は「465」と入力します。
    • TLS を使用する場合は「587」と入力します。
  3. 認証のために、Google Workspace または Gmail の完全なアドレス(例: [ユーザー名]@solarmora.com)とパスワードを入力します。デバイスまたはアプリでアカウントにログインしてから利用してください。

制限付き Gmail SMTP サーバーを使用する

この方法では、Gmail または Google Workspace のユーザーに対してのみメールを送信できます。認証は不要で、組織外のユーザーにはメールを送信できません。

デバイスまたはアプリが SSL に対応していない場合は、制限付き SMTP サーバー(aspmx.l.google.com)を使用する必要があります。

要件

送信制限 ユーザーあたりの送信制限があります。メールの送信先は、Gmail または Google Workspace のユーザーのみに制限されます。
迷惑メール対策フィルタ 不審なメールを除外したり、拒否したりできます。
SMTP サービスの完全修飾ドメイン名 aspmx.l.google.com
設定オプション
  • ポート 25

  • TLS は不要

  • 動的 IP を許可

  • 送信先は Gmail または Google Workspace のユーザーのみ

認証要件 なし

制限付き Gmail SMTP サーバーを使用するようアプリやデバイスを設定する

  1. デバイスまたはアプリで、制限付き SMTP サーバーに接続します。
    • サーバー アドレスに「aspmx.l.google.com」と入力します。
    • [ポート] に「25」と入力します。
  2. デバイスまたはアプリの IP アドレスを調べます。
  3. 管理コンソールで、デバイスまたはアプリの IP アドレスを許可リストに追加します。詳しい手順については、Gmail で IP アドレスを許可リストに登録するをご覧ください。
  4. ドメインの SPF TXT レコードを設定します。受信サーバーでメールが拒否されないように、TXT レコードにはデバイスまたはアプリの IP アドレスを必ず含めます。SPF の TXT レコードを設定する詳細な手順については、確実なメール配信となりすまし防止(SPF)をご覧ください。
たとえば、デバイスが IP アドレス 123.45.67.89 から送信している場合は、このアドレスを SPF の TXT レコードに追加します。次のように、TXT レコード内の Google Workspace のメールサーバーは削除しないでください。
v=spf1 ip4:123.45.67.89 include:_spf.google.com ~all


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。