スタートガイド: ドライブの設定に関する管理者向けガイド

ドキュメント、スプレッドシート、スライドへのオフライン アクセスを管理する

G Suite 管理者は、組織のユーザーがインターネットに接続していない状態で Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドにアクセスできるかどうかを指定できます。デフォルトではオフライン アクセスが組織に対して有効になっており、ユーザーは必要に応じて自分のアカウントでオフライン アクセスをオンやオフにできます。

この記事は管理者専用です。自分のファイルにオフラインでアクセスする方法については、オフライン時に Google ファイルで作業するをご覧ください。

オプション 1: ポリシーを使用してパソコンからのオフライン アクセスを管理する

G Suite 管理者は、Windows®、Mac®、Linux® オペレーティング システムを稼働するパソコンでのドキュメント、スプレッドシート、スライドへのオフライン アクセスをポリシーで管理できます。このオプションを選択する場合は、管理者が管理対象ポリシーを各パソコンにプッシュ送信する必要があります。ポリシーを設定する前にこのオプションを選択すると、ユーザーがそれまでできていたオフライン アクセスができなくなります。

このオプションを選択すると、管理対象ポリシーがインストールされているパソコンに限り、オフライン アクセスを有効にできます。パソコンの種類ごとの手順については、下記をご覧ください。

注: Chrome OS 端末やモバイル端末(スマートフォン、タブレット)ではこのオプションをご利用いただけません。

手順 1: 各管理対象パソコンにポリシーをインストールする

管理対象パソコンでオフライン時にドライブのファイルを保存し、ファイルにアクセスできるようにするには:

  • 設定ファイルをパソコンにダウンロードします。
  • Windows®、Mac®、Linux® のオペレーティング システムを稼働するパソコンにファイルを配布します。

パソコンの種類ごとの手順については、下記をご覧ください。

注: [オフラインでの使用をユーザーに許可する] をオンにしている場合、この手順を実施する必要はありません。

Windows 端末(Microsoft のグループ ポリシー経由)
  1. 次の Windows グループ ポリシー テンプレート ファイルをダウンロードして解凍します。
    1. Windows ADMX

    2. Windows ADML

  2. グループ ポリシー エディタを使用して ADMX ファイルを開き、オフライン アクセスを有効にします。
    • [Google ドキュメント オフライン サポートが許可されたドメイン] をオンにする - 指定したドメインのユーザーはオフライン ドキュメントを有効にできますが、オフライン編集はデフォルトで無効になっています。
    • (省略可)[Google ドキュメント オフライン サポートが自動的に有効なドメイン] をオンにする - このポリシーが適用されるすべてのユーザーは、オフライン ドキュメントへのアクセスが自動的に有効になります。ユーザーがオフライン アクセスを手動で有効にする必要がある場合は、オフのままにします。
  3. オプションの値に目的のドメインを指定して更新します。複数のドメインを指定する場合はカンマで区切ります(例: domain1.com, domain2.com)。

注: 「解析中にエラーが発生しました」というエラーが表示された場合は、Windows でファイル名を解析できないため、名前を変更する必要があります。このような場合は、ファイル名からアンダースコアを削除してみてください(GoogleDocs_WinADMX から GoogleDocsOffline に変更するなど)。

関連情報

Mac OS 端末
  1. ポリシーをダウンロードして編集します。
    1. macOS plist file をダウンロードします。
    2. テキスト エディタでファイルを開きます。
    3. ファイルを編集して、オフライン アクセスを有効にします。
      • (必須)端末からのオフライン アクセスを有効にするには、1 つ目の「YOUR_DOMAIN_HERE.com」を実際のドメインに変更します。
      • (省略可)このポリシーが適用されているすべてのユーザーについて、オフライン ドキュメントへのアクセスを自動的に有効にするには、2 つ目の「YOUR_DOMAIN_HERE.com」を実際のドメインに変更します。ユーザーがオフライン アクセスを手動で有効にする必要がある場合は変更しないでください。

        Offline access policy for MacOS
         
    4. エディタに自動保存機能がない場合は手動でファイルを保存します。
  2. 必要に応じて /Computers/local_computer ノードを作成します。手順については、ポリシーによるアプリと拡張機能の設定についてのページをご覧ください。
  3. 次のコマンドを実行して、更新された plist ファイルを読み込むか、エンタープライズ Mac 管理システムの手順に沿って操作します。
     

    $ dscl -u [管理者のユーザー名] /Local/Default -mcximport /Computers/local_computer GoogleDocs_MacConfig.plist

  4. 次のコマンドを実行して変更をすぐに反映します。
     

    $ sudo mcxrefresh -n [ユーザー名]

ヒント: 詳しくは、ポリシーによるアプリと拡張機能の設定についてのページをご覧ください。

Linux 端末

  1. ポリシーをダウンロードして編集します。
    1. Linux configuration file をダウンロードします。
    2. テキスト エディタで設定ファイルを開きます。
    3. ファイルを編集して、オフライン アクセスを有効にします。
      • (必須)端末からのオフライン アクセスを有効にするには、1 つ目の「YOUR_DOMAIN_HERE.com」を実際のドメインに変更します。
      • (省略可)このポリシーが適用されているすべてのユーザーについて、オフライン ドキュメントへのアクセスを自動的に有効にするには、2 つ目の「YOUR_DOMAIN_HERE.com」を実際のドメインに変更します。ユーザーがオフライン アクセスを手動で有効にする必要がある場合は変更しないでください。

        Offline policy for Linux
         
    4. エディタに自動保存機能がない場合は手動でファイルを保存します。
  2. 設定ファイルを /etc/opt/chrome/policies/managed/ に配置します。

手順 2: 管理対象パソコンに対してオフライン アクセスを有効にする

各管理対象パソコンでポリシーのインストールと設定が完了したら、オフライン アクセスを有効にします。ポリシーが適用されていないパソコンでは、オフライン アクセスは無効になります。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [ドライブとドキュメント] にアクセスします。
  3. [設備や機能とアプリケーション] をクリックします。
  4. (管理対象パソコンのみ)各パソコンに管理対象のデバイス ポリシーをインストールします。
  5. [オフライン] の横の [端末ポリシーを使用してオフライン アクセスを管理する] をオンにします。
    ポリシーが設定された管理対象パソコンで、最近使用されたファイルが同期して保存されます。
  6. ファイルを同期してオフラインで使用する方法をユーザーに伝えます。

オプション 2: オフライン アクセスをユーザーに許可する(推奨)

オフライン アクセスを許可するには、すべてのユーザーに対してオフライン アクセスを有効にするのが最も簡単な方法です。
Google 管理コンソールログインします。

管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  1. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [ドライブとドキュメント] にアクセスします。
  2. [設備や機能とアプリケーション] をクリックします。
  3. [オフライン] の横の [オフラインでの使用をユーザーに許可する(推奨)] をオンにします。
    最近使用されたファイルが、ユーザーのパソコンやユーザーが信頼するパソコンと同期して保存されます。
  4. ファイルを同期してオフラインで使用する方法をユーザーに伝えます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。